カンボジア(Cambodia)

401【カンボジア紀行】こんなところにモンキーテンプル。ほとんど人のいない穴場寺院『ワット・プラチャム・サコ』

プノンペン中心地から、日本カンボジア友好橋(チョロイチャンバー橋)を渡った先にある、不思議な寺院『ワット・プラチャム・サコ』についての記事です。ワット・サンポー・トレイリークの近くにあるため、『モンキーテンプル?? ゴールデンテンプル??』と、セットで誘われることになるでしょう。
ランキング/ピックアップ(Ranking/Pickup)

400 第八回『わきみち ぶるじゃらん』アクセス数調査(326~375)

いつものアクセス数記事だと、海外の場所や有名な観光地、日本の城の記事などが入るのですが、これまでのアクセス数調査の中で最も統一性のない5つの記事になったのではないかと思います。こういった雑記的な記事も今後は増えてくると思いますので、引き続き宜しくお願い致します。
百名城/続・百名城(Castle)

399【岐阜紀行】関ケ原の戦いで西軍の石田三成の本拠地となった城『大垣城』

岐阜県にある大垣城は関ヶ原から東に15kmほどいったところにある城です。そのため、石田三成率いる西軍はこの大垣城に入り、ここを中心にして東軍と西軍との大きな戦いが繰り広げられると考えられていたのだそうです。
インドネシア(Indonesia)

398【インドネシア紀行】インドネシアに来ても安心。ここでも手に入る安心の製品をピックアップしてみました。

海外に出ていくと、やはりあたり前ではない景色が広がります。日本とは異なる風景、町並み、人々。そんな中で今回は、海外で見かけるいろいろな製品にフォーカスして書いてみました。その中でも、インドネシアで安心して手に入る安心の製品の数々を今回はピックアップしています。
妄想紀行(Delusion)

397【妄想紀行】日本百名城の栄えあるNo.1の城跡。しかし、ここへ訪れるのは非常にハードルが高く…『根室半島チャシ跡群』

日本百名城ですが、その城ナンバーの01にある城をご存知でしょうか?北から順番に番号を振られているため、ナンバー01の城は北海道にあります。その名を、『根室半島チャシ跡群』と言います。
百名城/続・百名城(Castle)

396【城あれこれ】このときに、数々の天守が取り壊しにならなければ…。明治時代の廃城令とはなんだったのだろうか!?

日本の多くの城たちは、その生き残りをかけて幾度かのピンチを乗り越えてきています。そんな中で、今回は、江戸時代から明治時代に変わり、明治政府による国家の運営が始まった際に日本国内の多くの城を襲った廃城令について書いていきたいと思います。
世界の世界遺産(World Heritage)

395【スリランカ紀行】悟りを開いた仏陀の穏やかな表情が特徴的な『サマーディ仏像』

スリランカのアヌラーダプラにあるサマーディ仏像は、木々に囲まれた中に、ぽつんと風化を防ぐ屋根とともに祀られています。今でこそ屋根とともにあるサマーディ仏像ですが、もともとは仏陀が悟りの境地を開いた場面を表していたとされ、その後長い間発見されずにいた仏像なのです。
世界の世界遺産(World Heritage)

394【スリランカ紀行】ポロンナルワの北端、崩壊が進む寺院の遺構の中には、辛うじて見える壁画が『ティワンカ・ピリマゲ寺院(Thivanka Image House)』

今回はスリランカの世界遺産都市ポロンナルワの中でも、かつての美しい外観が偲ばれ、強く印象に残ったティワンカ・ピリマゲ寺院です。他の遺跡群とは距離を置き、北の端にポツンとたたずむこの寺院は、近年までは保存状態が良くなかったようであり、その風化状態がなぜか強く印象に残りました。
食巡り(Food/Makanan)

393【沖縄紀行】ぜんざい、といわれたらイメージするのはアレですね。でも、これがぜんざい??『沖縄ぜんざい』

沖縄には沖縄ぜんざいという伝統的な食べ物があるのですが、これがほとんどの人がイメージするぜんざいとは全く異なるものなのです。それでは、沖縄にある沖縄ぜんざいとはいったいどのようなものなのでしょうか?
インドネシア(Indonesia)

392【インドネシア紀行】もはや世界はAmazonだけではない。ここまで進んでいるインドネシアでのオンラインショッピング事情。

コロナ禍による自粛生活が長引くことで、一気に通信販売が一般化したかのように思います。それは日本だけに限った話ではなく、インドネシアでも同様の傾向が顕著になってきているのです。そんなに早く届くの?とも思いますが、私たちの想像を超えたほど発展を見せてきているのです。