ランキング/ピックアップ(Ranking/Pickup)

1000 第20回『わきみち ぶるじゃらん』アクセス数調査(926~975)

とうとう1000回更新。ということで、今回も50回ごとに行っているアクセス数調査です。初期の頃から比べると、様々な角度から旅を考える記事を増やしていったというような感じもあります。いろいろなところに旅の入り口はあるわけです。
創作カレー巡り(Curry)

999【大阪紀行】もともとは間借りカレーの有名店『カレーのぼんチョビ』

回紹介しているのは、元々はそんな間借りカレー店として出発したお店ではありましたが、そこから独立して大阪船場に進出したスパイスカレーのお店『カレーのぼんチョビ』なのです。元々は営業時間が限られていたものの、移転したことによって、いつでも楽しむことができるようになったこのスパイスカレー店。
雑記

998【雑記】国と国とがこれほど近いということは、言葉にも何らかの共通点はあるのか!?『スペイン語とポルトガル語』

ヨーロッパの西の端、イベリア半島。ここには2つの大国があります。それがスペインとポルトガルですね。首都間だけで見ると約400kmほどしか離れていないこの2か国。しかし、これだけの距離でしかないにも関わらず、この2つの国の言語は異なります。それがスペイン語とポルトガル語ですよね。
北海道(Hokkaido)

997【北海道紀行】根室にある回転寿司店。しかし、根室の回転寿司は、ただの回転ずしではないのです『祭囃子(まつりばやし)』

なーんだ、回転ずしか・・・、と思うかもしれませんが、根室の回転ずしを侮ってはいけません。その回転寿司店は、祭囃子(まつりばやし)と言います。この回転寿司店。根室にある回転寿司店だけあって、大手チェーン店の回転寿司店とは一味も二味も違うお店となっているのです。
北海道(Hokkaido)

996【北海道紀行】明治に開業した根室で最初の床屋跡。現在は史跡標柱が残る『二越髪結床跡』

今回紹介している場所は、二越髪結床跡と言います。床屋なんてどこにでもあるのでは・・・と思うかもしれませんが、この床屋は根室で最初にできた床屋であり、北海道の中でも最も古い床屋の一つに数えられているそうなのです。現在は案内の柱が立つだけのこの二越髪結床跡。一体どんな歴史がある場所なのでしょうか。
2023.02.01
人物あれこれ(Person)

995【人物あれこれ】「東の渋沢、西の五代」渋沢栄一と双璧をなした実業家『五代友厚』

渋沢栄一と双璧をなすほどの大実業家が、西日本にいたのです。東の渋沢に対して、西の五代。五代??さて、誰のことでしょうか。その人物こそ、大実業家 五代友厚なのです。 朝ドラの朝が来た!や、晴天を衝けの両作品で、ディーン・フジオカ氏が演じたことでも思い浮かぶ人が多いのではないでしょうか。
近畿地方(Kinki)

994【奈良紀行】紅葉も美しく、一般公募で決まった”まほろば湖”をかかえる『初瀬(はせ)ダム』

今回は奈良県にあるダムの記事です。奈良県桜井市にあるダム、初瀬(はせ)ダムは、最終的に大阪を通り、大阪湾に流れ込む大和川の上流部に建設されたダムとなっています。このダムが設けられたのは、多目的用途のために造られたダムとなっており、建造されてから45年以上人々の生活を支え続けています。
北海道(Hokkaido)

993【北海道紀行】頼んでからしっかり握ってくれるおにぎり屋『おにとこ』

今回紹介しているそんなおにぎり専門店は、北海道の札幌にあります。海産物や畜産物が盛りだくさんな北海道では、何を選んでもハズレのない食べ物だらけです。そんな北海道では農産物も一味違うものが盛りだくさんです。そして、それは米も例外ではないのです。
ニュースあれこれ(News)

992【ニュースあれこれ】自転車だけでも大変なのに、タンデム自転車で世界一周!!?

今回見つけた記事は、そんな世界一周を自転車で成し遂げたという記事でした。しかも、ただの自転車ではありません。なんとその自転車、サドルが2つあるんです。タンデム用自転車なのです。このタンデム自転車で世界一周を成し遂げたとあるカップルの記事について見ていきたいと思います。
北海道(Hokkaido)

991【北海道紀行】昭和の時代、札幌観光の中心の一つとして街を支えてきた『さっぽろテレビ塔』

近年では、マンションやビルなどの高層化も進み、かつてほど目立つ存在ではなくなってきてはいるものの、今でもなお札幌を代表する名所であることは間違いない場所があるのです。一見すると、東京タワーのように見えるかもしれないこのタワーですが、東京タワーに比べると半分以下の高さ。しかし、その役割は東京タワーと同じ電波塔なのです。そのタワーの名前を、『さっぽろテレビ塔』といいます。
2023.01.28