妄想紀行(Delusion)

367【妄想紀行】世界最長の鉄道路線。その実態はどのようなものなのか?”シベ超”をイメージしてしまう『シベリア鉄道』

シベリア鉄道とはご存じでしょうか?広大なロシア連邦を横断する、全長が9297kmもある世界一長い鉄道です。そんな長さの鉄道。それを使って旅してみたくなりませんか?しかし、これほどの長さの路線になりますので、もちろん日数もかかります。
旅のノウハウ(Travel)

366【旅ノウハウ】仏教は仏教でも国や地域が異なるとその様相は全く異なってきます

世界三大宗教の一つ仏教は、アジア地区を中心に信仰の多い宗教です。日本でも大多数が仏教を信仰していることもあり、各地に仏教関連の建造物があったり、仏教由来の言葉も多数あったりと、日本の歴史とも深いつながりがあるわけです。そんな感覚で海外の仏教国に行くと、違和感を感じてしまうのです。
世界の世界遺産(World Heritage)

365【ミャンマー紀行】オールドバガンエリアへはここから。数多くへの遺跡エリアへの入り口『タラバー門』

タラバー門は、バガン一帯の中でもその創建が最も古い遺跡であり、ただの門と侮ることなかれ、長い歴史の雰囲気を存分に醸し出しています。この門を通り抜けることで、『バガンにやってきた!』という気分が盛り上がること間違いなしです。
世界の世界遺産(World Heritage)

364【ペルー紀行】これぞインカ帝国の技術力。その技術によって造られた建造物は今もなお健在『12角の石(Twelve Angled Stone)』

ペルーのクスコの町には、インカ帝国の技術力の高さをまざまざと見せつけてくる、12角の石(Twelve Angled Stone)があります。インカ帝国時代の石積みの基台の中にあるこの石は、角の数を数えると12角あり、そのすべての角と辺が隙間なく周辺の石と組み合わされているのです。
台湾(Taiwan)

363【台湾紀行】圧倒的な規模に驚くとともに、迫力満点の衛兵交代式を見逃すな!『中正記念堂』

台湾の台北に訪れると、いろいろと見どころがあって困ってしまいます。食べ物や買い物、夜になると夜市という楽しみがあります。もちろんそれだけではなく、台湾の歴史的な場所も訪れておきたいですよね。今回紹介している中正記念堂は、そんな台湾の台北観光では代表的な場所です。
百名城/続・百名城(Castle)

362【和歌山紀行】石垣や、熊野川に面した水ノ手に特徴があり、天守再建計画もある『新宮城』

紀伊半島では最長である熊野川の河口付近にとある城跡が残っています。この城跡は、江戸時代にこの新宮の地域を統治していた新宮城の跡地であり、今現在は当時の建物は何も残ってはいませんが、堅牢且つ重厚な石垣が、今現在もしっかりと残っている城跡です。
旅のノウハウ(Travel)

361【旅ノウハウ】旅の行先をどこにしようか…。その答えは日常の些細な気付きの中にある

いざ旅に行けるようになった時に、どこにいこうか…と悩んでしまう。そういったことにならないように、常日頃から行ってみたいところなどを考えたり、見つけたりしておいたりすると、いざ旅にできるときに役立ちますよね。
世界のわきみち(World)

360【旅ノウハウ】暗い歴史の影が漂うものの、植民地時代の様式は街並みに味わいを与える『コロニアル様式』

植民地支配の時代に、ヨーロッパの国々が残していった文化が、現地の文化と結びついて独特の文化が形成されるのです。その地域をかんじさせながらも、どこかヨーロッパを感じさせるような植民地の建築様式をコロニアル様式というのです。
MONOあれこれ(Item)

359【MONOあれこれ】旅先の案内をしっかり読みたい。そして文字おこししたい。そんなときは『一太郎Pad』

写真から文字おこししておきたいなと思うときに役立つのがOCRソフトです。それが何とかスマホでできないものか…。と、色々と探していると、あったんです。『これしかない!!』と思えるほどの良アプリが!!その名も『一太郎Pad』!
タイ(Thai)

358【タイ紀行】バンコク発の象乗り体験ツアーとしては有名すぎるほどのスポット『ワンポー エレファント キャンプ』

色々なところで体験できるゾウ乗りですが、チェンマイやアユタヤといった大観光地ではもちろん体験することができます。それ以外にも、日本人に大人気な、タイ西部の泰緬鉄道観光で人気の観光地であるカンチャナブリでもゾウ体験できる場所が数多くあるのです。