012 【沖縄紀行】基地と音楽の街コザを散策する

九州・沖縄地方(Kyusyu/Okinawa)
この記事は約3分で読めます。

コザのゲストハウス『ごーやー荘』の記事です。

152【沖縄紀行】沖縄の古民家ゲストハウス 自分の家以上にくつろげる『ごーやー荘』
沖縄のコザにあるごーやー荘は、沖縄の伝統的な築50年になる沖縄独特の瓦屋根の古民家をリノベーションした古民家ゲストハウスです。何度泊っても、田舎の祖父母の家に泊まってゴロゴロしているような感覚を味わうことができる素敵なゲストハウスですよ。

少し気になるタイトルからスタート

沖縄と言えば、

ビーチ!

と、誰もが思うと思うなよ!!!






実際自分はビーチがとても苦手…


人が多い

靴に砂が入る

海水が気持ち悪い(川はOK。Welcome!)

暑い


というように。

まあ、あんまりまわりで「ビーチ嫌い」って人を見かけたことがないんだが、

世の中には一定数はいてるんではないだろうか。


まあそんなわけで、今回は沖縄

沖縄自体は好き。

数十年前、自転車で一周したこともあるし。

ビーチ嫌いでも沖縄は見どころはようさんあるんで、今回はそんな中でも、


コザ』を紹介。






コザ?

はい。今はそんな地名はありません。1974年に市合併で沖縄市になったから。

昔あった唯一のカタカナ表記のみの市。

で、この街何があるのかというと、

基地

※写真はなし。基地入り口まで行ったが、撮影は厳禁。

アメリカ軍基地とともに過ごしてきた街。
だから、街のいたるところには、基地と共に歩んできた痕跡がたくさん残されている。

そんな独特な風景を紹介していきたい。

基地へ続く道。

平日だったこともあるかも知らんが、閑散としている。

夜がけっこうメインの通りなんで、シャッター下りてるとこが多い。

歩行者いねー。

途中には、コザの歴史観みたいなのがあって、戦後この街がどのように歴史を積み重ねてきたかが分かる。

アメリカ統治時代の話や、コザ暴動の話やら。

歴史を知ることで沖縄の姿が見えてくる。

ライブハウス?バー?

基地に近づくにつれ、軍人向けのこういう店が増えてくる。

一本裏道に入ると商店街。

有名らしい看板猫。

ジュークボックス

おおおぉっ

商店街を抜け

ここ写真スポットで有名なんやってさ。インスタ?

スタート地点に戻ってきた。

ここがミュージックタウン。

沖縄の伝統的な音楽もそうやし、基地の街ってことでアメリカンな音楽もあり、音楽で絆を深めていく街のようだ。

コザの伝統、エイサー

エイサーの達人??

某太鼓の達人みたいなの

あとは、天ぷらのおいしいところや、探せばスイーツ系もありそうだった。

さらにコザでお勧めしたい宿や、食堂などなど、まだまだ紹介したいところがあるんで、それはまた別の機会に。

ちなみに、コザに宿泊しているとき市場でいつも買って食べているのがこれ。

ジーマーミ豆腐(ジーマミー豆腐)

風味は違うけどごま豆腐みたいな触感。なかなかクセになる。

ピーナッツが原料の豆腐なんでアレルギーがある人は注意。