030 【旅ノウハウ】お金をかけなくても、最高の旅を(旅行ツアーの選び方編)

旅のノウハウ(Travel)
この記事は約5分で読めます。

してますか??

旅と一言に行っても、
リッチな旅もあれば、プアーな旅もある。


しかし、リッチだから最高の思い出か?
やっぱり、プアーだから貧しい思い出なのか?


といわれると、必ずしもそんなことはない。

たしかに際限なくお金を書ければ最高の思い出は手に入るかもしれない。

しかし、プアーな旅はそれはそれで濃いー思い出がたくさんできる。

  • 限られた予算で何をするか?何ができるか?
  • 明日の自分は何をしているだろうか。
  • 自分の行きたいときに、行きたいところへ。
  • ガイドブックにはない意外なところに迷い込んだり

と、深く記憶に刻まれるたびができるのは、プアーな旅の醍醐味なのではないかなと思うところもあるわけで。
(人による部分もあるが。)


自分はどちらかというと、贅沢なできらびやかな思い出を作るよりも
現地を肌で感じて、現地を味わって、現地で苦労するような
泥臭い旅の方が性に合ってる。



そんな自分がこれまでに通過してきたプアーな旅を行ってきた中で、
最高の思い出を作るノウハウを少しずつ紹介していければと思う。



今回はツアーの選び方編

基本的には極力ツアーは使わないようにしているのだが、どうしてもツアーでなければ行きにくいところや、時間的に個人での開拓が厳しい場合には頼らざるを得ないこともある。

では、どのようなツアー会社を使えばよいのだろうか。

お金はたんまり。時間はなくはないかな、という人

このパターンの方は、国内大手ツアー会社を通して、航空券・ホテル・ツアーがセットになっており、〇泊△日、ギチギチに予定の組み込まれたツアーが一般的ではないかと思う。

もちろん、こういったツアー会社に任せると、安心・安全

そして限られた時間で有名どころはすべて回ってもらえる。
もちろん、お値段はそれなりにかかってしまうわけだが。


しかし、いつどこにいっても同じ自分たちのグループばかりと行動することになる。
地元の空気や人、雰囲気を本当に味わえるのかなあというところもある。

お金は節約したい。スケジュールも限られている、という人

じゃあ他に何があるの?


となるわけだが、最近では小規模なツアー会社を寄せ集めた窓口のようなサイトがそこそこある。

WEBで良好アレンジができるようになってから、このパターンは非常に便利になってきている。

自分がよく使うのはこちら。

だいたいどちらかで希望の物が見つかっています。

このあたりを選ぶと、日本語OKなツアーから、英語のみのツアー。
同じ場所を行くにしても、回るところが少し違ったりするツアーなど、様々なバリエーションのツアーから選択することができる。


少しでも費用を押さえたい。でも、旅日程が限られているのである程度出発前から押さえていきたい、という場合にはこの選択肢もありだと思う。


ただし、自分でツアーを探すことになるので、しっかりと日程計画は自分で立てて、その上でツアーを予定に放り込むというスケジューリング作業は必要となってくる。
これが面倒くさい人は、もう国内大手に頼むしかないわな。





さて、2つの方法を書いてきたわけだが、これらの方法だと、
まだ値は張るところはある。

となってくると、もう一つ方法がある。

限りなく費用は押さえたい。しかし、時間は余裕がある、という人

この方法の場合、確かに費用は大きく抑えられるが、

・最低限の語学(英語or現地語)を話せる・聞ける
・スケジュール的には少し余裕がある
・歩き回ることが苦ではない

といった条件が必要とはなってくる。

その方法とは、

現地調達

である。

どういうことかというと、
大体どこの国にいっても中規模定以上街であれば、街中にたくさんツアーデスクが存在している。これらを巡って、自分の納得のツアーを探すのである。


もちろんながら、この方法の場合、日本を出発する前には、旅行日程が思っていた通りになるかどうかの保証はできない。

希望するツアーが希望する価格で見つからないかもしれないし、思っていた退場に価値のあるツアーに巡り合うかもしれない。

多少は運の要素に左右される。

しかし、大体は希望のツアーはあるものである。

特に、日本で調べられる目的地なのであれば、誰もが行きたくなる有名どころであることがほとんど。そんな有名どころであれば、根気よく探せば大体はどこかのツアーデスクで見つかるだろう。

だからスケジュール的には余裕が必要なのだ。


なお、宿泊しているホテルでツアーを敢行している場合があったりするが、そこは価格の面で現地メリットがあまり得られない場合が多い。費用面で交渉して、納得がいけばそれもありかもしれない。


とまあ、旅の目的や予算でいろいろとツアーを選択する手段は選べるだろうが、最終的には、これらの情報も参考にしていただいて、自分にあったツアーの選び方をしていってもらえればと思う。

ただ、自分として断言しておきたいことは、


お金をふんだんにかけたからといって、必ずしもそれが最高の思い出とは限らないよ

ということは言っておきたいかな。


まあ、ゴージャス体験を求めたい人には参考にならないかもしれないが、
現地の生活を肌で感じることは、何事にも代えがたい経験となることもお伝えしておきたい。

<おまけ>長距離の移動手段こそ現地調達で

今回紹介したような街中のツアーデスクに行くと、大体は長距離移動手段のバスやバン、鉄道や飛行機などのチケットも取り扱っています。

特に数百キロ単位の移動や、深夜バスなど、事前に日本から手配してから旅行に行くこともいいですが、現地で手配したほうが圧倒的にお得だし、信じられない値段で信じられないグレードのバスが取れたりもするので、移動手段に関しての現地調達は、いろいろな人におすすめができます。