036 【生活改善】『続ける』ための3つのポイント

雑記
この記事は約4分で読めます。

本日は継続することの難しさと大切さについてつらつらと書こうと思います。

先に書いてしまいますが、物事を継続するために大切な3箇条です。本日はこれに沿って書いていこうかと思います。

①毎日すること
②次の目標を宣言すること
③ハードルは適度な高さに



と、いうわけで

『わきみち ぶるじゃらん』
1ヶ月連続更新達成しました。

いかんせん継続するということが苦手なわたしたちが、なんとか1ヶ月乗り切ることができました。当初の1つ目の目標達成です。

次は3ヶ月連続更新を目標としています。引き続きご愛読よろしくお願いします。
こうやって目標を言葉にするって大切です。

本日の題にもなっている『続けること』ですが、言うのは簡単だけど、実行するのがホントに難しい

継続すると何事も効果を発することは実のところ、実証済みです。

3日坊主な私たちが唯一続いている事、

英会話
これに関しては確実に継続の力を実感しています。

あとは、以前奇跡的に半年ほど継続できた、

ジム通い
こちらに関してもホントに毎日続けることで確実にウェイトダウンするなど、
毎日続けることは確実に結果を出すんだなということを実感していました。

しかし、何かを習慣化するときに

「2日に1回するぞ!」

とか

「1週間に1回するぞ!」

とか、決めたりすることもありますけど、結局いろいろ試してみて思うことは、

毎日継続する以外続かない

ということです。(※個人差ありです!あくまで私見が大部分です!!)

なんだかんだ〇日、〇週に1回とかいうのは、どこかで甘えがでてきて結局続かなくなります。
だからまず大切なのは、毎日するということ。することの内容に関しては、多い少ないはあってもいいと思います。人間毎日コンディションが同じわけではないですし、気持ちにムラがあるのも誰しも起こりうることです。


次にハードルになってくるのが、習慣化させることです。

そこでしんどいのが3日坊主とはよく言ったもので、3日目とか1週間とか1ヶ月とか3か月とかいう区切り期間まで継続し続けること。
そのためには、次の目標を宣言することです。


もちろんですが、とてつもなく途方もないような目標を宣言するのではありません。
あくまでスモールステップだけど、しっかりと宣言して、自分以外の目に触れるようにします。あえて自らを背水の陣に追い込むのですね。だから、わたしたちも今日のblogの中で次のステップを宣言したのです。

一旦習慣化してしまって、やらなければ気持ちが悪いというレベルまでくればもう習慣化はばっちりだと思うのですが、ここまでくるまでが大変。
そこは、強い精神力が必要です。

しかし、超えるべきハードルが高すぎると、継続・習慣化は難しいです。毎日それをすることが億劫になってしまっては意味がないですからね。

そのためにおすすめなことは、
ハードルを適度な高さにすること、です。
ある程度楽に超えられるハードルだけど、少しだけ負荷は与えてみる、というような絶妙なハードルの高さ。

自分たちの場合を例として考えてみます。

継続する内容にもよりますが、私たちが一番億劫に感じることは、

時間がかかること

です。
だからそこのハードルを下げてあげるために、極力短時間でできることを習慣化させるようにしています。そうすることで、毎日のルーティンが至極短時間で終わるので、気持ち的にストレスになったりもしません。


本日はこのように、継続させることについてつらつらとと書いてきました。そのために大切な3箇条については最初にも書いた通り、

①毎日すること
②次の目標を宣言すること
③ハードルは適度な高さに

という3点です。これまで幾度も習慣化させようとして断念してきたわたしたちの過去の失敗・成功体験から導き出して、因数分解した結果です。


この点では当blogは、1つの山場は超えれたんじゃないかなと思います。
(こうやってあえて自分たちを追い込んでいますw。)

今後は、継続できる山場を越えたので、
・文章量を多くしていったり
・写真の使い方を工夫してみたり
・紹介するテーマについていろいろ試してみたり
・何か企画してみたり

と、試行錯誤しつつも、blogテーマ『わきみち』に沿った情報配信ができていければと思います。

まだまだペーペーのブロガーです。
せっかく面白いプラットフォームを始めたので、ここで工夫できること、やれることをどんどん試していきたいなと思います。

というわけで、地味に毎日2000文字以上更新を目標にもしています。
今日も無事に2000文字超えることができました!だんだん、2000文字書くことも習慣化できてきているかなーと、うっすら実感がわいてきています。

長々と、乱文乱筆失礼いたしました。

なお、当blogですが、拙いながらもWordpressにて製作しております。

現在利用しているこのコンビで、運用コストも低く、快適に日々のblog更新をすることができています。