039 【インドネシア紀行】インドネシアの日常風景 雨が降るとバンジール

インドネシア(Indonesia)
この記事は約4分で読めます。

インドネシア語のblog書いていたり、blogの題にインドネシア語を使っておきながら、インドネシア紀行についてはこれまで書いてきてませんでした。

けっしてネタがなかったのではなく、逆なのです。
ネタがありすぎてどこから考えていけばいいのか!!
という状態だったのです。

というわけで、書くネタを練りに練って、いよいよ本日初めて書いてみようと思います。

【今回のわきみち】
  • インドネシアの雨期の時期には当たり前になる街の光景。

みなさんインドネシアというとどういうイメージですか?

・東南アジア

・暑い

・リゾート

といろいろ出てくるでしょうか、意外に近くて遠いインドネシア。けっこう親日ですが、あまり日本人も知らないことがたくさんあったりします。世界で一番多くのイスラム教徒をもつ国、ということも意外に驚かれたりします。

紹介しても紹介しても、次から次へと驚きはあるのではないかなー、と思ったりしています。だからこそネタのストックがたくさんあるのです。

では、今回は何を紹介するのか??

悩みに悩んだ結果

インドネシアで調べてみると、国内にある様々な名所、遺跡だったらボロブドゥールだったりプランバナンだったり、リゾートだったらバリ島とか。食べ物だったらナシゴレンとか、街だったらジャカルタとかかな。

まあ、もちろんこれらのことを紹介することもできるのですが、やはりここは『わきみち ぶるじゃらん』。正攻法で行くのはやめておこうと思います。

というわけで、前置きが長くなりましたが、今回紹介するのは



バンジール
です。



どこ?

と、なったかもしれませんが


場所ではありません。


おいしいの?

と、なったかもしれませんが

食べ物ではありません。



もちろん人名でも、アクティビティでもありません。



じゃあ、何なの?

バンジール?

実は、バンジールとはこれです。

洪水です。(※この写真はインドネシアではありません。)

なんでまた洪水??
となるかもしれませんが、
インドネシアでは、


けっこう頻繁に洪水が起こります。

「とはいっても、田舎だけでしょ??」

となるかもしれませんが、
普通にジャカルタ、スラバヤなどの大都市でも起きています。

それも頻繁に。

(※この写真もインドネシアではありません。)

「あー、ちょっと激しい雨降ってきたなあ・・・・!!!」
と、思ったらものの数十分で

バンジール!


となります。

バンジールの起こる時期

ただ、年がら年中なるのかというと、そうではありません。

インドネシアでは一年のうち半分が雨期で残りは乾季です。

そんな中で、バンジールになるのはほぼ雨期
インドネシアの雨期は11月くらいから3月末くらいまで。

この間は、ほぼほぼ毎日夕方になれば雨が降り、それが激しければあっという間にバンジールになります。

では実際のインドネシアのバンジールの様子を車中から見た写真です。

こんな様子になります。少しフロントから撮っているので見にくいかな。

横から見てみると

ほんのちょっと激しい雨が降っただけでこの状態。
車に乗っているだけでも水のを感じます。

だから、インドネシアで車を持つ場合は、ある程度車高が高い車を持つ必要があります。マフラーに水入ったら終わりですからね。

だから、インドネシアので道路を見てみると、基本走っている車のほとんどは車高が高い車です。

バンジールの日常風景

上から見てみましょう。

これでけっこう大きなモールの前あたりです。

けっこうこれが雨期のインドネシアの日常風景

「何とかしようと思わんの??」

と思いました。
しかし、こんな状態ですが、数時間すれば、

水は引きます

いや、排水がいいのはよくわかったけど・・・


「そもそも洪水にならんような工夫はせんのか??」
と思いますね。

インドネシア人の気質なのかなあ・・・。
ステレオタイプはいかんけど。

こんな風に頻繁にバンジールになるので、少々のバンジールであれば車高の高い車はそんなに影響はありません。これらの車両のマフラーより上まで水がくることはそこまでないです。

しかし、インドネシア社会はまだまだバイク社会
そこらじゅうに停車中のバイクがあります。

前述のとおり、バンジールになると街中の大半のバイクが

水没します。

いいの??それで。

ただ、そんなことではへこたれないのがインドネシアの方々。

水が引いた後、そこらじゅうで、
バイクのセルフ修理が始まります。

何人かが集まって持ち上げて、マフラーから水を抜いたり

で、なんやかんややっているうちに、


動き出して乗っていってしまいます。


なんなのそのスキル!??

なんか、バンジールひとつとてみても、全てが大らかなインドネシアらしい感じだなあと思った。

でもその前に、バンジールにならない道路づくりはできないのだろうかなあ・・・。

飛行機情報はこちら!

045 【旅ノウハウ】LCCは年中セール!?エアアジアで語るLCC入門
LCCが一般的になってきてからずいぶん旅にかかる費用を安く抑えることができるようになってきました。今回は、最もよく使うエアアジアを取り上げながら、LCCのメリットをお伝えします。

ツアー情報はこちら!

030 【旅ノウハウ】お金をかけなくても、最高の旅を(旅行ツアーの選び方編)
旅というとツアーとなりがちですよね。時間を効率的に使ったり、行きにくいところにつれていってもらったりと、便利なところはあるのですが、同じツアーでも選び方によって、こんなに旅の可能性を膨らませてくれるのです。