046 【マレーシア紀行】2013年に遭遇した、マラッカの火災

世界の世界遺産(World Heritage)
この記事は約5分で読めます。

今回は、マレーシアのお話です。

数日前にやったばかりですが。

043 【マレーシア紀行】ペナンで味わう魅惑のドリアン その味を例えると?
キングオブフルーツ ドリアン。食べてみたことはありますか?どうしてもネガティブな噂もちらほらなこの謎のフルーツ。実はこんな味だったのです。
【今回のわきみち】
  • 旅をしていると、今回のように想定外のことに出くわすこともあります。

首都クアラルンプールの南に、マラッカ海峡で有名なマラッカの街があります。
歴史的な建物がたくさん残っていて、世界遺産にもなっている街です。

過去、ポルトガル→オランダ→イギリス→日本、と数々の国に統治されたこの街は、そういった歴史が、史跡という形でたくさん残されています。

クアラルンプールからバスで2時間で料金500円程度でいくことができます。
頑張れば日帰りでも楽しめる街ですが、夜の風景や、金土日に行われるナイトマーケットなどもあるので、ぜひ1泊するつもりで行ってほしいところだと思います。

そんなわけで、けっこう紹介できるところはたくさんあるのですが、今回はスポット紹介ではなく、自分が遭遇した出来事について書きます。
その出来事とは、2013年にマラッカで遭遇した火事の話です。


様々な国に行くことはありますが、今回紹介するような災害が目の前で起こっていることはそうそうないことなので、かなり記憶に残っている一件です。


幸いこの時は、誰もいないイベントスペース裏から火が出たため負傷した方はいなかった様子でした。
しかし、その燃え方はすさまじいものがあり、その様子はカメラにおさめていました。
なかなかこういった現場に遭遇することもないですし、万が一の場合、火災防止の啓発になるかとも思い、この時のことを振り返ってみました。

マラッカのリバークルーズの記事です。

143【マレーシア紀行】マラッカの一日の締めくくりは『マラッカリバークルーズ』
マレーシアの世界遺産都市『マラッカ』。2008年に『マラッカ海峡の都市群』として世界遺産登録された、歴史ある古都です。そんな、マラッカの街中のマラッカリバーからオシャレな街並みを眺めてみることができる『マラッカリバークルーズ』があります。

マラッカタワーの記事です。

173【マレーシア紀行】マラッカの街の新旧エリアを一望『マラッカタワー』
今回紹介する、世界遺産の町マラッカにある『マラッカタワー』からは、マラッカの町を上から眺めることができます。このタワー、タワーの展望室が回転して、360度全ての方角の町並みを見ることができる、遊園地のアトラクションのような作りになっているのです。

火災現場

現場となったのは、マラッカの中心地付近にあります。
岡の上のセントポール教会や、王宮内を見学できるスルタンパレスのすぐ近くです。

Dataran Pahlawanというショッピングモールに併設されているイベントスペースで、今回の火災が起こりました。

このときの自分たちは、ここからさらに南に向かって行った海寄りにある『Dreamz hotel』という宿に泊まったのですが(このホテルけっこうクセの強いホテルでした。)、

ホテルにチェックインし、市内観光をするために中央に向かっていこうとしたときになんとなく異変に気付き始めました。

経過

煙・・・??

なんだ?焚火でもしているのか?何か現地の祭りとかか?くらいが最初の認識でしたが、そのときに一緒に行っていた友人から、

なんか焦げ臭くない??

との一言が。

たしかに・・・。ほんのり焦げ臭いにおいと、周りに若干白煙が漂っていることに気付きました。

これはもしや・・・!?
私たちは煙の方に向かっていってみることにしました。

いざ、現場へ!

おおぉ!!ほんまに火事や!!!

マラッカついて早々、こんな現場に遭遇するなんて・・・。

消防はまだ到着していない模様で、どんどん燃え広がっていました。
そして、やじ馬もどんどん集まってきます。

しかし、見ている方々、案外余裕で見ています。
まあ、やじ馬が集まるのはどこの国でも一緒ですね。

周りの様子は??

幸いこちらに被害が及ぶような感じではありませんでしたが、かなり白煙に包まれてきて、炎の熱も感じるようになってきていました。
あたり一帯が熱くなってきていました。

モールの目の前にある、元ポルトガルの要塞のあと、ア ファモーサから。
写真ではわかりにくいですが、ここも煙に包まれています。

マラッカは元々要塞が築かれた都市なので、街のいたるところに、そのときの片鱗が見られます。

かなり炎も上がり、黒煙もすごいことになってきました。
まだ消防はきていないようすです。周りに燃え広がらないことを祈るばかり。

消防が到着!!

そうこうしているうちに、消防が到着。
反対側に大通りがあるのですが、そちら側から消防隊が現場に入ることができた模様です。

少し煙たいのがしんどくなってきたので、ア ファモーサの横にある独立宣言記念館に入り見学をしながら待つことにしました。こちらは無料で入れます。

記念館から出てくると、火がおさまってきた様子です。
明らかに黒煙はなくなってきました。

完全に鎮火!あたりを包んでいた煙も少なくなりました。

鎮火!

さすがプロですね。

いい仕事しています。
写真の右の方、何かの骨組みだけになっていますが、かなり大きなエアコンの室外機が並んでいるところのようでした。
完全に骨組みしか残っていませんね。

この一件、被害にあわれた方がこの件ではいなかったのが何よりでした。
ただ、元通りにするのは大変そうだなあとは思いました。

とまあ、2013年に遭遇したなかなかショッキングなできごとの一連の流れでした。

現在は?

なお、その後この場所はどうなったのかですが、2019年に再びこの場所を訪れました。

見ての通り元通りになっています。

おそらくステージ後ろのエリアが火災にあったのですが、きれいに元通りになっていました。モールに引火したり、まわりにあまり飛び火しなかったので、そこまでの被害にはならなかったのだろうと思います。

なお、2019年に訪問した時は、チャイナタウン内のホテルに泊まりました。
2013年に泊まったエリアよりも、チャイナエリア内でホテルを見つけるほうが、夜のナイトマーケット徘徊や朝食探し、観光、などかなり便利になるので、マラッカ訪問の際は、チャイナエリア内でホテルを探してみてください。
プラナカンの伝統家屋を使ったホテルとか、個性的なホテルもたくさんありますよ。

飛行機情報はこちら!

045 【旅ノウハウ】LCCは年中セール!?エアアジアで語るLCC入門
LCCが一般的になってきてからずいぶん旅にかかる費用を安く抑えることができるようになってきました。今回は、最もよく使うエアアジアを取り上げながら、LCCのメリットをお伝えします。

ツアー情報はこちら!

030 【旅ノウハウ】お金をかけなくても、最高の旅を(旅行ツアーの選び方編)
旅というとツアーとなりがちですよね。時間を効率的に使ったり、行きにくいところにつれていってもらったりと、便利なところはあるのですが、同じツアーでも選び方によって、こんなに旅の可能性を膨らませてくれるのです。