048 【ニュースあれこれ】ダライ・ラマ14世 85歳生誕記念に名言アルバムリリース

ニュースあれこれ(News)
この記事は約4分で読めます。

ネット上にはたくさんのニュースであふれています。
みなさんは、どのようなニュースサイトから日々の情報を入手していますか?

【今回のわきみち】
  • かなり気になる、ダライ・ラマ14世のファーストアルバム。

異なる言語のニュースサイト

もちろん自分も日本人なので、日本語のニュースサイトを見ることがほとんどですけど、インターネット上の日本語で読めるサイトの占める割合って、全体の5%ほどだそうです。

残りの95%も情報があるのに、日本語だけ扱っているサイトしか見ていないとすると、それらの情報が受け取ることができないということですね。これって、非常にもったいないことだと思うし、全体のうちの5%の情報って、非常に井の中的な感じがしませんか?

もちろん、インターネット上で最も使われている言語は英語です。
それも50%以上

つまり、日本語に英語をプラスすることでインターネット上全体の55%もの情報をキャッチできるようになるということです。これってすごいことだと思いませんか。

意図的に、簡単な英語ニュースサイトから情報をキャッチしてみる練習をしていってみませんか?

とまあ、ここまでが前置きですが、ネット上でいろいろなニュースサイトを徘徊していると、なかなか興味深い記事が出てきました。

今回のように、当blogのコンセプト『近くも遠くも ”旅”のこだわり てんこもり』に関するような内容を見つけたときは、その記事について書いていく、ということもやってみようかと思います。

それがきっかけとなって『こだわりの旅』に結びつくかもしれませんしね。

ダライ・ラマのファーストアルバム

今回目に留まった記事はこれです。

Dalai Lama announces new album of mantras and teachings
Tibetan spiritual leader Dalai Lama will release his debut album, Inner World, on July 6 to coincide with his 85th birthday.

チベット仏教の最上位に位置する『ダライ・ラマ14世』の記事ですね。現在はインドに亡命していますが。

そこまで詳しくは知らないことなのですが、いろいろな旅の本や、旅先で出会った人と話をしていたりすると、チベットのことが話題になったりすることは稀にあり、現在のチベットのおかれている状況についてはある程度は把握できているつもりです。

そんなチベット仏教の象徴ともいえるような人物が、この度御年85歳を迎える来月の7月6日に、ファーストアルバム『Inner World(インナーワールド)』をリリースするようなのです。

もちろん、ロック?バラード??クラシック???等々ではなく、

ダライ・ラマの唱えるマントラ(サンスクリット語で、言葉を意味し、日本語だと真言と訳されるそうです。お経か?とも思いましたが、そういったものも含めて、功徳がある言葉とかをあらわしているそうです。)詠唱と、ニュージーランドのミュージシャン、ジュネル・クニンが長年にわたって探してきた音楽とを融合させることで、
人々が日々抱えるストレスを和らげていくことを目的に、作られたそうです。

ダライ・ラマといえばチベット仏教の最高位。チベットも日本の仏教も、大乗仏教(北伝仏教)の系譜であり、根っこは同じところを辿って来ていますが、チベットを経由した後、日本に伝わるまでに中国や朝鮮を経てきたりしたことで、同じ大乗仏教系ではあるのですが、なかなかその様式は異なっています。

日本でダライ・ラマと聞いてもあまりピンと来ないかもしれませんが、チベット仏教の世界ではとてつもない存在です。

そんな御方がアルバムを出すので。
それだけで世界的にニュースになるのですから、わたしたちが考えている以上の出来事であろうことはなんとかく想像できるのではないでしょうか。

仏教国以外から見ると

なお、この記事が気になった理由は他にもあります。

なじみのフィリピン人の英会話の先生と話していた時に、

『日本人としてこれってどう思う??』

といわれたのですが、

反応としては、
『別に・・・』

と某女優のような反応しか出てこなかったのです。

たしかに、日本の仏教とチベット仏教ってどう違うのかも特に説明できるわけではないですし、日本の仏教の権威って誰?って言われても特に??ですよね。

日本って仏教国とは言われていますが、なかなかそれを詳しくは、上手に説明できません。儒教的な側面もあるし、神道と結びついたようなところもあし、他の宗教行事とかも問題なく吸収するし。世界的に見て仏教界の中でもけっこう特殊なんだろうなあと思う。

自分たちでも知らないことなので、今回質問してきたフィリピン人のようなクリスチャンとかにとっては、もっとワケが分からないのかもしれませんよね。結局日本人の信仰って何なの??てな感じで。

このうまく言葉にできないけど、生活様式に根深く結びついて、知らず知らずにやっているかもしれないのが独特の信仰なんでしょうけど、自分たちの信じるものをなかなかうまく説明できないもどかしさも感じた会話だったのでした。