070【語学学習】DMM英会話加入で無料のiknow! 英語学習でけでなく、インドネシア語学習も使える!

語学(Language/Bahasa)
この記事は約5分で読めます。

iknow!ってご存じですか?

英語学習をされている方はご存じだと思いますが、200万人もの登録ユーザをかかえる英語学習用のアプリです。

ちなみに、DMM英会話に加入している人は、iknow!を月額無料で利用することができます!

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • 英語だけじゃない。インドネシア語や多言語の学習でも使えるiknow!

です。

過去のインドネシア語学習についての記事は以下をご覧ください。

066【語学学習】インドネシア語入門③(100語で思いは伝えられる)
なかなか見たことがないと難しいように感じるインドネシア語ですが、単語さえ頭に入ると、なんとなく意思疎通はできるようになります。今回は、超初歩の単語を100種類厳選し、最低限伝えたいことを伝えらえれることをめざしてリストアップしてみました。
042 【語学学習】ゆるーいインドネシア語入門②(インドネシア語は習得しやすい!?)
ゆるーいインドネシア語講座第二弾。今回は、世界的に見て習得しやすいとされているインドネシア語について、なぜそうなのかというところの秘密を探っていきたいと思います。
029 【語学学習】ゆるーいインドネシア語入門①(なぜ、インドネシア語?)
英語学習に本腰を入れ始めた日本。となってくると、今後重要度を増していくのは第二外国語の存在ではないかと思う。いろいろ試してみた結果、自分がチョイスしたものは・・・。

DMM英会話でお得なiknow!

iknow!ですが、単体で契約すると次の料金がかかります。
(無料期間もあります。)

<自動更新プラン(1ヶ月プラン)>
1,510円/月(PC) 1,530円/月(Android)

<3ヶ月プラン>
3,920円(iOS)

<12ヶ月プラン>
9,530円(PC・Android) 10,000円(iOS)


そして、DMM英会話は最も安いコースでは月6480円から始めることが来ます。
しかも、DMM英会話の会員の方は、上記のiknow!が追加料金なしで使うことができるのです。
これはかなりお得だと思いませんか!?

iknow!とは?

iknow!とは、パソコンやスマホで利用可能な英語学習アプリです。

脳科学に基づいて問題が出題されるようで、記憶が最も定着する出題タイミングや、インプットとアウトプットがバランス良く配置されているため、隙間時間にやっていると、いつの間にか単語が定着しています。

学習コースはいくつかあります。

・iknow!: いろいろな出題方法で単語やフレーズの学習をできます。
・スピードクイズ: 2択から瞬時に答えを求めるクイズ形式です。
・自己診断: クイズ形式ではなく、自分で理解したかどうか診断します。
・センテンスクイズ: 書き取りの練習ができます。
・リスニングクイズ: いろいろなタイプのリスニングクイズができます。

といったように、様々なやり方で学習をすることができるので、隙間時間に飽きずに取り組むことができます。

オススメの学習コース

この中でもおすすめの学習コースはiknow!コースですね。
さすが、ikow!の名前を冠しているだけあります。

・英語から日本語の選択問題
・日本語から英語の選択問題
・リスニングから英語、日本語訳
・書き取り

などの問題が、バランスよくランダムに、テンポよく学習を進めることができます。

英語学習にはピッタリ

このiknow!コースを利用して、英語を学習していくわけです。
やはり英語に関しては、たくさんコースが用意されています。

・日常会話コース
・旅行・趣味の英語
・留学準備
・TOEIC
・英検
・大学受験
・ビジネス英語
・ニュース英語
などなど

それぞれのカテゴリごとに、たくさんのコースが用意されています。
とにかく充実していますので、英語学習に困ることはないでしょう。

他言語学習には、みんなのコース

次に多いのが中国語。
中国語もそこそこコースが用意されています。

しかし、

それ以外の言語は?

となるとなかなか見つかりません。

そこで役立つのが『みんなのコース』です。

こちらには、iknow!ユーザの方々が作ったオリジナルのコースが多数配信されています。

同じ英語でも、同じカテゴリだけを集めたコースや、同じシチュエーションで使うような英語を集めたコースなどがあります。

そして、そんな中に他言語を学習できるコースが用意されているのです。

お目当てのインドネシア語学習もありましたよ!
(マレー語はインドネシア語とほぼ同じなので、『Bahasa Malaysia』コースも受講しました。)

しばらくは、これらの公開されているコースを使って学習を進めていました。

カスタムコース

最初のうちの簡単な単語の学習まではこれらのコースを利用することで学習することができていました。

しかし、学習を進めていくともちろんながら、どんどん新しい単語が増えていきます。

そうなってくると、

自分だけのコースがほしいなあ・・・

となってくるんですよね。

そこで、カスタムコースというものを使い、自分だけのコースを作ることにしました。

この、『セルフインドネシア語①』というのがカスタムコースで、私が作ったコースです。
(内容がけっこう雑多になっているので、いずれば整理して一般公開したいと思います。)

私のインドネシア学習方法

私のインドネシア語学習法
  • 本を使ってインドネシア語を学習する。
    (1週間に1単元ごとくらい)
  • 知らない単語をピックアップしておく。
  • ピックアップした単語をカスタムコースに登録する。
  • ひたすらできるだけ毎日iknow!

これを繰り返すことで、インドネシア語の単語をずいぶん覚えることができるようになりました。

一見するとインドネシア語の単語は覚えにくいです。
しかし、毎日繰り返すことで語彙力は確実に高まっていきます。

カスタムコースの登録方法

カスタムコースはこちらにあります。

次の画面で一番下まで移動すると、単語の登録できるところがあります。
ここに覚えたい単語をひたすら登録していきます。

あとは、パソコンからでもスマホからでも、登録したコースで学習をすることができます。

50itemsコースがおすすめですね。
サクっとしたいときは10itemsや20itemsでもいいかと思います。

学習を進めていくと、このように習得率が上がっていきます。

ところがこのiknow!、若干パーセントの上昇にシビアです。
なので、もう完全に理解した単語であっても、何度も何度も出題されます。

そいううときは、手動で”マスター”としてしまうこともできるので、理解度に応じて”マスター”状態にしていきましょう。