1084【愛媛紀行】主に、今治市の慢性的な水不足を補うために多目的ダム『玉川ダム』

四国地方(Shikoku)
この記事は約5分で読めます。

今回は愛媛県にあるダムを紹介していきたいと思います。
前回愛媛県のダムということで石手川ダムというところを紹介しました。
石手川ダムは、松山市の中心部に近いダムということで、慢性的に水不足になりがちな松山市に対して安定した水資源の供給を目的として造られたダムだということは紹介しました。
今回はその石手川ダムから北東に行ったところにある玉川ダムというダムです。

この玉川ダムですが、石手川ダムと同じくとある街に近い所にあるダムなのです。
その街とは今治市です。
今治市というとこれまた中々に開けた街ですよね。
松山市までとはいかないまでも、実際15万人近くが生活をする都市部になります。
その年の規模は、四国に存在する4つの県庁所在地である松山市・高松氏・高知市・徳島市に次いで大きな都市なのです。
そして今治市といえば工業都市です。
瀬戸内海に面していることから造船産業が盛んであり、高品質な今治タオルの生産でもよく知られています。
また、しまなみ海道につながる市であり、順調に人口が増えていた街でした。

工場や市民が増えるということは、そこに水資源の必要性が高まってきます。
しかし、今治市を通る蒼社川(そうじゃがわ)は、その自然の地形状況から天井川になっていた関係で水量が十分ではなく、今治市では地下水を使うなどして足りない水資源を補っていました。
ところが、それでも増えていく需要に対して十分ではなく、そこで建設が行われたのがこの玉川ダムなのです。
今回はこの愛媛県今治市にある玉川ダムについて紹介していきたいと思います。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • 水不足解消という目的のために造られたダムというだけではなく、今では桜の名所にもなっている玉川ダムに行ってみよう。

愛媛県関連の記事です。

1098【愛媛紀行】藤堂高虎の名城の一つ。現存中に天守の一つである『宇和島城』
宇和島城は愛媛県宇和島市にあります。この城は、築城の名手としても有名いな藤堂高虎氏の手によるもの。四国西南地域の中心であった宇和島に設けられたこの城は、宇和島湾のリアス式海岸地帯に面して作られ、三大海城とも呼ばれるようにその堀に海水が引かれたりする特徴をもつ城です。
1096【愛媛紀行】藤堂高虎によって築かれた愛媛の名城である『今治城』
日本に存在した海賊とは、海で生き、その地域の海上の交易や秩序を保証し、安全に活動するために依頼してきた客を警固したりといった活動が主でした。その村上海賊が活躍したのが、愛媛県の北の瀬戸内海。尾道と今治をつなぐ芸予諸島と呼ばれる地域です。そして、この地域を愛媛側から望む場所にあるのが今回紹介している今治城です。
1093【愛媛紀行】谷の地形を利用し、馬蹄形に曲輪が設けられていた特徴的な城『河後森(かごもり)城』
場所は愛媛県の北宇和郡。その城の名前は河後森(かごもり)城といいます。この城は、鎌倉時代に築城されたという山城。その後、江戸時代の一国一城令まで機能し続け、廃城となった城でした。その規模としては、愛媛県に残る中世の山城の中では最大のもの。まるで馬の蹄鉄のようなU字型をした山と谷の地形を巧みに用いて造られた河後森城は、自然の要害を最大限に活かした鉄壁の山城なのでした。
1085【愛媛紀行】道後温泉のすぐ近く。様々な人々が集まり、夜更けまで賑わうゲストハウス『ふじや』
道後温泉は楽しみたいけど、宿泊は安く抑えたい。ぜひともそんなお宿を探してみたいですよね。ありました。それも道後温泉の超近く。そのお宿を『ふじや』といいます。愛媛だけど”ふじ”?まあそんなことはどうでもいいですが、このゲストハウスのふじやですが、一般家屋を一軒まるまるゲストハウスにした建物です。
1083【愛媛紀行】明治維新でそのほとんどが破却されたものの、豊富な資料を音に天守が正確に復元された『大洲城』
今回紹介している大洲城は愛媛県大洲市にある城です。実はこの城の天守は明治に各地で廃城が行われた際には生き残ることができていたのです。しかし、残念なことに、明治の中期に建物の老朽化が原因で解体されるに至ってしまったのです。
1075【愛媛紀行】大三島の農業用水や生活用水すべてを支える『台(うてな)ダム』
台ダムがあるのは、愛媛県今治市。この市に属していますが、瀬戸内海に浮かぶ島、大三島にあるダムなのです。島にダムがあるというのもなかなか珍しいのかなあと思いますが、実際このダムが設けられている台本川なのですが、それほど長い川ではありません。全長3.7kmほどしかなく、はたしてここにダムが必要なのか?とも思われるのですが、全長が長い川というものはえてして危ない川になってしまうことがあるのです。
1073【愛媛紀行】全国にある山祇神社(大山祇神社)の総本社。瀬戸内海の大三島にある『大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)』
今回は、とある神社について紹介していきたいと思います。この神社なのですが、それがある場所は何と離島なのです。まあ、今は橋で結ばれているのですが、古くこの神社が創建されたころにはそのような橋はなかったわけで。その神社の名前を大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)と言います。
1072【愛媛紀行】道の駅に水族館!?河後森城跡ついでにふらっと立ち寄れる『道の駅 虹の森公園まつの』
魅力たっぷりの道の駅なのですが、今回紹介している道の駅は、『道の駅 虹の森公園まつの』という、愛媛県にある道の駅です。さて、この道の駅もなかなか他にはない特徴をもっている道の駅なのですが・・・!?今回はこの『道の駅 虹の森公園まつの』について紹介していきたいと思います。
1059【愛媛紀行】実は愛媛県松山市で最も高い建造物『石手川(いしてがわ)ダム』
松山市というと人口50万人以上を抱え、これは香川県の高松市よりお10万人ほど多い人口となっています。そのような雨が少ないという条件と、人口が多いという理由から、夏になるとよく水不足に見舞われていました。そこでそういった課題を解決するために考えられることといえば、ダムの建造ですよね。この松山市の上水道確保として建造されたのが同じく松山市にある石手川(いしてがわ)ダムなのです。
463【愛媛紀行】万葉集にも見られる、古代から知られた伝統ある温泉『道後温泉』
今回紹介している道後温泉は、日本に数ある温泉地の中でも明治・大正の雰囲気を今もなお残し続ける、稀有な温泉地ではないでしょうか。その中でも道後温泉の中心にある道後温泉本館は、その建物が重要文化財でありながら、今もなお公衆浴場としての役割を果たしている建物なのです。
239【愛媛紀行】平山城だけどキツイ登りをロープウェイ・リフトで楽々アクセス!現存天守『伊予松山城』
今回は現存天守の一つ、愛媛県の伊予松山城について紹介していきます。伊予松山城は現存する天守だけではなく、本丸と二之丸をつなぐ登り石垣、東と北の山麓に配置された郭など、堅牢な城構が良好に残されている城跡なのです。
106【愛媛紀行】坊ちゃん列車 道後温泉 え~っとあと、百名城??『湯築城』
愛媛県の有名な温泉地『道後温泉』。道後温泉本館を中心として、日本でも最古の歴史のある温泉地として有名ですよね。なんと、その道後温泉のすぐそばに、日本百名城に登録されている『湯築城』があるのです。現在は土塁や堀を残すのみですが、道後温泉と共に訪れてみるのはいかがでしょうか。

玉川ダム

玉川ダムは愛媛県今治市にあるダムです。
今治を通り燧灘(ひうちなだ)へと流れ込む蒼社川(そうじゃがわ)に造られているダムであり、様々な目的のために設けられたダムとなっています。
蒼社川は標高1195mある高縄山系白潰から、今治市内を通り瀬戸内海へと22.6kmの道のりを流れる河川です。
今治市のある今治平野は、この蒼社川によってできた洪積平野なのです。

この蒼社川ですが、その地質の影響もあって下流域では天井川となっている川です。
また、地質がもろいということも影響して、かつての藩政時代から洪水が多く発生していたという記録が残っています。
また、漂流水もわずかであったことから、今治市の人口増加や工場の建設などに耐えられる水量が河川から確保できず、地下水をくみ上げることによって対応が続けられていました。
ところがそれだけでも水資源を賄うことができなくなってしまったことから、玉川ダムは建設が計画されます。
ダム自体の工事は1968年に開始し、1971年に完成しています。

この玉川ダムの完成によって、今治市の人々の生活用水が確保できるようになりました。
また今治の名産であるタオル製造を中心とした繊維工業を支えることにも役立っています。
水資源の確保という点が最重要であった玉川ダムですが、それだけではなく洪水調整や農業用用水の確保、近年では、2017年から小水力発電方式である玉川ダム発電所が運転されるようになるなど、多目的で人々の生活を支えるダムとなっているのです。

玉川ダムのダム湖は玉川湖と呼ばれています。
このダム湖周辺には1500本を超える桜の名所となっています。
また、ダム湖の西岸にはキャンプ場や公園などが多く整備されており、休日になると奥の人々が集う場所ともなっているのです。

アクセス

今治市中心部から南西に15kmほどのところにあります。

玉川ダムに行ってみよう

それでは、玉川ダムに行ってみましょう。

こちらが道沿いにある東予地方局今治支局玉川ダム管理事務所です。
なお、ダムカードはこちらでもらうことができます。

管理事務所なのですが、玉川ダムよりも一段小高い所にあります。
そのため、ダムとダム湖である玉川湖がこのように一望できます。

堤高56mあるダムは大迫力です。

ではそんなダムを間近に見に行ってみたいと思います。
管理事務所からは車では直接アクセスができなかったので、道を北に100mほど戻ると、ダムへつながる道があるのでそちらへ入ります。

玉川ダム到着です。
竣工から50年以上経過しているダムだけあって年季が入っています。

ダム湖の玉川湖です。
こちらはダム湖の東側湖畔ですが、ダム湖の西側湖畔にはキャンプ場などの施設が充実しています。

いかがだったでしょうか。
松山市から今治市までを車で直線移動すると、この玉川ダム周辺は必ずと言っていいほど通ることになります。
ついで寄りには最適なダムである玉川ダム。
全国各地で配布されているダムカード集めの中でも、比較的訪れやすい所ではないかと思います。
ダム周辺の施設も充実している玉川湖。
週末や連休にふらっと訪れてそういった施設を利用する、といった使い方も気軽にできるダムなのです。