1158【旅ノウハウ】魅力たっぷりな島への旅をこれでもかと取りあげた本『島たび本』

旅のノウハウ(Travel)
この記事は約4分で読めます。

近年密かにブームになっている旅のスタイルがあります。
それは、島を訪れる旅
島といえば、誰もが憧れるようなビーチリゾートが思いつくかもしれませんが、それだけではなく、いろいろな島があります。
誰もが知っているような島から、誰も知らないような身近な島。
島には様々な個性があるのです。
そんな島々に行って何が体験できるのでしょうか?

テレビのプログラムでも、そういった島への旅を取り扱ったものが増えてきているような気がします。
そして、そんな島旅を後押しするような書籍があるのです。
それが、マップルが発行している、『島たび本』なのです。

もともと日本は島国。
島旅といえば日本!といっても過言ではないくらい、日本の旅のスタイルにマッチしているのではないでしょうか。
とくにコロナ禍の時に日本国内の旅が見直され、そんななかで確立してきた島への旅。
そこではどのような体験が私たちを待っているのでしょうか?
そんな島の数がなんと100以上も!!
これは、新たな発見がそこにはあふれていることでしょうね。

マップルが提供している書籍だけあって、地図情報を中心に、美しい画像や詳細なデータを余すところなく提供してくれる島たび本。
この本を片手に、まだまだ知らない島への旅へと繰り出してみませんか?

今回は、この『島たび本』について紹介していきたいと思います。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • 島たび本を片手に、数えきれないくらいある島々へと出かけて、まだまだ知らない体験をしてみませんか。

島たび本

島を巡る旅。
そんなコアな旅を楽しむ人も最近増えているのですね。
テレビなどでも島を目的地にして旅をする番組も見かけるようになってきました。
実は、島への旅というのはここ最近、ブームにもなりつつある旅のスタイルの一つなのです。

島旅が注目され始めたのは、コロナ禍の中で改めて国内の様々な場所を見直してみようということではないでしょうか。
そもそも四方を海に囲まれた日本。
島の数も世界有数の国であるわけで。
そして、そんな数々の島々には、それぞれまだまだ知られていない魅力がたくさんあるのです。
そんなあこがれの島への旅の手助けの一つとして存在するのが、今回紹介している『島たび本』なのです。

島で有名なところとなると、国外であればハワイやサイパン、グアムといったいわゆるビーチリゾート。
そんなビーチリゾートでは訪れる人を何が待っているのか、なんとなく想像できますよね。
しかし、昨今ブームとなってきている島旅では、そんなありきたりな旅をおくるだけではありません。
まだまだ想像もできないような個性あふれる島々が世の中にはあふれかえっているのです。
そんな時に役立つのがこの島たび本なのです。

出版元は、旅行ガイドブックのまっぷるでも有名な昭文社
そんな後ろ盾があってか、精細な地図とともに、美しい画像や、詳細に取材されたデータ。
そして、そんな豊かなコンテンツを基に、その島をどのように回りたいのか、モデルプランが提示されているわけなのです。

最新の2023年2月に発売された島たび本では、日本全国にある110もある島を掲載されています。
110!?
そんな膨大な島の数々を紹介しているのか!!
驚くばかりですね。
そして、中には、こんな身近なところに素敵な島が!!ということもあるかもしれません。

海でたっぷりと遊べる沖縄を中心とした島々。
手つかずの大自然が出迎えてくれる島々。
歴史と伝統溢れる島々。
何もないかもしれないけれど、そんな何もないことが魅力な島々。
実は東京に所属する島々。
上陸するハードルは高い、絶海に存在する島々。
島ならではのグルメを楽しめる島々。
瀬戸内海を彩る歴史ある島々。
などなど。
日本にはこれほどまでに島あるのか!と改めて再確認させてくれる内容となっているのです。
細かい島の名称については、島たび本のオリジナルサイトを見てみると、そのラインナップを知ることはできるでしょう。

なお、島たび本を購入すると、無料アプリのまっぷるリンクから、電子書籍をタダで見ることができる読者特典が付いています。
これがあれば、重たい書籍を持ち歩かなくても、スマホ一つで島へと旅立てますね。

いかがだったでしょうか。
もし、この島たび本を何気なくめくっているときに、今いるところの身近に気になる島があったとしたら・・・、行ってみたくなりませんか?
中々にいくことのハードルが高い、有名な島に行くことももちろん素晴らしいことですが、実は身近にこんな素晴らしい島があった!そんな出会いがあるとしたら、ワクワクしてきませんか?
さあ、日本に数ある島の中から、自分が気になる島を見つけたならば、週末にでも行ってみて、新たな発見をたくさん探してみませんか。