116【インドネシア紀行】インドネシアの焼き鳥サテ しかし、焼き”鳥”だけではないのがサテの奥深さです

インドネシア(Indonesia)
この記事は約4分で読めます。

今回はインドネシアをはじめ、東南アジア諸国で一般的に食されている”サテ”について紹介していきたいと思います。

まあ端的にいうと、”焼き鳥”なのですが、使う肉の種類や、食べるときにつけるタレなどに個性があり、日本の焼き鳥とは少し異なった楽しみ方ができる料理です。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • インドネシアのサテ ほとんどはアヤムですが、イチオシはカンビンです。

インドネシアの隠された農産物、カカオについて書いた記事です。

059【インドネシア紀行】世界第3位の産地で味わう、生カカオの味
インドネシアでカカオが収穫されているって知ってましたか?なかなか日本では知られていないこのインドネシア産カカオ。近年、その製造方法なども洗練されてきており、年々高でぃんしつなカカオが世界に向けて流通され始めていっているそうですよ。

インドネシアの無形文化遺産バティック・トゥリスについて書いた記事です。

052【インドネシア紀行】インドネシアのろうけつ染め『バティック』
インドネシアに伝わる伝統工芸『バティック』。ユネスコの無形文化遺産にも登録されているバティック、インドネシアに訪問した時は何かと目にすると思います。しかし、バティックって何?という人も意外と多いのではないでしょうか。バティックが作られる工程を通して、紹介してみたいと思います。

インドネシアでよく見かける飲み物『ルートビア』の記事です。

136【インドネシア紀行】その味はまさしくサ〇〇パ〇!?ザ・湿布コーラ『ルート・ビア』
インドネシアのファーストフード店で出会った謎の飲み物『ルート・ビア』。ビアといいますが、アルコール飲料ではなく炭酸印象であるこの飲み物。見た目はコーラなのですが、その味は全く異なるものだったのです。しかし、そのにおいは私たちが知っているものでした。

インドネシアの世界遺産プランバナン遺跡群の記事です。

165【インドネシア紀行】ほんの数年でも光景が変わった世界遺産『プランバナン寺院』
インドネシアのジャワ島中部にある古都ジョグジャカルタからは、インドネシアの2大世界遺産を巡ることができます。その一つが『プランバナン寺院群』です。このプランバナン寺院群は複数のヒンドゥー教寺院と仏教寺院とで構成され、まだまだ発掘や修復が継続して続けられている遺跡です。

インドネシアの市販ジャムゥ、トラックアンギンの記事です。

177【インドネシア紀行】お手軽民間療法。とりあえず何かに効きそうな『トラック・アンギン』
インドネシアには、植物由来の根や葉などの天然の材料を調合したジャムウと呼ばれる民間調合薬があります。体調が悪いかな、といった時には、自分たちで調合して摂取してきた歴史があるそうです。そんなジャムウを一般商品化した『TOLAK ANGIN』なる製品がインドネシアには存在するのです。

サテ

インドネシアで有名な食べ物の一つです。

サテは、東南アジア諸国(インドネシア、マレーシア、シンガポール、タイなど)で広く食べられている、日本でいうと『焼き鳥』です。

しかし、焼き”鳥”だけでないのがこのサテの奥深いところです。
鶏肉が使用されるいわゆる焼き鳥はサテ・アヤム
牛肉を使われた焼き牛?がサテ・サピ
ムスリム圏ではなかなか見かけない豚肉を使ったサテ・バビ
山羊肉を使ったサテ・カンビンなどがあります。

串に小さく切った肉を刺して炭火で焼き、たれに漬けこんで食べます。
インドネシアでは町中のワルン(屋台)で、至る所でサテを焼いている光景を見ることができます。

そのまま塩味で食べることもありますが、インドネシアでは甘めのピーナッツだれかけてよく食べます。

サテ・アヤム

たいていインドネシアの皆さんが食べているサテは、アヤムです。
アヤムとは鶏ですね。チキンです。

とにかくアヤムをたくさん消費するインドネシアのみなさん。
サテ・アヤムも大人気なメニューですね。

サテ・カンビン

しかし、一部地域では異なった素材のサテが食べらています。

例えば、ジャワ島中部にあるジョグジャカルタで食べたサテ・カンビンがあります。
カンビンとは何なのかですが、日本ではあまりなじみのないヤギの肉なのです。

ヤギ肉の特徴は、鶏肉より歯ごたえがある肉なのですが、しっかりと肉の味がして、噛めば噛むほど口の中に風味が広がります。

全ての地域で食べられるわけではないのですが、見つけたときはぜひ行ってみてください。

他にもインドネシアでは、

サテ・サピ(牛)もありますが、ムスリム国なのでバビ(豚)は見かけることは難しいかと思います。(※旅行者や華僑向けに探せば売っています。)

バリ島ではバリ・ヒンドゥーが主流のため、バビもたくさん見かけそうですよね。
逆にサピはあまりなさそうではありますが。

ジョグジャカルタのサテのお店

ちなみにジョグジャカルタで食べたお店はこちら。
ガイドさん一押しの店ということで、地元の人に人気の店をお願いしたところ、こちらを紹介していただきました。
観光客はいませんでしたが、地元の人だらけ!
こういう店こそ、現地の味を楽しめる店ですよ!

SATE PAK JOGO』というお店です。

店先で炭火でサテを焼いているんですね。
うまそうです~。

注文したサテがこちら。
左がサテ・アヤムで右がサテ・カンビンです。
サテ・アヤムはピーナッツソースがついており、つけて食べました。
サテ・カンビンは肉が固めななのか、串から外して、また別のソースがかかった状態で出されました。

どちらが好みかというと、肉の味をしっかりと楽しみたい人にはカンビンはお勧めかなと思いました。

これ以外にもカンビンの肉を使ったスープもあったのですがこちらもあっさりとして、サテよりも万人が食べやすい味でした。

いかがだったでしょうか。
現地に行ったら現地でしか楽しめない味を楽しむ。
これは旅でしかできないことですよね。
今回紹介したサテは、焼き鳥文化のある私たちにも非常に食べやすい一品です。
サテ・アヤムからスタートして、いろいろなサテを試してみてはいかがでしょうか。