126【兵庫紀行】古き城下町丹波篠山の町中にある『大手食堂』 ここでしか食べられない絶品メニューが!

食巡り(Food/Makanan)
この記事は約4分で読めます。

今回は名前も、その佇まいも普通の食堂『大手食堂』を紹介します。

なぜに食堂??

となると思うのですが、こちらの食堂、ただの食堂と侮ることなかれ。

『食』の名産地 丹波篠山にあるこの大手食堂は、そのメニュー一つ一つのクオリティが非常に高い食事処なのです。

高級なお店で舌鼓を、というのもいいですが、こちらでも丹波篠山を代表する『食』を存分に楽しむことができるのですよ。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • ただの食堂と侮ることなかれ。食の宝庫丹波篠山を代表するメニューの数々。

黒井城や竹田城を訪れる際に、併せて訪問することができますよ。

078【兵庫紀行】日本のマチュピチュ竹田城で、和風旅館体験してみませんか?『ゲストハウス天空』
日本のマチュピチュとして有名な兵庫県にある天空の城 竹田城。CMで一躍有名になりましたね。そんな竹田城の麓に2017年すてきなゲストハウスがオープンしました。その名も”ゲストハウス天空”。古い家屋をリノベしたゲストハウスですが、そこにはラグジュアリーな体験が待っていたのです。 
011 【兵庫紀行】城プロにも!?隠れた天空の城『黒井城跡』
わきみち城シリーズスタート!もう一つの天空の城を紹介。今年の大河ドラマで少し人の入りが多くなるかも!?
169【兵庫紀行】元祖日本のマチュピチュ。天空の城跡ブームはここから『竹田城』
竹田城は、兵庫県朝来市にある山城の城跡です。近年、日本のマチュピチュとして一躍有名になった城ですね。城跡そのものも、鳥が羽根を広げた形に曲輪が配置されているの非常に美しい城跡ですが、運が良ければ早朝に見ることができる竹田城の雲海の光景も非常に有名ですね。
168【兵庫紀行】伝統的な酒蔵見学をいつでもできる『鳳鳴酒造 ほろ酔い城下蔵』
丹波篠山の地には、今もなお昔ながらの酒造りを続けている製造元『鳳鳴酒造』があります。そんな鳳鳴酒造は、昔ながらの清酒造りを気軽に見学できる築200年以上の江戸時代からの建物を利用した施設『ほろ酔い城下蔵』を2001年から公開しています。

丹波篠山

丹波篠山とは、兵庫県の中部にある市です。
2019年より篠山市から丹波篠山市へと変更になりました。

この地は旧丹波国として、西国から京都へ向かう際の要所として、また篠山城の城下町として栄えてきた歴史のある町です。
そして、現在でも歴史ある町並みや祭りなどが残っています。
小さな町の中に歴史を感じられる町並みや、武家屋敷群、そして近代の歴史を感じさせる遺構も残されています。

丹波篠山の『食』

そして丹波篠山というと、忘れてはいけないことが『』ですね。
全国的にも有名な食材が非常に豊富な土地なのです。
そして、この『食』をめざして訪れる人々が絶えないのですね。

丹波篠山黒大豆

お正月の定番 黒豆ですね。
お正月のおせちには欠かせないものであり、その味や食感から高級品とされています。

丹波篠山黒枝豆

幻の枝豆とも呼ばれています。
某〇〇しんぼにも登場した、枝豆です。
その味は、うまみや豆そのものがもつ甘味など、枝豆の中でもトップクラスのものです。

ぼたん鍋

イノシシ肉の鍋です。
イノシシの猟場としても有名な丹波篠山産のイノシシ肉ですが、その味も抜群においしいと言われています。
冬季期間限定ですがぜひ味わっていただきたい味です。

下の写真は、ぼたん鍋で有名な『高砂』です。

店構えです。
なかなかお高いお店ですよ。

きじ鍋も食べられるそうです。

味噌ベースのお鍋です。
イノシシ肉には味噌がよく合います。

こちらがイノシシ肉です。
牡丹の花のようなのでぼたん鍋です。

丹波栗

とにかく山の幸が豊富な丹波篠山。
栗も長い歴史をもつ伝統的に有名な食事です。
この丹波栗を用いた和菓子などが、丹波篠山土産の定番となっています。

山の芋

丹波篠山で採れる丸い形をした山の芋は、すりおろした時の粘りが強く様々な食べ方で食されます。

丹波篠山牛

なんと高級牛肉である神戸牛の原産牛である但馬牛。
この但馬牛を丹波篠山で肥育したものが丹波篠山牛です。
その味は想像に難くないですね。

鯖寿司

肉厚の鯖寿司も有名です。
一度丹波篠山の鯖寿司を食べると、他の鯖寿司が食べられなくなります。
いくつかお店があるのですが、それぞれで少しずつ味付けは異なっていたりするのでお気に入りを見つける楽しみもありますね。

大手食堂へ

それでは大手食堂に向かって行きたいと思います。

丹波篠山の町並みです。
この写真の右手前に『大手食堂』はあります。

こちらが『大手食堂』です。
普通の店構えでしょ。
しかし、隠れた大人気店なのです。

大きく書かれている『ぼたん鍋』が有名なのはもちろん、こちらで食べてもらいたのは、山の芋を使ったとろろ系のメニューです。

中に入ってきました。
ザ・食堂ですよね。二階には座敷もあります。
ここに絶品のメニューがたくさんあるのです。
良くも悪くも、あくまで食堂的な部分は大きいです。
高級料亭のようなサービスは期待せず、街中の食堂だという意識で行きましょう。

おすすめは、『そばとろ』、『牛とろ丼』、『しし肉とろろ丼』です。

こちらはなんといっても、お漬物が食べ放題なのです。
その時々によって出てくるお漬物の種類は異なります。

食べ放題だからと言って食べすぎ注意!
このあとのメインが食べられなくなりますよw

こちらが牛とろ丼です。
牛もとろろも、そして米(コシヒカリ)も丹波篠山産です。
地の食材だけでこのような絶品丼の完成です。
しかもお値段はけっこうお手頃♪

こちらはしし肉とろろ丼です。
こちらは期間限定だったと思います。

最後はそばとろです。
とにかくどれもとろろが素材の味を引き立てています。

残念ながら、まだこちらのお店でぼたん鍋は試したことがないので、実食できたときに追記していくようにしたいと思います。

いかがだったでしょうか。
丹波篠山の町は、街歩きをして、どこのお店に入っても地の美味しいものを味わうことができます。
その中でも、今回紹介した大手食堂は味も価格もしっかりお勧めできるお店です。
歴史や食を楽しみ、素晴らしいお土産を買って、丹波篠山の魅力を堪能してみませんか。