130【旅ノウハウ】ゲストハウス泊であると便利な17選

旅のノウハウ(Travel)
この記事は約5分で読めます。

ゲストハウス泊は、値段でも設備でも、交流でも満足できる点が多く、よく利用するのですが、ホテルなどとは違い、ある程度セルフに任せられるところがあります

そのため、ゲストハウス泊に持っていくと便利な持ち物がいろいろとあるのです。

バックパックに今回紹介する物を忍ばせておくと、ゲストハウスでの生活をより快適に過ごすことができますよ。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • ゲストハウスでの生活は不便なところもあるが、その不便をこれらのアイテムで快適にしてみよう。

ゲストハウス生活を快適にする17選

南京錠

ゲストハウスでは部屋によっては相部屋だったりする場合があります。
そういったときにでも、自分の荷物を守るの自分だけしかできません。
ロッカーなどは備え付けられているところは多いのですが、ときおり鍵がついていない場合もあるのです。
そのため、南京錠を1つは荷物に入れておくといいですね。

鍵式よりはダイヤル式やロックナンバー式をお勧めします。
寝ている間のカギの管理のことを考えると、ダイヤル式かロックナンバー式が便利で安心です。

トイレットペーパー

これまたいろいろな用途で使えるので1ロールはカバンに入れておきたいところです。
出先のトイレで使えることはもちろん、雨に降られたときに靴の中の水気をとったりなど、1ロールあると何かと便利です。

サンダル

ゲストハウスの部屋の中で使えたり、水回りで使えたり、ゲストハウス内の土間的なところを移動する場合にも使えたりします。
重さがそれほどではなく、軽くて使い捨て出来るようなサンダルがあると、荷物もかさばらないので便利です。

エコバッグ

こちらもいくつか入れておくとよいでしょう。
出先で急に袋が必要になった時や、荷造りの時に荷分けに使ったりもできます。
こちらも最後は使い捨て出来てしまうようなものを入れておくと、かさばらないですね。

洗剤

小型の旅行用の洗剤小分けパックを入れておくと便利です。
ゲストハウス泊の旅では、荷物を最小限にするために、服類も最低限にするとよいです。
そのため、旅先でちょくちょく洗濯をするために洗剤があるとよいでしょう。

シャンプーやボディソープなど

シャンプーやリンス、ボディソープなどは、小型ボトルの物か、ボトルだけを購入して移し替えたものを持っていくとよいでしょう。
こだわりがなければ石鹸1つ、というワイルド旅も面白いですがw

S字フック

2~3個入れておくと、物や衣類、タオルなどをひっかけておけるので便利です。
用途はその場その場に応じていろいろと工夫することもできるでしょう。

耳栓

ドミトリー泊などのときは、他人の寝息や、外の騒音などが気になるようであれば耳栓をもっているとよいでしょう。
小さいのでそれほど邪魔にもなりません。

タオル

タオルは2枚程度でよいと思います。
バスタオルまでになると荷物になってしまうので、フェイスタオル2枚程度でやりくりするとよいでしょう。
一日1枚でやりくりし、その間にもう1枚を洗って乾かしておくと、旅の間を使いまわすことができます。

電源タップ

昨今は、毎日充電しなければならないものが増えてきましたね。
かといって、ゲストハウスで使えるコンセントは限られています。
そのため電源タップはいれておくとよいでしょう。
特に海外旅の場合は、変換プラグを1つだけ用意しておけば、あとは日本と同じ形状のタップに挿し込めばいいだけなので、とにかく便利です。

アイマスク

こちらも寝るときに必要な人は必須ですね。
ドミトリー泊とかになると、必ずしも電気が消えているとは限りません。
そのようなときに、自分だけでもぐっすり眠るためには必要かもしれませんね。

速乾性シャツ

持っていくシャツは最低限度でよいかと思います。
旅日数の半分以下の枚数があれば、あとは洗濯で使いまわせます。
速乾性のシャツにしておくと、寝る前に洗ってしまえば、朝には乾いてしまっています。
最近ではバリエーションも増えてきたので、どこででも入手できるようになりましたよね。

シッパー付きの衣類

これは寝るときの服にジッパーがついているものがあればお勧めします。
貴重品類や、鍵式のロッカーの場合、寝ている間のセキュリティが気になるところ。
ジッパー月野ポケットの中に入れておくと、寝ているときも多少は安心して眠ることができますね。

小型ライト

LED式の小型ライトがあると便利です。
夜に出歩くときはもちろん、ドミトリーなどで夜中にトイレなどに行きたいときなどは、伝記をつけるわけにもいかないので、LEDで足元を照らしながら進んだりするときに使えます。

スマホのライトでも大丈夫ですね。

吊り下げ型トラベルポーチ

最近よく見かけるようになってきて、お勧めのアイテムです。
ゲストハウスではシャワーのみということが多いですが、シャワー室には意外と荷物置きがありません
そのため、吊り下げ型のトラベルポーチだとかけるだけですし、片付けも簡単にしまうことができます。

振動型目覚まし時計

ドミトリー泊では、大きな音はご法度です。
しかし朝早く起きなければならないときはありますよね。
そんなときには、振動式の目覚まし時計があるとよいでしょう。
もちろんスマホでも問題はありません。

洗濯ロープ

ロープに限らず、ロープを一本入れておくと使い道は何かとあります。
洗濯物を干すこともできますが、カバンの補強、荷物を荷台に縛ったりなど、いろいろな使い道があります。


いかがだったでしょうか。
これらのアイテムは、ゲストハウス泊を繰り返すうちに、必要なものが厳選されていった結果行きついたアイテム類です。
それほど荷物になるものでもないため、バックパックのお供にいつも入れておくと、ゲストハウスでの体験をより快適なものにしてくれますよ。