172【北海道紀行】酪農といえば北海道。そして北海道といえばチーズ。『富良野チーズ工房』

北海道(Hokkaido)
この記事は約5分で読めます。

北海道といえば、広大な大地で行われている酪農ですね。
そして、それらから得られるおいしい食べ物がたくさんありますね。
採れたての野菜や、搾りたての牛乳。
そしてそれらを用いた加工品など、食にまつわる名物がとにかくたくさん。
あまりにも何を食べてもおいしいので、北海道に行くとどうしても太ってしまいますw

その中でも牛乳を使った加工品はたくさんあります。
搾りたてを味わう牛乳、現地で食べるソフトクリーム、様々な料理に使われるできたてのバターなどなど。
そんな中でも、たくさんの種類があり、無数に味わい方のあるのがチーズです。
酪農の本場である北海道では、もちろんながら様々な種類のチーズも作られているわけです。
今回は、そんな多数あるチーズを作っている工房の中から、富良野にある『富良野チーズ工房』を紹介したいと思います。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • チーズができるまでを学びながら、様々な種類のチーズを試してみることができるチーズ工房です。

北海道にある、伝説の人物シャクシャインの像です。
現在は、建て替えられていて、この姿とは異なる姿になっています。

018 【北海道紀行】シャクシャインの戦い。そして、なぜか目にしたことがある像
北の大地北海道。そこには過去、民族のために戦った英傑をまつる場所がある。しかし、誰もがどこかで見覚えがあるのでは・・・!?

北海道の銘菓白い恋人と、白い恋人パークについての記事です。

175【北海道紀行】あの北海道銘菓工場がテーマパークに!?『白い恋人パーク』
北海道に遊びに行くとお土産に買ってしまいますよね『白い恋人』。近年はとにかくお土産の種類がバラエティ豊かなので、色々と目移りしてしまいますが、迷った挙句最終的に一箱は買ってしまうんですよね。そんな白い恋人の石屋製菓が運営する『白い恋人パーク』なるものがあるのです。

北海道の記事です。

972【北海道紀行】神宮と名乗ることを許された北海道有数のパワースポット『北海道神宮』
北海道は札幌の西部。円山公園のすぐそばに大きな神社が一つあります。ここは北海道神宮と呼ばれる場所であり、北海道の中でも有名なパワースポットの一つなのです。今では神宮と呼ばれている北海道神宮ですが、かつては札幌神社と呼ばれていた神社でした。今では神宮と呼ばれるようになり、その名からもわかるように特別な神社の一つとして、北海道の多くの人々によって親しまれ続けています。
960【北海道紀行】広大な北海道の大地を切り拓いた先人たちを偲んだ神社『開拓神社』
北海道神宮の敷地内には、ある人々を祀っている末社があります。今回紹介しているのは、『開拓神社』といいます。"開拓"という言葉からもわかるように、この神社には、北海道を開拓した多くの功労者を祀ったものなのです。
949【北海道紀行】小樽の街に立ち並ぶおいしそうな店々。その中で地味ではあるものの、確かな味の『万次郎』
小樽ではなかなかそういった普段使いできそうな食事処となると見つけるのが難しいかもしれませんが、そんな華やかな通りの中で地味ではあるものの、確かな味とお手ごろな値段のお店を見つけました。そのお店とは万次郎といいます。お店を一見すると非常に地味な趣ではありますが、中に入ってその食事に手を付けてみると。。。!!?
934【北海道紀行】小樽運河と共に、港町小樽の受け継がれてきた雰囲気を残す町並み『小樽歴史景観区域』
小樽運河を含めた小樽歴史景観区域について紹介していきたいと思います。小樽には運河意外にも歴史的な建物が数多く残されています。こういった歴史的な景観を保護・保全するために指定されたのが小樽歴史景観区域です。これに指定されている区域では、新たに建物などが造られる際には、大きさや色、素材など様々な厳しい基準が設けられています。
922【北海道紀行】観光の目玉として残された、小樽を代表する名所『小樽運河』
札幌から1時間ほどで訪れることができる港町の小樽ですね。美味しい海産物でも有名なこの小樽。この街の名前を聞いてまず思い浮かぶことは何でしょうか。それは美しい運河の風景ではないでしょうか。小樽運河と、近隣にある昔ながらの建物を利用した店が立ち並ぶ小樽堺町通りとを合わせて、連日多くの人々が集まる観光名所となっています。
913【北海道紀行】こだわりスープカレーのちょっとおしゃれな店『MATALE』
スープカレーは現在では、北海道を代表するグルメへと成長しました。特に札幌で探してみるとスープカレーを取り扱っている店がたくさん。そして、店ごとに様々な特徴をもっているスープカレーが続々と登場してきました。今回紹介しているのは、円山公園近くにあるスープカレーの専門店MATALEです。このスープカレー専門店のスープカレーには、どのような特徴があるのでしょうか。
666【北海道紀行】これぞ北海道を感じられる、北海道屈指の一大スキーリゾート『キロロリゾート』
そんな北海道のスキーリゾートといえば何を思いつきますか?ニセコ トマム ルスツ、といったところが出てくるのではないでしょうか。そしてこれらのスキーリゾートに並ぶ有名なスキーリゾートがキロロです。キロロはキロロスキーリゾートとして、この地域、赤井川村が縮小していく村の産業と人口流出に対する起死回生策として打ち出し、奇跡的な発展遂げたリゾートなのです。
577【北海道紀行】初代駅は、かつては炭鉱住宅のための駅。現在は、信号場となって残っている『楓駅』
今回紹介している楓駅は、かつて北海道の夕張市にあった国鉄(現JR)夕張線登川支線の駅でした。現在の場所は三代目の楓駅跡になります。ところが、駅として開業された三代目楓駅ですが、利用者がほぼゼロという状態になってしまったため、2004年からは信号場に格下げされてしまい、今も残っています。
547【北海道紀行】日本三大がっかり名所の一つ。サ〇エさんのオープニングで知り、どれほどのものか行ってみたけど…!!?『札幌市時計台』
そう、札幌といえばといってもいいほど、この街を代表する名所が札幌市時計台です。明治期であろうその外観は、他にもいろいろと名所が流れていたた中で最も記憶に残った場所でした。いつかこの場所に行ってみたい!幼いながらに思い続けたその気持ちは、とうとう実現されることとなります。
543【北海道紀行】日本の北にもあった。日本を代表する100万ドルの夜景『函館山からの夜景』
日本の北の端にも日本を代表する夜景を見ることができるスポットが存在するのです。それが、北海道は函館にある函館山からの夜景です。この函館山は陸繋島にあり、独特のくびれをもつ砂州の両側に海が広がり、街の灯りとその海とのコントラストが美しい、知る人ぞ知る夜景スポットなのです。
501【北海道紀行】北海道の古くからの生活様式を体験できるアイヌの集落を残した『阿寒湖アイヌコタン』
北海道の道東最大の町釧路。そして、同市の北にある阿寒湖の近くにはとある集落があるのです。ここは阿寒湖アイヌコタンといい、北海道でも最大のアイヌ集落であり、アイヌ民族が暮らし、その文化を守り伝えている場所なのです。
187【北海道紀行】戊辰戦争最後の戦いの地、特徴的な五芒星形城郭の『五稜郭』
今回紹介する五稜郭は、近代戦の考え方が反映された、特徴的な縄張りをしています。五芒星型かつ、シンメトリーなその形は非常に美しい様相でありますが、それ以上に戦の戦略的に非常に考えられた造りなのです。戊辰戦争最後の戦いの場を見に行ってみましょう。

富良野チーズ工房

富良野チーズ工房の施設

北海道の中央あたりにある富良野の地。
森にかこまれた自然豊かな場所に富良野チーズ工房はあります。
ここの敷地内には、
・チーズ工房
・アイスミルク工房
・ピッツァ工房
・手作り体験工房

の4つから成っています。

チーズ工房

チーズ工房では、実際にチーズを作っている製造室や塾生庫などの様子を見学でき、見学の最後には直販コーナーで、ここで作られたチーズの試食をすることができます。
チェダーチーズやカマンベールチーズを中心に、珍しいイカスミの入ったチーズなども試してみることができます。
実際の搾乳はできませんが、館内に牛の模型を使った搾乳体験ができるコーナーなどもあったりします。

アイスミルク工房

アイスミルク工房では、富良野で搾乳された新鮮な牛乳からつくられたジェラートが楽しめます。
もちろんチーズ工房併設ですので、チーズを使ったジェラートもあります。

ピッツァ工房

ピッツァ工房では、イタリア産のまき窯を用いて焼き上げられる本格ナポリピッツアを楽しめます。
チーズ工房で作られたモッツァレラチーズがたっぷりと使われ、地元の食材もふんだんに使われているピッツァの味は、リピーター続出の味なのだそうです。

手作り体験工房

体験工房ではバターやアイス、チーズ、パンの4種類の手作り体験教室が毎日開催されています。
どれも1000円ほどで手軽に体験することができます。
どれも空席があればその場で参加可能ですが、手作りパンのみ生地下準備の関係で3日前までに予約をすることが必要です。

アクセス

富良野チーズ工房に行ってみた

それでは実際に富良野チーズ工房に行ってみましょう。

チーズ工房に入ると、さっそく出来上がるまでのフローが展示されています。
こちらの工房では4種類のチーズが製造されています。

ガラス越しにチーズ製造をしているところが見学できます。
写真は、出来上がったチーズをパッキングしているところです。

チーズの歴史に関する展示もあります。

世界のチーズの種類についてですね。
何度かヨーロッパ方面のチーズも食べたことがありますが、やはり日本で作られたチーズは、日本人向けに造られているな、というのは感じました。
機械があれば、色々な国々のチーズも試してみたいですね。

こちらが館内にある牛の模型を用いた乳しぼり体験機です。
実際に絞ってみると、牛乳がとびだしてくるんですよw
子どもたちには大人気の様子でした。

チーズ工房を出て、ピッツァ工房に向かいます。
森の中にある工房のデザインがいいですね。

写真にのっているのが、こちらの工房いちおしのイタリア製まき窯ですね。
この窯を用いて高温短時間で焼き上げるわけです。
美味くないわけがないですね。

いかがだったでしょうか。
出来上がったものを美味しくいただくことも大切ですが、出来上がるまでの過程を知り、自分たちが食べているものがどのように作られているのかを知る『食育』の観点もとても大切ですね。
そういった過程を身近にみることができるのも北海道の魅力の一つです。
日本最大の食の宝庫 北海道で、豊かに学び、豊かに味わってみませんか。

富良野チーズ工房 - Top Page-