2020-11-06

世界の世界遺産(World Heritage)

180【ネパール紀行】”死”も日々の生活の一部『パシュパティナート』

そのためネパールでは、生まれることも、生きていくことも、そして死んでいくことも、生活の中の一部として、あたりまえのように受け入れられている光景があるのです。ネパールのパシュパティナート寺院は、亡くなった人々が次々に荼毘に付され、一日中その煙が立ち込めている場所なのです。