2021-10-03

世界の世界遺産(World Heritage)

511【ウズベキスタン紀行】西洋の帝政ロシアの文化と、イスラムの様式が折衷されたヒヴァの宮殿『ヌルッラバイ宮殿』

イチャン・カラから北に600mほど進んだところには、小さいながらも上品な雰囲気が漂う建物があります。それもそのはず、ここはヌルッラバイという宮殿なのです。じっくり見てみると、ウズベキスタンのイスラム様式があるのはもちろん、西洋洋式も垣間見ることができる建物なのです。