2022-12

映画あれこれ(Movie)

965【映画あれこれ】あふれだすリアリティ…。これが現実とならないことを祈る…『エンド・オブ・ザ・ワールド』

今回紹介しているのはとある映画なのですが、核戦争によって世界が死滅していく状況を表した映画としては、かなり古い部類に入る映画です。元々は、1959年に映画が発表された『渚にて』という映画なのですが、それが2001年にリメイクされ『エンド・オブ・ザ・ワールド』として再度映画として公開されたものなのです。
北海道(Hokkaido)

964【北海道紀行】ここで撮る記念写真は、網走ならでは『網走駅』

網走には、旭川から東に向かって伸びている石北(せきほく)本線と、釧路から北に向かって伸びている釧網(せんもう)本線の2本の路線がやってきています。2本の路線の終着駅となるのが、今回紹介している網走駅なのです。そして、この2本の路線が、網走の駅を介して直通で結びつくのです。
旅のノウハウ(Travel)

963【旅ノウハウ】遠く離れた家族に贈り物を。『グッと!地球便 〜海の向こうの大切な人へ〜』

海外の国々を取りあげたテレビ番組というものはいろいろとあります。今回紹介している番組も、日本から飛び出して海の向こうの国々を取り扱う番組なのですが、どちらかというと、そこに暮らす人々に焦点を当てた番組となっています。その番組の名前を、『グッと!地球便 〜海の向こうの大切な人へ〜』といいます。
食巡り(Food/Makanan)

962【食巡り】世界のスパイス。かつては黄金よりも価値があった『コショウ』

今回紹介しているこの香辛料。唯の植物と侮るなかれ。かつて世界の在り方を大きく変えてしまったほどの影響力をもった植物・香辛料であったのです。そして、かつては黄金よりも価値をもった時代もあったこの香辛料。そう、コショウ(胡椒)なのです。
食巡り(Food/Makanan)

961【沖縄紀行】沖縄に行った人がよくこれが書かれたものを着ていたりするんですが…『海人(うみんちゅ)』

今回紹介しているお土産は、沖縄で手に入れることができるお土産です。それは、Tシャツなどをはじめにしたものなのですが、一番多いのがTシャツでよく見られるものです。『海人』と書かれたシャツを見たことがありませんか? こちらの海人シャツですが、沖縄で一般的に手に入れることができるシャツなのです。
北海道(Hokkaido)

960【北海道紀行】広大な北海道の大地を切り拓いた先人たちを偲んだ神社『開拓神社』

北海道神宮の敷地内には、ある人々を祀っている末社があります。今回紹介しているのは、『開拓神社』といいます。"開拓"という言葉からもわかるように、この神社には、北海道を開拓した多くの功労者を祀ったものなのです。
2023.01.28
世界のわきみち(World)

959【雑記】そのイメージは戦乱に次ぐ戦乱・・・。しかし、そこに残る歴史の痕跡は見る価値の高いものが多数あるのです『シリア』

中東の国々と聞くと、どうしてもなんだか危険だなあというイメージが付きまといますよね。国同士の争いをはじめ、度重なる内戦の数々。テロの横行など、とにかくきな臭い話の多い中東の地域。その中でも、シリアという国名を聞くと、そういったイメージが強い国ではないでしょうか。なぜ、このシリアという国はそのようなイメージが強い国になってしまったのでしょうか。
北海道(Hokkaido)

958【北海道紀行】日本本土最東端の岬。日本で一番早く朝日が昇る『納沙布岬』

日本本土の中で最も一日で早く日が昇る場所は??太陽は東から登って、西に沈みます。となると、もっとも日本本土の中で東の端になるのはどこかということですよね。地図を見てみてそれがどこになるのかなあ、と探してみると、北の大地にその場所があることがわかるかと思います。その場所は北海道は道東の根室にある、納沙布岬(のさっぷみさき)なのです。
2023.02.01
北海道(Hokkaido)

957【北海道紀行】札幌といえば味噌ラーメン。味噌ラーメン店が乱立するなかでも、しっかりその存在感を示す『札幌みその』

寒い地域ですするアツアツの味噌ラーメン。想像するだけでも素晴らしい味わいが口の中に広がってきそうですね。札幌で味噌ラーメンの店を探してみるととにかくたくさん見つかることと思います。どの店をしょうかいしても外れはなさそうな札幌の味噌ラーメンですが、今回は実際に味わってきた一つのお店について紹介していきたいと思います。そのお店の名前は『札幌みその』といいます。
雑記

956【雑記】習ったことはあるけれど、実際どのような場所でいつ使われていたのか『楔形文字』

楔(くさび)とは、V字型にとがった加工をされた木片や鉄片のことです。隙間に打ち込んで木や石を割ったり広げたり、物の継ぎ目に売ったりするものです。この楔に似ていることから楔形文字と呼ばれるわけです。硬い粘土板に彫られたこの楔形文字は、かつてのメソポタミア文明で主に用いられていた文字なのです。