228【ベトナム紀行】1601年建立のフエ最古の寺院であり、シンボルでもある『天母寺(ティエンムー寺院)』

世界の世界遺産(World Heritage)
この記事は約4分で読めます。

ベトナム中部にある世界遺産の古都フエ
ベトナムにある世界遺産の中では年代的には新しい世界遺産なのですが、そんなフエの世界遺産を構成する十数か所の構成か所の中で、最も古く美しい寺院であるティエンムー寺院について今回は紹介していきます。

この寺院で最も印象に残るのは塔ですね。
川沿いにある寺院のため、対岸やリバークルーズツアーなどからでも非常にそのシンボルである塔がよく見えるのです。

そして、ここには寺院としては場違いな展示があったりします。
しかし、これにも深い歴史があるわけです。
長い戦乱の時代を乗り越えてきた寺院ですが、その痕跡も見つけることができた寺院でした。
リバークルーズツアーとセットで組まれていることが多い寺院ですよ

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • 別名天女の寺。背後に流れるフォーン川と共に、美しい景観を楽しもう。

ベトナムの世界遺産などについての記事です。

091【ベトナム紀行】クッキングパパから始まった海外旅。"初めて"はこんなことに気を付けよう。
今回は、自分が初めて経験した海外旅について書きました。今思えば、かなり無謀なことをしたなあ…とは思うのですが、この経験がなければ海外へ一歩踏み出すことはできなかったのだろうなあ、と思います。いろいろ考えて行動するのも大切ですが、直感で行動することも時には必要なのです。
121【世界遺産】行ってみたら予想以上だった世界遺産ピックアップ5
1000を超す世界遺産。実際に自分の足で赴き、実際に自分の目で見てみると、予想通り大満足なところや、少し期待外れだったと思うところなど、行ってみないとわからないことがたくさんありますよね。そんな中で、行ってみたら予想以上だった世界遺産をピックアップしてみました。
096【ベトナム紀行】世界遺産ホイアンの町 今昔物語
ベトナム中部にある世界遺産の都市ホイアン。1999年に世界遺産登録されて以降、年々観光都市として洗練されていっている様子です。今回は、2002年当時と2017年とを比較しながら、ホイアンがどのように移り変わってきたのかを見ていきたいと思います。
258【ベトナム紀行】ベトナム戦争の戦禍を乗り越えた7~13世紀にかけての遺構群『ミーソン聖域』
ベトナムには数々の世界遺産がありますが、歴史の重みを感じられる遺跡としてはミーソン聖域がとてもお勧めです。チャンパ王国によって造られた遺構がとても貴重なものなのですが、それに加えてここがベトナム戦争の惨禍にまきこまれた遺跡だということも重要なポイントなのです。

世界遺産 古都フエ

世界遺産古都フエとその構成要素については、以下の記事に詳しく記載しています。

207【ベトナム紀行】グエン朝の帝廟、中国とフランスの影響を受けた独特な折衷様式『カイディン帝廟』
ベトナム中部のフエのエリアは、今から約200年前から約150年間この地に存在したグエン(阮)朝の都がおかれた地でした。13代まで続いたグエン朝の王族ですが、その霊廟がいくつかこのフエの地には残されています。今回紹介しているカイディン帝廟もそんなグエン朝の皇帝の陵墓の一つです。

天母寺(ティエンムー寺院)

ティエンムー寺院は、古都フエの中でも最も古い、1601年に創建された寺院と庭園との景観が美しい寺院です。
この寺院には伝説があり、あるとき、白髪と白い眉毛の老婆が地元の人に、トゥニャン塔を建てる人物がやってくることを予言しました。
その老婆が実は天女でったため、その記念に建てられたこの寺は天女の寺という名前でも呼ばれています。

寺院の南部にある仏塔がトゥニャン塔(慈悲塔)であり、幸福と天の恵みという意味を持つ名前の塔です。
高さ21.24mの七層八角形という特徴的な形になっています。
塔の内部には、各層には仏像が安置されているそうですが、見ることはできませんでした。
塔の両側には2tもの重さがある鐘と、亀に載せられた石碑があります。

アクセス

フエ王宮からフォーン川を川上へ3kmほどの場所にあります。

天母寺(ティエンムー寺院)

それでがティエンムー寺院へ行ってみましょう。

ティエンムー寺院

ティエンムー寺院北側にある門から寺院の敷地内に入ります。

敷地内に入ると、一台の青い自動車が展示されています。
これが、ベトナム戦争時1963年に政府に抗議して焼身自殺をした住職がサイゴンまで乗り込んでいった時に使っていた車が展示されている。

ティエンムー寺院の内部です。

寺院の前には線香がたかれています。
日本の寺院でもよく見かけますね。

ティエンム寺から川の方を眺めると、フエのシンボルでもあるトゥニャン塔が見えました。
それでは塔に向かって行きましょう。

トゥニャン塔

トゥニャン塔につきました。
七層で八角形の特徴的な形ですね。
約20mの高さがあるために遠くからもよく見えます。

仏塔の北側には、トゥニャン塔の歴史について書かれた石碑があります。

塔の横には亀とそこに載せられた石碑があります。

亀の像の反対側には、重さ2tにもなる鐘が飾られていました。

フォーン川側にやってきました。

フォーン川側からトゥニャン塔を見上げています。
こちら側に入り口があるようですが、内部は見ることができませんでした。

トゥニャン塔を過ぎると、すぐ裏手にフォーン川があり、有名なドラゴンボート乗り場があります。

大体ツアーでは、ティエンムー寺院とドラゴンボートでのリバークルーズがセットになっています。

リバークルーズに出発です。
川からもトゥニャン塔が非常によく見えていますね。

この後ドラゴンボートは、川を3kmほど下って、フエ王宮に向かいます。

いかがだったでしょうか。
見どころの多い古都フエで、王宮とカイディン帝廟に続いてティエンムー寺院を紹介しました。
フエで最も古い寺院ということで、王宮や帝廟などに比べるとさらに200年ほど古い寺院であり、王宮が築き上げてきた文化とは異なるフエの姿を見ることができる世界遺産でした。