267【旅ノウハウ】公式ブラ〇モリ本を持って、旅をより深めよう

旅のノウハウ(Travel)
この記事は約8分で読めます。

旅行にはつきもののガイドブック
何も持たずに旅に出るのも、それはそれで面白いところはあるのですが、全く見ず知らずの地に行くときには一冊持っていたほうが安心ですよね。
特に限られた時間の中で効率よくまわるためには必須のアイデムではないでしょうか。

海外旅であれば真っ先に思いつくのは『地球の歩き方』ですね。
バックパッカーにはマストのアイテムですが、最近はスマホで調べられるので少し下火かなという感じもします。
地球の歩き方の派生版としては、オシャレな旅に特化した『aruco』や、旅のテッパン情報だけを厳選した『plat』などもありますね。
有名な観光地であれば『るるぶ』や『まっぷる』もそろっていますし、英語が使いこなせれば『ロンリー・プラネット』という選択肢もあります。

108【旅ノウハウ】旅ガイドブック『地球の歩き方』の歩き方
海外旅のお供といえば『地球の歩き方』がぱっと思いつきますよね。一昔前であれば、これを片手に旅をしたものですが、近年はずいぶん旅のスタイルも変わってきました。しかし、まだまだ地球の歩き方の活用し処はあるのではないでしょうか。

日本国内の旅であればさらに選択肢は増えてきます。
よくチョイスするのは、やはりムダなく効率的に楽しめる『るるぶ』や『まっぷる』でしょう。
ところで、旅をしていると、「もっとディープな旅がしたいなあ・・・」と思うときがあったりします。
そんな方には今回紹介する『ブラ〇モリ』の書籍はいかがでしょうか。
王道の旅も楽しいのですが、ディープな歴史や、ディープな自然や、ディープな触れ合いがもりだくさんのブラ〇モリ。
きっとその旅が忘れられない旅になりますよ。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • 旅の楽しみ方はさまざま。そんな中で、ディープで痒い所に手が届く旅を求めている方にはお勧めのガイドブックです。

ブラ〇モリ本を片手に巡った鎌倉紀行です。

242【神奈川紀行】ブラ〇モリの鎌倉回を再現してみよう
旅好きにはたまらない番組『ブラ〇モリ』。日本の各地をコアに掘り下げて紹介してくれるため、これまでに自分が行ったことがある場所であったとしても、再び訪れたくさせてくれる番組です。今回紹介する鎌倉の街も、ブラ〇モリで紹介された場所なのです。

ブラ〇モリ

歴史や地質などに造詣が深いタモリさん
そのタモリさんが、日本各地(数回世界にも進出しています!)を散策する街歩き番組ではあるのですが、数多ある旅番組とは一味違うのがこのブラ〇モリです。
その町に古くから残る建造物や、道、地質を、タモリさん独自の視点で掘り下げながら、その町ができたいきさつなどを解きあかしていきます。
そこに登場する知識はあまりにも深く、時には専門家以上の知識や用語が飛び出したりします。
しかし、この番組は、入念に下調べと準備が行われており、だんだんとその町にまつわる謎や疑問が解明されていくことで、ただの旅番組以上に、その土地に対して愛着がわいてくるのです。
今では、様々な場所からブラ〇モリの誘致が行われるほどのオバケ旅番組になりました。

ちなみに、タモリさんには現地に行くまで、どこについて取り上げるのかや、何をテーマにしているのかなどは秘密にされているそうです。
そしてアシスタントのアナウンサーたちも下調べが禁止されているのだそうです。
そんな状態でロケに入るにもかかわらず、この番組ではタモリがどこであってそのロケをリードする姿が見られます。
タモリさんの知識の豊富さあってこその番組なのです。

ブラ〇モリ書籍化

タモリさんがおくる旅番組『ブラ〇モリ』。
2008年から放送されているこの番組。
待望の書籍が刊行されたのは2016年でした。

内容としては、その土地度地に残る深ーい歴史や文化が多数の写真入りで紹介されていたり、タモリさんが愛してやまない地理や地質に関する知識、その他撮影にちなんだエピソードなどもりだくさんの書籍なのです。
そして、何よりありがたいのが、その放送回で歩いた行程が地図になっているところです。
ブラ〇モリ本を片手に旅に出るときは、この地図を頼りに歩いていくと、タモリさん一行が出会った発見を共有できるわけなのです。

ラインナップ(随時更新予定)

2021年1月現在、18巻までが発刊されています。
コロナ禍に入ってからは新刊のリリースがストップしています。

①長崎 金沢 鎌倉

・長崎(“坂の町・長崎”の始まりとは?;長崎の近代化は海から?)
・金沢(加賀百万石はどう守られた!?;金沢は美のまち!?)
・鎌倉(鎌倉800年の“まちづくり”とは?;鎌倉が観光で発展し続ける理由は?)

②富士山 東京駅 真田丸スペシャル(上田・沼田) 

・富士山(富士山はなぜ美しい?;人はなぜ富士山の山頂を目指す?)
・東京駅(東京駅の巨大地下空間は歴史の生き証人!?)
・真田丸スペシャル 上田&沼田(真田の城造りのスゴさを知る!;河岸段丘の上に造られた天空の城下町)

③函館 川越 奈良 仙台

・函館(レールはどう函館を目指す?;函館の夜景はなぜ美しい?)
・川越(なぜ川越は小江戸と呼ばれる?)
・奈良(奈良発展の秘密は“段差”にあり!?;観光地・奈良はどう守られた?)
・仙台(伊達政宗は「地形マニア」!?;杜の都・仙台の秘密とは?)

④松江 出雲 軽井沢 博多・福岡

・松江(国宝松江城の城下町はどうつくられた?)
・出雲(出雲はなぜ日本有数の観光地になった?)
・軽井沢(軽井沢はなぜ日本一の避暑地になった!?;軽井沢への道―人はどう「峠」を越えてきた?)
・博多・福岡(博多誕生のカギは「高低差」にあり!?;福岡発展のカギは「鉄道」にあり!?)

⑤札幌 小樽 日光 熱海 小田原

・札幌(なぜ札幌は200万都市になった?)
・小樽(観光地・小樽発展の秘密は『衰退』にあり?)
・日光(日光東照宮は江戸のテーマパーク?;日光はなぜ“NIKKO”になった?)
・熱海(人気温泉地・熱海を支えたものは?)
・小田原(江戸の原点は小田原にあり?)

⑥松山 道後温泉 沖縄 熊本

・松山(四国一の街・松山はどうできた?)
・道後温泉(道後100万人の湯はどうできた?)
・沖縄(王都・首里はサンゴでできている?;那覇は2つある!?)
・熊本(熊本城は“やりすぎ城”?;“火の国”熊本は“水の国”?)

⑦京都(嵐山・伏見) 志摩 伊勢(伊勢神宮・お伊勢参り)

・京都(嵐山はナゼ美しい!?)
・京都(伏見は“日本の首都”だった!?)
・伊勢(志摩の宝は絶景が生んだ!?)
・伊勢(人はなぜ伊勢を目指す?)

⑧横浜 横須賀 会津 会津磐梯山 高尾山

・横浜(横浜の秘密は“ハマ”にあり!?)
・横須賀(なぜ横須賀は要港っスカ?)
・会津(会津人はアイデアマン!?)
・会津(会津磐梯山は“宝の山”?)
・高尾山(高尾山はナンバーワンの山?)

⑨平泉 新潟 佐渡 広島 宮島

・新潟(新潟は“砂”の町!?)
・佐渡(“黄金の島”佐渡は“キセキの島”!?)
・広島(広島はステキなシティ!?)
・宮島(宮島は“神の島”!?)
・平泉(黄金の都・平泉はなぜ栄えた?)

⑩富士の樹海 富士山麓 大阪 大坂城 知床

・富士の樹海(日本を支えた?樹海の正体とは!?)
・樹海の神秘(日本を支えた?樹海の正体とは!?)
・富士山麓(富士山最大の玄関口はどうできた?)
・大阪(大阪はなぜ日本一の商都に?)
・大坂城(大坂城はなぜ難攻不落?)
・知床(世界遺産・知床は“火山”のおかげ!?)

⑪初詣スペシャル成田山 目黒 浦安 水戸 香川(さぬきうどん・こんぴらさん) 

・東京・目黒(目黒は江戸のリゾート!?)
・浦安(なぜ浦安は“夢と魔法の町”になった?)
・さぬきうどん(なぜ“さぬきうどん”は名物になった?)
・こんぴらさん(人はなぜ“こんぴらさん”を目指す?)
・水戸(水戸黄門は なぜ人気があるのか?)
・初詣スペシャル 成田山新勝寺

⑫別府 神戸 奄美

・別府温泉(別府はなぜ 日本一の温泉に?)
・別府(巨大温泉都市・別府はどうできた?)
・神戸の港(神戸はなぜ1300年も良港なのか?)
・神戸の街(神戸はなぜ“ハイカラ”なのか?)
・奄美大島(自然をいかした 奄美の“宝”とは!?)
・奄美の森(なぜ奄美は 生き物の楽園!?)
・奄美の海(なぜ奄美は 生き物の楽園!?)

⑬京都(清水寺・祇園) 黒部ダム 立山

・京都・清水寺(人はなぜ清水を目指す?)
・京都・祇園(日本一の花街・祇園はどうできた?)
・黒部ダム(黒部ダムは なぜ秘境につくられた?)
・黒部の奇跡(黒部ダムは なぜ秘境につくられた?)
・立山(北アルプス・立山は なぜ神秘的?)

⑭箱根 箱根関所 鹿児島 弘前 十和田湖・奥入瀬

・箱根(箱根の地獄が 極楽を生んだ!?)
・箱根関所(鉄壁!箱根の関所は なぜ破れない!?)
・鹿児島(なぜ鹿児島は 明治維新の主役となれた?)
・薩摩の奇跡(なぜ鹿児島は 明治維新の主役となれた?)
・弘前(サムライがつくった 弘前の宝とは!?)
・十和田湖・奥入瀬(十和田湖は なぜ“神秘の湖”に?)

⑮名古屋 岐阜 彦根

・名古屋~尾張名古屋は 家康でもつ?)
・名古屋・熱田~尾張名古屋は 家康でもつ?)
・ものづくり名古屋~名古屋が生んだ“ものづくり日本”とは?)
・岐阜~岐阜は 信長が夢見た“平和の都”!?)
・彦根~なぜ 家康は“彦根がイイ”と思った?)

⑯富士山・三保松原 高野山 宝塚 有馬温泉

・初夢スペシャル 富士山・三保松原
・高野山(高野山は空海テーマパーク!?)
・高野山と空海(高野山は空海テーマパーク!?)
・高野山の町(高野山は なぜ“山上の仏教都市”に?)
・宝塚(ナゼ 宝塚は“娯楽の殿堂”になった?)
・有馬温泉(有馬温泉♨人気は なぜ冷めない?)

⑰吉祥寺 田園調布 尾道 倉敷 高知

・東京・吉祥寺(なぜ 人は吉祥寺に住みたがるのか?)
・田園調布(田園調布は どう超高級住宅街になった?)
・尾道(なぜ人は尾道に魅せられるのか?)
・倉敷(なぜ美しい町並みが倉敷に?)
・高知(高知の町は なぜ龍馬を生んだ?)

⑱秩父 長瀞 大宮 室蘭 洞爺湖 宮崎

・秩父(秩父はず~っと 日本を盛り上げた!?)
・長瀞(なぜ長瀞は人をひきつけるのか??)
・大宮(なぜ大宮は 鉄道の町になったのか?)
・室蘭(工業都市・室蘭を生んだ奇跡とは!?)
・洞爺湖(なぜ “世界の洞爺湖”になった?)
・宮崎(なぜ 宮崎は“南国リゾート”になった?)

いかがだったでしょうか。
今回のブログの内容は、日本国内の旅行にでる際に、ブラタモリで取り上げられ、書籍化されているところがないか、確認する際に利用していただければと思います。
もしその行先を取り上げた回の本があったとすれば、それは忘れられない旅になること間違いないでしょう。