334【ベトナム紀行】ベトナム中部の拠点都市。日本からの直行便も開通する『ダナン』

ベトナム(Vietnum)
この記事は約4分で読めます。

国の東が全て海に面した国ベトナム
と、考えると頭に浮かぶのはビーチリゾートですよね。
確かに近年、ベトナムは急速にビーチリゾート開発が進められています。
そんななかでも、非常に注目を集めている街がベトナム中部にあるダナンです。

近代になって開発されてきた港湾都市且つ、アメリカ軍の基地がおかれた街でもありましたが、高層ホテルの建設ラッシュや新しいお店などが次々とオープンするなど、観光者たちがたくさん集まる街としてその存在感を高めていっています。

ダナンの良さはそれだけではなく、ベトナム中部の見どころにアクセスする場合にその拠点としてベストな位置にあるということもあげられます。
ここを拠点にして、ベトナム中部の良さを堪能しに行きませんか。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • 日本から直行便でダナンへGO!おかげで世界的に有名な世界遺産にも楽々アクセスできるようになりました。

ダナン

ベトナムのダナンは、南の中心都市であるホーチミンシティ、北にあるベトナムの首都であるハノイに次いで大きなベトナム第三の産業都市です。
ダナン湾に面し、孫チャーハン等に囲まれた港湾都市でもあります。
かつてベトナム中部の港湾都市といえば世界遺産都市ホイアンだったのですが、船舶が大型化し、底の浅い港では対応できなくなってきまいした。
そのため、18世紀ごろからはそういった大型の船舶が入ることができる港としてダナンは発展してきました。

しかし、ベトナム戦争の時にはこのダナンはアメリカ軍の基地がおかれていた基地の街でした。
現在ではその面影を見ることもなく、立ち並ぶ高層ホテルに、ビーチと浜辺に並ぶ新鮮な魚介類を取り扱う店々。
そして、リゾートとしての開発が急速に進められている注目の集まる街なのです。

近年は日本からの直行便も開通したため、アクセスが非常によくなりました。
ダナンは中部観光の中心地であるため、ダナンのリゾートを求める人々だけではなく、周辺にあるホイアンやフエ、ミーソン聖域といった世界遺産にアクセスする場合も、ここダナンを中心にすると非常に効率よく訪れることができるのです。

アクセス

南北に非常に長いベトナムでは、ホーチミンもしくはハノイから国内便で1時間弱で到着します。
列車やバスも通っていますが、15~20時間ほどかかるなど、行程に余裕がある場合には活用しても面白いことでしょう。

ダナンへ行ってみた

というわけで、ダナンへ行ってみましょう。
まずはダナンで最も有名なシンボル、龍の橋です。

ロン橋

ロン(龍)橋という名前の通り、橋の中心を巨大な龍が端から端まで泳ぐ姿が現されています。
夜になるとライトアップされ、ダナンの中心的な観光スポットとなっています。

また、週末土日限定で、夜21時から、龍の口から炎と水しぶきが吐き出されます。
週末の夜はこの周辺は大勢の人々でにぎわいます。

ダナンビーチ

ダナンの東海岸にはビーチが集まっており、それに面して数多くのホテルが建設されています。
このエリアには大勢の外国人観光客が集まっており、年々その人気は高まっています。

プールを備えたホテルも多く、ダナンの広大な海を眺めながら泳ぐことができるホテルもあります。

シーフードレストラン

ダナンはベトナムを代表する漁港でもあります。
そのため、この海に面したエリアは、魚介類の直売所をはじめ、新鮮なシーフードを取り扱ったレストランが集中しています。

ダナンからアクセスのよい観光地

ホイアン

ダナンより古い歴史を持つ小さな港町、世界遺産ホイアンもダナンからは楽々アクセスです。
バスで1時間もかからずに到着することができます。

096【ベトナム紀行】世界遺産ホイアンの町 今昔物語
ベトナム中部にある世界遺産の都市ホイアン。1999年に世界遺産登録されて以降、年々観光都市として洗練されていっている様子です。今回は、2002年当時と2017年とを比較しながら、ホイアンがどのように移り変わってきたのかを見ていきたいと思います。

ミーソン聖域

古代チャンパ王国の聖なる遺跡であるミーソン聖域にも1時間と少しで訪れることができます。
こちらもベトナムを代表する世界遺産です。

258【ベトナム紀行】ベトナム戦争の戦禍を乗り越えた7~13世紀にかけての遺構群『ミーソン聖域』
ベトナムには数々の世界遺産がありますが、歴史の重みを感じられる遺跡としてはミーソン聖域がとてもお勧めです。チャンパ王国によって造られた遺構がとても貴重なものなのですが、それに加えてここがベトナム戦争の惨禍にまきこまれた遺跡だということも重要なポイントなのです。

フエ

ベトナム最後の王朝があったフエへもバスで3時間ほどです。
こちらも世界遺産に登録されています。
若干遠くはなりますが、ダナンからの日帰りは可能です。

207【ベトナム紀行】グエン朝の帝廟、中国とフランスの影響を受けた独特な折衷様式『カイディン帝廟』
ベトナム中部のフエのエリアは、今から約200年前から約150年間この地に存在したグエン(阮)朝の都がおかれた地でした。13代まで続いたグエン朝の王族ですが、その霊廟がいくつかこのフエの地には残されています。今回紹介しているカイディン帝廟もそんなグエン朝の皇帝の陵墓の一つです。
228【ベトナム紀行】1601年建立のフエ最古の寺院であり、シンボルでもある『天母寺(ティエンムー寺院)』
ベトナム中部にある世界遺産の古都フエ。ベトナムにある世界遺産の中では年代的には新しい世界遺産なのですが、そんなフエの世界遺産を構成する十数か所の構成か所の中で、最も古く美しい寺院であるティエンムー寺院について今回は紹介していきます。
191【ベトナム紀行】ベトナム中部のグエン朝時代の世界遺産『フエの建造物群』
ベトナムにも数々の世界文化遺産がありますよね。最も古くに登録されたのが、ベトナム中部にあるフエの建造物群なのです。このフエの建造物群ですが、ベトナム最後の王朝の王都として築かれ、数々の戦禍を乗り越えてきたのが、現在残っている王宮をはじめとしたフエの建造物群なのです。

いかがだったでしょうか。
ベトナムにはいくつかの世界遺産が登録されていますが、この中部にも今回紹介した3ヶ所が登録されています。
ビーチリゾートで楽しみ、ショッピングをして、歴史を感じることもできる。
そんなダナンは、今後のベトナム観光の中心地にもなるであろうポテンシャルを秘めている街なのです。