355【ニュースあれこれ】フランスといえばフランスパンのバゲット。UNESCOの無形文化遺産登録となるか!?

ニュースあれこれ(News)
この記事は約4分で読めます。

パンはお好きですか?
年を重ねるごとに、日本国内で手に入るパンの種類は膨大に増えてきましたね。
日々新しい種類のパンが開発されたり、世界各国の美味いパンが日本に入ってきているように思います。
しかし、ベーシックなパンの美味さにはかなわないところもありますよね。
そんなベーシックなパンの代表的なものの一つがフランスパンです。
今回はそんなフランスパン『バゲット』についてのニュースを見つけました。

伝統的な価値観を大切にするフランスですので、フランスパンもその製法や素材などはこだわりを持って伝統が受け継がれてきているのだと考えていました。
しかし、そんなフランスでも押し寄せてくる大量生産大量消費の近代的合理化の波には太刀打ちできないところもやってきているようですね。

ところが、それにやすやすと屈するのがフランスではありません。
しっかりと受け継がれてきた伝統を次の世代に受け継ぐべく、その技術や製法をしっかりと保護する為に、彼らは動き出したのです

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • 決められた素材。決められた製法。そういった厳しすぎるほどの取り決めが、伝統的な味を受け継いでいくのです。

フランスパン

バゲットとは細長い形状が特徴のフランスパンです。
エッフェル塔と同じくらいフランスを象徴するのがこのフランスパンですが、製法としては小麦粉・塩・水・イーストのみで作られ、砂糖や卵、油などを用いずに作られ、細長い形状であるもののその硬さが非常に特徴的なパンです。

そんなバゲットがユネスコの無形文化遺産に加わるかもしれないというニュースが世界を駆け巡りました。
ところでこのバゲットですが、素材がシンプルであるがゆえに、配合の方法から、焼成などの時間、そして素材にいたるまで、職人の力量が最も発揮される難しいパンなのです。

ところがフランスでも人々の生活様式に変化が訪れており、これまではバゲットといえば地元のパン屋で、となっていたのが、巨大な工場組立ラインで作られたパンによってその地位が危ぶまれているらしいのです。

そういった状況に危機感を持ったフランスのパン屋連合の人々は、国連の無形文化遺産に対して登録の申請書を提出したのだそうです。
しかし、フランスとしてこれを無形文化遺産として登録するためには、国内にある伝統的な屋根やワインフェスティバルといったライバルと対峙しなければなりません
しかし、そういった困難を乗り越えてもなお、無形文化遺産に登録されることには意味があるのです。

ユネスコに登録されることは、これまで受け継がれてきたノウハウが保護され、世界中からその存在が保護されるのです。
バゲットは1993年にフランス政府の法令によって、4つの古くから伝わる純粋な材料だけで作られなければならないと定められており、生地の発酵温度やその時間までもが定められており、それを満たすことで本物のバゲットとして認められるのです。
こういった、口承で伝わってきた伝統や社会的慣習、儀式、伝統的な職人技の方法などが保護されるのです。
これまでにも、ベルギーのビールの醸造技術や、ナポリのピザ職人の技術、そして、パンの古代の製法などがすでに保護されている前例があるのです。

フランスのパン屋たちは、世界中を襲ったCOVID-19の社会制限によって大きな打撃を受けました。
そのような背景からも、この一連の動きが、フランスのパン屋を励まし、後押しするのです。
こういった一般の人々による、自分たちの文化や習慣を守ろうとする動きこそが、受け継いできた技術を次の世代に引き継いでいくことができる力になるのでしょう。

French bakers want UNESCO designation for baguettes
The baguette - a mix of wheat flour, water, yeast, salt and a pinch of savoir-faire and as much a symbol of France as the Eiffel Tower - may soon join UNESCO's ...



いかがだったでしょうか。
まあ、日本でも伝統的な様々なものがユネスコの無形文化遺産に登録されています。
大きく話題になったのは日本の和食でしょうか。
それだけではなく、歌舞伎や人形浄瑠璃などの芸能、和紙製法や木材建築などの職人たちに伝わる技法など、幅広く受けつがれたきた価値あるものが登録されているのです。

今の私たちが伝統を消費するだけでなく、しっかりと次の世代に引き継いでいく未来志向をもっていること。
それこそが、しっかりと伝統を守り続けていく力になるのですね。