356【城あれこれ】三大名城、どこを思い浮かべますか?実はいろいろある日本の三大名城

百名城/続・百名城(Castle)
この記事は約4分で読めます。

どんなものでも、それを代表するものというものは存在します。
日本国内に数ある城の中にも、名城が数多く存在し、それぞれの特徴ごとに三大○○名城と分類されるような三大名城が存在しています。
しかし、単に三大名城といっても、色々な三大名城が存在しているのです。
例えば規模の大きな城であったり、造り手によるものであったり、造られた場所ごとに寄るものであったりです。
今回は、日本国内で三大名城と呼ばれるいろいろな三大○○名城をいろいろと調べてみて集約してみました。

しかし、一番は、自分自身で色々な城を訪れ、その中から自分だけの三名城マイ名城を見つけてみるのが一番かもしれませんね。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • 実はいろいろあった三大名城。迷った時はまずここから攻めてみるのが良いかもしれませんね。

三大名城

三大名城というキーワードで色々と調べてみたところ、日本には様々な三大名城があること分かりました。

日本三大名城

日本を代表する3つの城として選ばれている城です。
代表的には次の5つの城(※江戸城は別格扱いのことが多い)から3つというのが多いようですが、城の規模であったり、天守の規模、築城者などによって分類されるため、それぞれ様々な言い分があるようです。

江戸城(※)
名古屋城
大坂城
姫路城
熊本城

095【東京紀行】耳を疑った、「江戸城ってどこにあったの?」 ここにあったのですよ!
東京と言えば古くは江戸。江戸といえば江戸城ですよね。しかし、現在東京に住んでいる方々。江戸城の場所って知っていますか?先日テレビに出ていたタレントが、江戸城が現在どうなっているかを知らずに仰天しました。今回は江戸城跡、現在の皇居から、江戸城の遺構を見つけていきたいと思います。
354【兵庫紀行】日本初の世界遺産であり、真っ白な姿が美しい魅せる城『姫路城』
姫路城は江戸時代初期の、まだ西国の大名たちが油断できない時期に建てられたこともあり、城の造りとしては戦いのための城になっていることも特徴です。そのため、実際に姫路城に訪れて見ると、天守は見えているのになかなかたどり着けない。。。入り組んだ工夫が盛りだくさんの構造となっているのです。

城郭の規模による三大名城

姫路城
名古屋城
大坂城

天守による天守による三大名城

名古屋城
姫路城
熊本城
※これは江戸時代を基準とされているようであり、江戸時代に入る前に大坂城は天守が焼失したため入っていないのだそうです。

三大平山城

平山城とは、山城よりも低く、小高い山や丘などに作られた城でした。
丘に建てられた城は別名で丘城ともいわれます。

津山城
姫路城
伊予松山城

239【愛媛紀行】平山城だけどキツイ登りをロープウェイ・リフトで楽々アクセス!現存天守『伊予松山城』
今回は現存天守の一つ、愛媛県の伊予松山城について紹介していきます。伊予松山城は現存する天守だけではなく、本丸と二之丸をつなぐ登り石垣、東と北の山麓に配置された郭など、堅牢な城構が良好に残されている城跡なのです。

三大連立式平山城

平山城の中でも連立式とは、天守とその周りの縄張り型式のひとつであり、天守・小天守・櫓などが渡櫓などでつながれ、上から見ると四角い形になる城です。

姫路城
伊予松山城
和歌山城

347【和歌山紀行】紀州徳川家の居城だった、江戸時代の西日本の中心地の一つ『和歌山城』
江戸時代には、徳川御三家として水戸徳川家、尾張徳川家、紀州徳川家とありました。もちろん徳川宗家に次ぐ格式高い藩であるため、そこに建てられた居城や街づくりは、その他の地域と比べると壮大な規模となっているのです。今回はその中でも紀州徳川家の居城であった和歌山城を紹介していきます。

三大山城

山城は高い山に造られており、麓から頂上までの高さが数100mというのが一般的であり、山上や山から続く尾根の先などを利用して造られています。

岩村城
高取城
備中松山城

148【奈良紀行】日本の山中にまさかのアンコールのような古代遺跡!!?『高取城』
今回は奈良県にある高取城を取り上げます。奈良県の城といえば郡山城の名前が良く上がるのですが、実は奈良県には百名城にも登録されている、日本でも最大規模の面積を誇った山城があったのです。しかも山林に囲まれた城の様子はまるで・・・!?
156【岡山紀行】現存天主唯一の山城『備中松山城』は、山上にあったからこそ解体を免れた
現在日本に残っている現存天守12か所のうち、唯一の山城が備中松山城です。備中松山城は数々の幸運が重なり、解体されずに現在までその天守を残しています。そして、その偶然な幸運があったからこそ、日本で唯一『天空に浮かぶ現存天守』を見ることができる場所になったのです。

三大水城

 水城とは海のすぐそばに造られ海城とも呼ばれる城です。
そのため、城を囲む堀に海水などを利用している場合もある城です

高松城
今治城
中津城

206【香川紀行】海城だった名残がちらほらと見えてくる『高松城(玉藻城)』
香川県高松の海から少し入ったところにある高松城は、現在では海に直接面している城ではないのですが、築城から明治期まで、本当に海に面していた全国的にも珍しい海城なのでした。当時は、海側から見た高松城の姿は本当に素晴らしいものだったのだそうです。

三大湖城

湖城とは、湖の沿岸に建てられた城のことであり、湖を堀の代わりに用いていました。

松江城
膳所城
高島城

226【島根紀行】地元の人々の力で解体を免れた、近世平山城の現存天守『松江城』
今回は現存天守 松江城について紹介していきたいと思います。松江城は、明治時代の廃城令によって取り壊される寸前の状態になりますが、後世のために残そうと、多くの人々の尽力により、解体を免れ、現在もその荘厳な姿を残し続けています。

東北三名城

東北地域にある城の中でも特に美しいとされた3つの名城です。

会津若松城
白河小峰城
盛岡城

上州真田三大名城

上州(現在の群馬県)で、真田家に関係する3つの名城です。

沼田城
名胡桃城
岩櫃城

武田三大名城

武田家に関係する3つの名城であり、家臣であった真田三大名城とも被る城もあります。

岩殿城
岩櫃城
久能山城

因幡三大名城

現在の鳥取県の地域にあった3つの名城です。

若桜鬼ヶ城
鳥取城
鹿野城

三大天空城

山城の中でも、雲海に浮かぶ優美な姿が見られるような3つの天空の城です。

越前大野城
竹田城
備中松山城

169【兵庫紀行】元祖日本のマチュピチュ。天空の城跡ブームはここから『竹田城』
竹田城は、兵庫県朝来市にある山城の城跡です。近年、日本のマチュピチュとして一躍有名になった城ですね。城跡そのものも、鳥が羽根を広げた形に曲輪が配置されているの非常に美しい城跡ですが、運が良ければ早朝に見ることができる竹田城の雲海の光景も非常に有名ですね。

世界三大名城

実は、世界三大名城に日本のあの城が入っていたのです。

ノイシュバンシュタイン城(ドイツ)
姫路城
紫禁城(中国)

マイ三大名城

最後に、自分が選ぶ三大名城を紹介してみたいと思います。
三つ共に、自分自身で訪れ、印象に残った城であるため、非常にお勧めのできる城です。

鎌刃城

ザ・山城で、ここを超える山城は今の処見ていないような。
規模というよりも、自然の地形をこれでもかと使った素晴らしい山城です。

090【滋賀紀行】史上最も過酷だった山城『鎌刃城』で山城の真髄を見た
滋賀県は琵琶湖の東に位置する、続日本百名城に登録されている鎌刃城。戦国期の近江を舞台として、数々の戦いを経てきた、防衛のための山城です。そんな鎌刃城ですが、続百名城登録から徐々に盛り上がりの機運を感じています。そんな鎌刃城跡を登城してきました。

鬼ノ城

いろいろと城はありますが、古代に大和朝廷によって設けられた城ということで、全国各地に数々ある城の中でも非常に特色のある城です。

118【岡山紀行】戦国期の城とは一味違う、大和朝廷に築かれた古代の城『鬼ノ城』
これまでに紹介してきた百名城とは一味違う、大和朝廷によって築かれたとされる古代日本の城跡が岡山県にあります。今回の記事で紹介する『鬼ノ城』は、戦国期や江戸時代に見られるような城のつくりとは異なり、あまり残されていない記録から調査・研究を経て、復元が進められている城跡です。

丸岡城

こじんまりとしていますが、現存天守の中でも非常に印象深い天守の城でした。

273【福井紀行】北陸地方に唯一残る現存天守『丸岡城』
今回は北陸に唯一残る現存天守、福井県の丸岡城について紹介していきたいと思います。現存天守の風格漂う、見に来た人々が大満足できる天守です。その造りをじっくりと眺めてみると、豪雪地帯である北陸ならではの工夫が施された、当時の建築手法がよく伝わる天守となっているのです。



いかがだったでしょうか。
調べてみるといろいろな三大名城があることがわかりました。
今回の情報をもとにまずは有名どころを攻めてみて、そこから自分なりのマイ三大名城を見つけていくことができるといいですね。