408【インドネシア紀行】インドネシアの汁物料理。優しい味が日本人好みな『ソト・アヤム』

食巡り(Food/Makanan)
この記事は約3分で読めます。

それぞれの国には国民食があります。
日本でいうと、ご飯とみそ汁。
うどんやそばなどなどでしょうか。

そして、インドネシアにももちろん国民食があります。
日本でもおなじみのナシ・ゴレンミー・ゴレンといったものは有名ですね。
しかし、他に麺類や汁物が欲しくなってくると思います。
そこで今回紹介しているのはソト・アヤムです。
ソトはスープを、アヤムというのは鶏肉のことを言います。
このソト・アヤムというのは、チキンスープなのです。
『東南アジアなのだから、辛いんじゃないの??』
と思わるかもしれませんが、インドネシア料理は非常にあっさりしているものが多く、日本人好みのものがとても多いのです。
それでは、ソト・アヤムとはどういったものなのか、紹介していきたいと思います。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • 日本人にもピッタリな優しい味のスープ。春雨や麺などを入れても大満足なソト・アヤムを食べてみよう。

インドネシアの食に関する記事です。

436【インドネシア紀行】インドネシア東ジャワ地方の名物スープ。黒い色とその味には秘密があった『ラウォン』
今回紹介しているのは、インドネシアの中でも東ジャワの大都市スラバヤが発祥といわれている黒いスープ"ラウォン(RAWON)"です。このスープ、黒いスープといいましたが、実際見てみるとびっくりするほど真っ黒。しかし、一口このスープを味わってみると・・・!!?
428【インドネシア紀行】インドネシア発のチョコレートブランド。まだまだ世界には様々なものが隠されていそうです『ダリK』
インドネシアにカカオのイメージがありませんよね。そこには理由があったのですが、その理由に目を付けたある日本の企業がインドネシア産のカカオに世界の目が向く動きを始めたのです。では、この日本の京都の企業『ダリK』は一体インドネシア産カカオのどこに注目したのでしょうか。
351【インドネシア紀行】インドネシア日清がけっこう残念な中で、善戦をする『激辛ラーメン』
カップヌードルのラインナップが縮小傾向にあるインドネシア日清食品に落胆してしまってはいけません。まだまだ同社には隠されたおすすめ商品があったりするのです。今回紹介している"激辛"シリーズは、そんなインドネシア日清食品を新しく代表する味なのではないかと思ったのです。
333【インドネシア紀行】実はコーヒー大国インドネシア。そんな同国のコーヒーチェーンといえば『EXCELSO』
インドネシアもコーヒー生産の条件を満たしている国なのです。オランダなどの統治下に始められたとされるコーヒー栽培ですが、現在ではその生産量は世界第四位と、世界的にも有名なコーヒーの一つとなるまでの産地となっているのです。
299【インドネシア紀行】超高級コーヒー。その作り方は…『コピ・ルアク』
今回紹介しているのは、インドネシア原産の『コピ・ルアク』です。このコピ・ルアクですが、世界に流通している量がとにかく少なく、日本では高級なホテルで一杯5000円ほどもする、超貴重なコーヒーなのです。
259【インドネシア紀行】インドネシアといえば焼き芋!?と侮ることなかれな蜜芋『UBI MADU(チレンブ)』
インドネシアの西ジャワ州バンドンの近くにあるチレンブ村には、ここの寒暖の差が激しい気候の中でしか栽培できないとされている『ウビ・チレンブ』という芋があるのです。この芋、一見すると白っぽい外観の少し日本の物とは異なる芋なのですが、これが今回紹介している蜜芋なのです。
215【インドネシア紀行】大豆が形を変える。もう一つの発酵食品のカタチ『テンペ』
インドネシアは日本と同じく大豆を積極的に摂取する国です。でまず有名な大豆加工食品はTahu(豆腐)があります。日本の豆腐とは異なり、酸味が強い味です。そして、もう一つ有名な大豆加工食品が、一時期日本でも健康食品として有名になったこともあるテンペなのです。
199【インドネシア紀行】味からは何か判別不能。どこでも買えるお手軽ジャムゥ『ラルタン・ペニュガル』
インドネシアのスーパーマーケットやコンビニでは、どこに行ってもドリンク売り場にサイの絵柄が描かれている謎のドリンクが売られています。この謎のドリンク、ラルタン・ペニュガルというものなのですが、いったいどんなものなのでしょうか。
177【インドネシア紀行】お手軽民間療法。とりあえず何かに効きそうな『トラック・アンギン』
インドネシアには、植物由来の根や葉などの天然の材料を調合したジャムウと呼ばれる民間調合薬があります。体調が悪いかな、といった時には、自分たちで調合して摂取してきた歴史があるそうです。そんなジャムウを一般商品化した『TOLAK ANGIN』なる製品がインドネシアには存在するのです。
136【インドネシア紀行】その味はまさしくサ〇〇パ〇!?ザ・湿布コーラ『ルート・ビア』
インドネシアのファーストフード店で出会った謎の飲み物『ルート・ビア』。ビアといいますが、アルコール飲料ではなく炭酸印象であるこの飲み物。見た目はコーラなのですが、その味は全く異なるものだったのです。しかし、そのにおいは私たちが知っているものでした。
059【インドネシア紀行】世界第3位の産地で味わう、生カカオの味
インドネシアでカカオが収穫されているって知ってましたか?なかなか日本では知られていないこのインドネシア産カカオ。近年、その製造方法なども洗練されてきており、年々高品質なカカオが世界に向けて流通され始めていっているそうですよ。

ソト・アヤム

ソト・アヤム (Soto ayam)とは、インドネシアで広く食べられているスープ料理です。
ソトがスープであり、アヤムが鶏肉です。
つまり、ベースは鶏肉のスープであり、スパイスを多く使い、ターメリックによって色付けがなされている料理です。
スパイスがたくさんと書きましたが、タイやインド名で見られるようなスパイシーな味付けではなく、非常に優しい味付けとなっているのが特徴です。

具材としては、春雨や麺などが入れられることもあり、一般的な材料としては、ゆで卵やジャガイモ、セロリなどが入れられます。
そして、インドネシアでよく食べられる瓜の一種であるサユールジパン(はやとうり)が使われることもあります。
このサユールジパンですが、インドネシアのスープ料理には非常にあう野菜であり、ソト・アヤムアヤム以外にも、東ジャワの名物であるラウォンスープにも使われています。

インドネシアの人々が食べるときには、ナシ(白ご飯)と一緒に食べます。
現地では辛いものが好まれるので、サンバルソースを使って辛い味付けにして食べることが一般的なのだそうです。

いかがだったでしょうか。
以前紹介しましたが、現地に行ったら現地の味を。
今回紹介したソト・アヤムは味付けも非常に日本人好みであり、現地で味わうハードルは高くありません。
インドネシアに行ったならばまずは試していただきたい味であり、これをきっかけにインドネシアの人々の食に幅広く触れていってみてはいかがでしょうか。