416【滋賀紀行】それまでの城と、ここからの城との大きな転換点となった、天守そびえる織田信長の夢の跡『安土城』

百名城/続・百名城(Castle)
この記事は約5分で読めます。

これまで数々の城や城跡を見てきましたが、一つの山にこれだけの規模の城を造ったのは、やはり織田信長だけではないでしょうか。
天下統一を目前にして散った織田信長。
その信長が、造り上げた天下人の住まう城が安土城なのでした。

現在の安土城跡に到着するとまず真っ先に眼前に広がるのが伝大手道。
そのスケールの大きさと、一直線に続く石段は、そこを攻めようとする気持ちを萎えさせてしまうほどなのです。

そして、天守に向かう道の脇には、歴史上名立たる人物の館跡が建ち並び、いかにここが時代の中心であった場所なのかがひしひしと伝わってきます。

それでは、そんな天下を目ざした男が造り出した、時代のシンボルであった城跡へ行ってみましょう。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • それまでの城の常識を覆した天守をもつ天下人の城。その力を見せつけるには十分すぎるほどの城跡を見に行こう。

滋賀県の城に関する記事です。

423【滋賀紀行】いつも観光客であふれる現存天守。そして世界遺産も視野に入れているらしい『彦根城』
琵琶湖の周囲に残る城でも際立って有名な城がこの彦根城ではないでしょうか。何しろ、現存十二天守の一つであり世界遺産も視野に入れているほどの天守が残る城なのです。天守をはじめ、城の敷地内が非常に整備されており、見応えのある城なのです。
369【滋賀紀行】織田信長亡き後の琵琶湖南部の中心地となった『八幡山城』
安土城に代わり、近江国を新たに治める城として築城されたのが八幡山城であり、安土城のあった場所の隣地に、安土城に似たような形で造られています。その造りは安土城以上に急峻な山に造られた山城であるため、現在では主にロープウェイを使うことで、多くの人々が訪れる地になっています。
329【滋賀紀行】名だたる武将が戦いを繰り広げる舞台、そして浅井長政悲劇の地『小谷城』
織田信長の妹であるお市の方、そして義理の弟である浅井長政の悲劇の地として有名な小谷城を紹介していきたいと思います。日本の五大山城に挙げられるほど堅牢な山城であるため、織田信長もなかなかここを攻め落とすことができなかったといいます。
104【滋賀紀行】安土城以前の要所だった、応仁の乱から戦国期にかけた名城『観音寺城』
滋賀県の琵琶湖の南にある有名な城跡と言えば、安土城ですよね。しかし、その安土城のすぐそばに、日本百名城に登録されているもう一つの城があるのです。室町の戦国末期までに、京都に向かう要所にあったこの地をおさめた城『観音寺城』。ぜひ、安土城とあわせて訪れてほしい城跡です。
090【滋賀紀行】史上最も過酷だった山城『鎌刃城』で山城の真髄を見た
滋賀県は琵琶湖の東に位置する、続日本百名城に登録されている鎌刃城。戦国期の近江を舞台として、数々の戦いを経てきた、防衛のための山城です。そんな鎌刃城ですが、続百名城登録から徐々に盛り上がりの機運を感じています。そんな鎌刃城跡を登城してきました。

安土城

安土城は、現在の滋賀県琵琶湖沿いにある、織田信長が造った城です。

武田勝頼を長篠の合戦で打ち破った織田信長は、天正4年(1576)に天下統一を目前にして、琵琶湖畔にある高さ198mの山に築き始め、その三年後には天守が完成したため、信長が移り住みました。

安土城の築城には、周辺地域から多くの人々が集められ、その築城にあたらせます。
天下人に最も近かった人物らしく、その時代としては最高峰の技術を持った職人たちを集めて造られた安土城は、まさに天下統一の拠点としてのシンボル的な城だったのでした。

日本で初めて天守が建てられ、全体を高い石垣で囲った城でした。
その天守は五重六階地下一階の造りでした。
現在も残っている天守台ですが、七角形になっており、天守の中は三階までは吹き抜けになっていたようです。
その上に八角形の望楼、さらにその上に四角形の望楼が乗り、金色や赤などの色鮮やかな天守であったと考えられています。
また、城専用に作られた瓦と金箔瓦、金のシャチホコの乗った屋根、黒漆の壁と、それまでの城と比べると一見すると特異な建造物だったようです。

ところが、信長が移り住んでから三年後、天正10年(1582)に本能寺によって信長が殺されてしまったため、安土城は明智光秀の手に渡ります。
しかし、明智光秀は羽柴秀吉に敗れ、その後安土城の天守・本丸は焼失してしまいます。
さらに2年後の小牧長久手の戦いによって織田氏の天下に終焉がやってくると、安土城もその翌年に廃城となってしまいます。

江戸時代の間は、信長がその城内に建てていた摠見寺(そうけんじ)が現在に至るまで安土城跡を守り続けてきました。

2006年には日本百名城に選定されました

アクセス

JR琵琶湖線の安土駅を下車し、徒歩20分で到着します。

安土城へ行ってみた

それでは安土城へ行ってみましょう。

琵琶湖のそばにある安土山
この一山が麓から頂上にかけて、安土城の縄張りとなっています。

安土城入口にやってきました。
こちらを代々管理してきた摠見寺と書かれていますね。
なお、ここを過ぎるとお手洗いは何ので注意書きがされています。

入り口を過ぎると・・・

伝大手道が眼前に広がります。
長さが約180m、幅が6~7mもある石段が一直線につながっており、ひときわその長さを感じさせます。

伝大手道を進んでいくと、すぐ左手に羽柴秀吉邸跡が見えてきます。

羽柴秀吉邸は上下二段の郭に邸宅が建てられていた、かなり大規模な造りの屋敷でした。

秀吉邸宅の前には前田利家邸跡があります。

伝大手道を180mほど進むとようやく左に曲がる道に到達します。
しかし、天守台まではまだまだこれからです。
階段の高さや、一段一段の幅が異なったりしているため、登っていると思っている以上に疲労が出てきます。

まだまだ続きます。
入り口から天守台までは約400段の階段があるのだそうです。

ここまでは開けた階段を上ってきましたね。
さらにここからは、うっそうとした林の中の道になっていきます。

美濃の斎藤氏、そして織田信長に仕えた右筆及び側近官僚の武井夕庵邸跡です。

織田家当主2代目であった織田信忠邸跡です。

天守台まではまだまだです。

織田信長の同母弟である織田信行の長男であった織田信澄邸跡及び、森蘭丸邸跡です。

安土城の黒金門跡です。
安土城中枢へ入るための重要な門でした。

だんだんと立派な石垣が連なっている様子が見えてきます。

安土城の石段には、数々の石仏が使われています。
こちらの沸足石もそんな石段に使われていたとされるものですが、日本で残されている沸足石としてはかなり貴重なものなのだそうです。

二の丸跡まで来ると、織田信長の本廟があります。

そして、本丸跡天守台にやってきました。

天守台に上っていきます。

こちらが天守台跡です。
ここだけでもかなりの規模であることが分かりますね。
中央のくぼみのところがかつての地下部分出合ったところであり、礎石跡が残されています。
この天守台は七角形であったそうですが、ある程度のところは修復はされていますが、周辺部はかなり崩れ落ちてしまっているのだそうです。
本来はこの2倍以上の規模があったのだそうです。

そんな天守台からの眺めです。
ここに天守が建っていたことを考えると、ここからの眺めは周囲を見渡すには最適な場所であり、信長の権威を見せつけるには十分な場所だったのでしょう。

本丸周囲の石垣を見ながら下山していきます。

伝大手道までやってきました。
上の写真中央に見えるのが、摠見寺です。

いかがだったでしょうか。
この安土城の規模が伝わったでしょうか。
天下統一を目前にした織田信長がもっていた力の大きさがどれほどのものだったのかが分かる城でした。
天守に向かって歩いていく途中で、歴史的に有名な人物の名がある邸宅跡が多数あるため、そういったことを話題にしながら上っていくのも面白いかもしれませんね。