422【スリランカ紀行】紀元前288年に植樹されとされる、インドの菩提樹から植樹された、人類最古の植樹された樹木『スリー・マハー菩提樹』

世界の世界遺産(World Heritage)
この記事は約5分で読めます。

スリランカといえば仏教の信仰が厚い国です。
そのため、国内各地には仏教の聖地たる場所がたくさん残されているのです。
たとえば、キャンディにある仏陀の歯がおさめられたいるという仏歯寺。
黄金の仏像がおさめられているダンブッラの石窟寺院。
多くの石仏が祀られているポロンナルワなどですね。
そして、文化三角地帯にあるアヌラーダプラにも多くの仏教遺跡が残されているのです。

今回紹介しているアヌラーダプラにあるスリー・マハー菩提樹もそのような仏教の聖地となっている場所の一つです。
菩提樹といえば、仏教の開祖である仏陀がその根元に座り悟りを得た樹木です。
そして、実際にそこから分け木がスリランカのアヌラーダプラにまで運ばれ、この地に根付いているのです。
そのため、国内の仏教信仰者はもちろん、国外からも多くの人々がこの場所訪れ熱心に祈りをささげているのです。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • 仏教の聖地であるインドから実際に運ばれた菩提樹。人類最古の植樹された樹木であるスリー・マハー菩提樹まで足を運んでみよう。

スリランカのアヌラーダプラに関する記事です。

448【スリランカ紀行】仏陀の右鎖骨が祀られているアヌラーダプラの数あるダーガバの中でも最古のもの『トゥーパーラーマ・ダーガバ』
アヌラーダブラは紀元前3世紀頃には、インドから仏教から伝わり、仏教にまつわる建造物が数多く造られていくこととなります。そのような中で、最も古い建造物ともいわれているのが、今回紹介しているトゥーパーラーマ・ダーガバなのです。
438【スリランカ紀行】2000年以上もの歴史があるとされる、世界の三大煉瓦建築のひとつ『ルワンウェリ・サーヤ大塔』
アヌラーダプラのダーガバ(仏塔)は、その表面を白い漆喰で塗り固めた仕上げが一般的だったようです。そしてできあがったダーガバは、純白の外観が美しい壮大な建造物だったのです。そして、その時代の姿を今でも私たちにみせつづけてくれているのが、アヌラーダプラのシンボルでもあるルワンウェリ・サーヤ大塔なのです。
435【スリランカ紀行】道なき道を踏み込んでみると、あるわあるわガイドブックにない遺跡の数々『ラトゥナ・プラサーダはじめ、アヌラーダプラ北部遺跡群』
アヌラーダブラの紹介も数多くやってきましたが、まだまだあるんですよね。今回は、ラトゥナ・プラサーダという遺跡地区の北西端にあるガードストーンの美しさで有名な宮殿跡の遺跡です。また、その周辺にもあった多くの遺跡の様子も紹介しておきたいと思います。
395【スリランカ紀行】悟りを開いた仏陀の穏やかな表情が特徴的な『サマーディ仏像』
スリランカのアヌラーダプラにあるサマーディ仏像は、木々に囲まれた中に、ぽつんと風化を防ぐ屋根とともに祀られています。今でこそ屋根とともにあるサマーディ仏像ですが、もともとは仏陀が悟りの境地を開いた場面を表していたとされ、その後長い間発見されずにいた仏像なのです。
380【スリランカ紀行】アヌラーダプラエリアだけではなく、世界一の高さを誇る仏塔『ジェータワナ・ラーマヤ』
2500年以上もの歴史があるスリランカ最古の都があったアヌラーダプラ。非常に高度な文明を持っていた王朝が栄えたこの地には、高度な建築技術がありました。そんなアヌラーダプラには巨大な世界的にみても大きな仏塔が多く残されています。
353【スリランカ紀行】アヌラーダプラに柱とムーンストーンとが残る王妃建物群跡『クイーンズ・パビリオン』
アヌラーダプラのクイーンズ・パビリオンは、王妃の建物があった跡であるのですが、別名ムーンストーン・サイトとも呼ばれています。ここには、今もなお素晴らしい姿を残す、名前の由来となったムーンストーンが残っているのです。
328【スリランカ紀行】アヌラーダプラにある岩肌に沿って造られた元僧院である寺院『イスルムニヤ精舎』
アヌラーダプラでまずはおさえておきたい場所が、今回紹介しているイスルムニヤ精舎なのです。このイスルムニヤ精舎をまず真っ先に挙げる理由としては、アヌラーダプラにありながら、その中でも異彩を放っている、天然の岩肌を利用した寺院だということです。
303【スリランカ紀行】アヌラーダプラ最大の仏塔。しかし過去はもっと高かったらしい『アバヤギリ大塔』
スリランカ中部にある文化三角地帯の一角であるアヌラーダブラ。その中でもアバヤギリ大塔は、紀元前1世紀に建てられたとされている元々は大乗仏教の総本山だったのですが、現在のスリランカの主流派である上座部仏教との争いに敗れ、現在に至っています。
294【スリランカ紀行】かつてのシンハラ人の王都。巨大な半球状のストゥーパが珍しい世界遺産『アヌラーダプラ』
スリランカ中部にある文化三角地帯の一角であるアヌラーダプラ、世界文化遺産にも登録されるほどの多くの仏教遺跡がのこる町です。それもそのはず、紀元前から1400年以上もスリランカの王都が置かれていた場所なのです。

スリー・マハー菩提樹

スリー・マハー菩提樹は、アヌラーダプラにあるイスルムニヤ精舎から北へ1kmほど進んだところにある菩提樹を擁した建物です。
菩提樹といえば仏教の聖地。
アヌラーダプラが仏教聖地であるとうことしっかりと印象付ける場所ですね。
このスリー・マハー菩提樹は、樹齢が2000年をこえているものの、今もなお青々と茂るその姿は、巡礼者たちの祈りを受け入れ続けています。

スリー・マハー菩提樹は紀元前3世紀(紀元前288年)に、インドのマウリア朝アショーカ王の王女であったサンガミッター王女によって、運ばれてきたものです。
もともとはインドの聖地ブッダガヤにあり、仏陀が悟りを開いたとされている菩提樹の分け木がここに運ばれてきて、当時の王であったデーワーナンピヤ・ティッサ王によって植樹されたものといわれています。
これは、人間の手で植樹され、今もなお残っている樹木の中では最古のものであるとされています。

長らくは菩提樹だけがこの地にそびえたっていましたが、野生動物から荒らされる被害の可能性がありました。
そのため、19世紀に入ってからは、菩提樹保護のために、現在のような石台や鉄柵、白壁が設けられました。

アヌラーダプラの中でも信仰者にとっては大事な場所であり、多くの巡礼者が必ずといっていいほどこの場所にやってきて、熱心に祈りをささげている姿を見ることができます。

アクセス

イスルムニヤ精舎から北へ1kmほど進んだところにあります。
しかし、スリー・マハー菩提樹のある一角は全て壁で覆われており、南側の入口からも入れるような感じはしたのですが、正規には北側の入口から入ったほうがよさそうであったため、自分が訪れたときには北側入り口から入りました。

スリー・マハー菩提樹へ行ってみた

それではスリー・マハー菩提樹へ行ってみましょう。

スリー・マハー菩提樹は、地図等で見ると菩提樹のエリアだけがポツンと存在しているように見えますが、スリー・マハー菩提樹のある一角全てが壁で囲われているため、どこからでも入れるというわけではありません。

実際に周囲を歩いて入り口を探したのですが、どうも北側にある入り口から中に入るのが正規のルートの要でした。

北側からスリー・マハー菩提樹に向かうと、その手前にはローハ・プラサーダ(黄銅宮殿)があったとされる跡が残っています。

宮殿跡には無数の柱が残されていました。
中に入ることはできない場所です。

周辺にはサルがたくさん生息しており、休息する人々共にゆったりと過ごしているのが見えます。

そしてこちらがスリー・マハー菩提樹の入り口です。
この一角は周囲を壁で囲われているため、必ずこの入り口から入る必要があります。

内部に入るとスリー・マハー菩提樹の石台が見えてきます。
現在は席台の上にあり、白壁と鉄柵で囲われています。

石台の入口にはやはりムーンストーンが設置されています。

スリー・マハー菩提樹の周囲には仏教関係の建物や展示物があります。

スリー・マハー菩提樹には入り口から入るとすぐに下足を預ける場所があるので、全区域を裸足で歩かなければなりません。
そのためにも、スリー・マハー菩提樹の周囲には人工芝が敷かれており、参拝者たちはここを通って参拝していきます。


次から次へと白い装束を身にまとった信仰者たちがたくさんいます。

いいかがだったでしょうか。
インドに行かずとも、仏陀が悟りを開いたという菩提樹を参拝できるということで、スリランカに訪れた場合は外せない場所でありますよね。