427【妄想紀行】とにかく長い名前の国は?と探したらここがあった。『セントクリストファー・ネイビス(Federation of Saint Christopher and Nevis)』

妄想紀行(Delusion)
この記事は約4分で読めます。

世界には200近い様々な国や地域があります。
そして、それぞれ名前も様々。
普段よく聞くような名前もあれば、そんな国あるの?といったものまで。
名前を調べていくだけでも世界の広さを感じますね。

そんな世界の国々の名前の中で、ふとどこが一番長いのだろう?を疑問に思ったわけで。
色々と正式名称となると長くなったりするところもあるようなのですが、調べてみた結果今回紹介しているセントクリストファー・ネイビスが最も長いのではないかと行きつきました。

にほん
セントクリストファー・ネイビス

・・・長っ!

日本からは遠く中米にあるこの国。
もちろん自分は行ったことはございません。
となると、もうこれしかないですよね。
だからこそ、さあ今回も行ってみましょう!妄想で!!

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • セントクリストファー・ネイビス。聞いたことない名前だけど、実はあの超有名人からきた名前だったのです。

これまでの妄想紀行です。

397【妄想紀行】日本百名城の栄えあるNo.1の城跡。しかし、ここへ訪れるのは非常にハードルが高く…『根室半島チャシ跡群』
日本百名城ですが、その城ナンバーの01にある城をご存知でしょうか?北から順番に番号を振られているため、ナンバー01の城は北海道にあります。その名を、『根室半島チャシ跡群』と言います。
367【妄想紀行】世界最長の鉄道路線。その実態はどのようなものなのか?"シベ超"をイメージしてしまう『シベリア鉄道』
シベリア鉄道とはご存じでしょうか?広大なロシア連邦を横断する、全長が9297kmもある世界一長い鉄道です。そんな長さの鉄道。それを使って旅してみたくなりませんか?しかし、これほどの長さの路線になりますので、もちろん日数もかかります。
337【妄想紀行】近年訪問できる可能性も高まってきた、まだまだ謎も残る広大な大陸『南極』
今回の妄想紀行は、現在どこの国も属していない、6大陸のうちの一つにして、まだまだ未開の地である南極についてです。近年、いろいろなところで南極に行ってきました!といったことを聞いたり、見たりしたりすることが増えてきました。
307【妄想紀行】21世紀初の独立国家。しかしその独立多くの犠牲の上に成り立つ『サンタクルス墓地』
今回の妄想紀行は、21世紀最初の独立国家としても有名な東南アジアの東ティモールです。この東ティモール、非常に小国であり、同国のあるティモール島は西半分がインドネシア領であることもあり、なかなか目立たない国のため、日本からも訪れたことがある人がほとんどいないのではないでしょうか。
277【妄想紀行】日本から一番近くて一番遠い外国『サハリン』
今回は、ロシアの極東にある島、サハリンの妄想紀行です。今から70年ほど前までには日本の一部だったこともあるこの島。現在もまだ、当時の日本をほうふつとさせる建造物も残っていたりします。
254【妄想紀行】負の遺産「旧奴隷市場」がある、残虐で非人道的な状況を深く学ぶことができる『ザンジバル島のストーン・タウン』
タンザニアの東に浮かぶ群島であるザンジバル島には、今もなおこの島を語るときに外すことのできない『奴隷』の貿易が行われていた旧市街ストーン・タウンがあるのです。。今回は、妄想紀行でタンザニアの世界遺産『ザンジバル島のストーン・タウン』へと行ってみましょう。
195【妄想紀行】トルクメニスタンで50年燃え続ける『ダルヴァザ~地獄の門~』
今回の妄想紀行は、トルクメニスタンのダルヴァザにある『地獄の門』です。今から約50年前に、落盤事故によって大きな穴があいてしまい、有毒なガスが大量に発生しました。そのガスの放出を止めるために点火したとのことなのですが、現在もなお燃え続けているのです。
183【妄想紀行】その歴史はまるで日本のポンペイ『鎌原観音堂』
日本のマチュピチュや、日本のアンコールワットなど、日本の〇〇的なところが多いような気もしますが、今回紹介する場所も日本の〇〇な場所の一つ、群馬県にある『鎌原観音堂』です。ここは、今から約250年前に浅間山で起こった天明の大噴火の土石流によって地面の下に埋もれた鎌原村があった場所なのです。
160【妄想紀行】岩山を丸々掘り下げて造られた3つの宗教の寺院『エローラ石窟群』
インドの世界遺産『エローラ石窟群』を妄想紀行してみました。ここは巨大な岩山をくりぬいて作られた寺院なのですが、インドに根差した3つの宗教観が表されている、世界的にも稀有な寺院なのです。34もある石窟群をじっくりと散策してみませんか。
137【妄想紀行】島の中に多数の木造建築『キジ島の木造教会建築群』
今回は、ロシア連邦カレリア共和国にある世界遺産『キジ島の木造教会建築群』を妄想で訪れてみました。ここは初めてその写真を見たときに、その建物の形状が強烈に印象に残る教会なのです。厳しい自然環境を300年以上も耐え抜いてきたこの木造建築からは、何か不思議な懐かしさも感じてきます。
119【妄想紀行】エチオピアの凝灰岩をくりぬいて建造された『ラリベラの岩窟教会群』
アフリカにあるエチオピアの世界遺産『ラリベラの岩窟教会群』。地中にある十字型の教会の写真を見たことはありませんか?実はこちらは、世界遺産登録に第一回登録された12ののうちの一つなのだそうです。妄想紀行ですので、一緒に行った気もちになって見てみませんか。

セントクリストファー・ネイビス

セントクリストファー・ネイビス連邦は中米の、西インド諸島にある、北中南米で最も小さい国です。
セントクリストファー島とネイビス島の大小2つの島から成り立っており、国名もそこからきています。

見どころ

大きい方の島がセントクリストファー島ですが、この島の名前はとある人物から来ています。
その人物こそがクリストファー・コロンブスなのです。
1493年にコロンブスによってセントクリストファー島とネイビス島が発見されその名が付けられたのです。
西インド諸島といい、この辺りの地域はコロンブスにちなんだ名前が多い地域です。

そんなセントクリストファー島とネイビス島ですが、もちろんのことながら元々はヨーロッパ系の人々が住んでいた場所ではありませんでした。
先住民者たち住んで島にイギリスとフランスが入植し、元々住んでいた人々はこの地を追われています。
その際に、島はイギリスとフランスに勝手に分割され、度々ヨーロッパの国同士の間で争いが起こっていました。

国としては1983年にイギリスから独立したばかりの新しい独立国家です。
イギリスから独立はしているものの、イギリス連邦王国であるため、セントクリストファー・ネイビスの国王はイギリスの国王が兼ねています。

わきみちポイントは?

観光業が中心産業であり、リゾートイメージの強いセントクリストファー・ネイビスですが、実は温泉源が豊富にある火山島のため、18世紀以降はカリブにある温泉地として人々によく知られている場所なのです。

中米カリブ海にある温泉地。
日本以外にある温泉地と聞くと非常に興味が湧きますね。
いったいどんな場所になっているのでしょう。

予算

日本からの直行便はないため、一旦アメリカを経由していくことになります。
セントクリストファー・ネイビスの首都であるバセテールにある国際空港まで飛行機で行きます。

そんな航空券代ですが、やはり日本からかなり遠いこともあって、往復で30万近くするようです。

トータルの費用ですが、島内のホテルなども比較的高額だったりするようなのでトータルでは50万円〜が目安になるのではないでしょうか。

いかがだったでしょうか。
【妄想紀行】ですので、あくまでも自分で見て聞いて体験したものではありません。

将来的に、こちらを訪れることがあった場合は、しっかりとした紀行記事としてリライトしていきます。