436【インドネシア紀行】インドネシア東ジャワ地方の名物スープ。黒い色とその味には秘密があった『ラウォン』

食巡り(Food/Makanan)
この記事は約4分で読めます。

インドネシアの食べ物というと何が思い浮かびますか?
インドネシアの焼き飯、ナシ・ゴレン?
インドネシアのやきそば、ミー・ゴレン?
インドネシアの焼き鳥、サテ・アヤム?
インドネシアのフライドチキン、アヤム・ゴレン?

などなどが思い浮かぶのではないでしょうか。
確かにインドネシアのどこに行ってもこれらはありますし、食べることができます。
しかし、東西にとてつもなく広いインドネシア。
それぞれの地域には、それぞれ有名な食がまだまだあるのです。

今回紹介しているのは、インドネシアの中でも東ジャワの大都市スラバヤが発祥といわれている黒いスープ“ラウォン(RAWON)”です。
このスープ、黒いスープといいましたが、実際見てみるとびっくりするほど真っ黒。
いったい何の黒なんだ??
肉?骨?香辛料??
食べてみてもその答えはわからないと思います。
なぜなら、日本では味わったことがない味なんです。

しかし、一口このスープを味わってみると・・・!!?

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • まだまだわたしたちが味わったことがない味は世界中に隠されています。魅惑の黒井スープを味わいに行ってみよう。

インドネシアの食に関する記事です。

428【インドネシア紀行】インドネシア発のチョコレートブランド。まだまだ世界には様々なものが隠されていそうです『ダリK』
インドネシアにカカオのイメージがありませんよね。そこには理由があったのですが、その理由に目を付けたある日本の企業がインドネシア産のカカオに世界の目が向く動きを始めたのです。では、この日本の京都の企業『ダリK』は一体インドネシア産カカオのどこに注目したのでしょうか。
408【インドネシア紀行】インドネシアの汁物料理。優しい味が日本人好みな『ソト・アヤム』
インドネシアにももちろん国民食があります。日本でもおなじみのナシ・ゴレンやミー・ゴレンといったものは有名ですね。しかし、他に麺類や汁物が欲しくなってくると思います。そこで今回紹介しているのはソト・アヤムです。ソトはスープを、アヤムというのは鶏肉のことを言います。このソト・アヤムというのは、チキンスープなのです。
351【インドネシア紀行】インドネシア日清がけっこう残念な中で、善戦をする『激辛ラーメン』
カップヌードルのラインナップが縮小傾向にあるインドネシア日清食品に落胆してしまってはいけません。まだまだ同社には隠されたおすすめ商品があったりするのです。今回紹介している"激辛"シリーズは、そんなインドネシア日清食品を新しく代表する味なのではないかと思ったのです。
333【インドネシア紀行】実はコーヒー大国インドネシア。そんな同国のコーヒーチェーンといえば『EXCELSO』
インドネシアもコーヒー生産の条件を満たしている国なのです。オランダなどの統治下に始められたとされるコーヒー栽培ですが、現在ではその生産量は世界第四位と、世界的にも有名なコーヒーの一つとなるまでの産地となっているのです。
299【インドネシア紀行】超高級コーヒー。その作り方は…『コピ・ルアク』
今回紹介しているのは、インドネシア原産の『コピ・ルアク』です。このコピ・ルアクですが、世界に流通している量がとにかく少なく、日本では高級なホテルで一杯5000円ほどもする、超貴重なコーヒーなのです。
259【インドネシア紀行】インドネシアといえば焼き芋!?と侮ることなかれな蜜芋『UBI MADU(チレンブ)』
インドネシアの西ジャワ州バンドンの近くにあるチレンブ村には、ここの寒暖の差が激しい気候の中でしか栽培できないとされている『ウビ・チレンブ』という芋があるのです。この芋、一見すると白っぽい外観の少し日本の物とは異なる芋なのですが、これが今回紹介している蜜芋なのです。
215【インドネシア紀行】大豆が形を変える。もう一つの発酵食品のカタチ『テンペ』
インドネシアは日本と同じく大豆を積極的に摂取する国です。でまず有名な大豆加工食品はTahu(豆腐)があります。日本の豆腐とは異なり、酸味が強い味です。そして、もう一つ有名な大豆加工食品が、一時期日本でも健康食品として有名になったこともあるテンペなのです。
199【インドネシア紀行】味からは何か判別不能。どこでも買えるお手軽ジャムゥ『ラルタン・ペニュガル』
インドネシアのスーパーマーケットやコンビニでは、どこに行ってもドリンク売り場にサイの絵柄が描かれている謎のドリンクが売られています。この謎のドリンク、ラルタン・ペニュガルというものなのですが、いったいどんなものなのでしょうか。
177【インドネシア紀行】お手軽民間療法。とりあえず何かに効きそうな『トラック・アンギン』
インドネシアには、植物由来の根や葉などの天然の材料を調合したジャムウと呼ばれる民間調合薬があります。体調が悪いかな、といった時には、自分たちで調合して摂取してきた歴史があるそうです。そんなジャムウを一般商品化した『TOLAK ANGIN』なる製品がインドネシアには存在するのです。
136【インドネシア紀行】その味はまさしくサ〇〇パ〇!?ザ・湿布コーラ『ルート・ビア』
インドネシアのファーストフード店で出会った謎の飲み物『ルート・ビア』。ビアといいますが、アルコール飲料ではなく炭酸印象であるこの飲み物。見た目はコーラなのですが、その味は全く異なるものだったのです。しかし、そのにおいは私たちが知っているものでした。
059【インドネシア紀行】世界第3位の産地で味わう、生カカオの味
インドネシアでカカオが収穫されているって知ってましたか?なかなか日本では知られていないこのインドネシア産カカオ。近年、その製造方法なども洗練されてきており、年々高品質なカカオが世界に向けて流通され始めていっているそうですよ。

ラウォン

ラウォン(RAWON)というのは、インドネシアはジャワ島、東ジャワにあるインドネシア第二の都市スラバヤが発祥といわれている黒い牛肉スープです。
そのスープですが、見た目にはかなりインパクトのある真っ黒いスープなのです。
日本でそれに近いものが何かというと、蕎麦ツユ?ぐらいの色です。

蕎麦ツユ、そのままスープ的に飲みますか?
考えただけでのどが渇きそうです。

しかし、ラウォンに出会った時はそんな先入観は抜きにして、思い切って飲み干してみてください。
まず、イメージとその味の違いにびっくりすると思います。

ラウォンの味ですが、しっかりと牛肉のダシがでて、様々な材料の味が複雑に絡み合う極上のスープです。
なお、辛くはありませんので、日本人にもピッタリな味ですし、実際日本人のファンも非常に多いスープです。
日本の食べ物で味が近いものとなると、こういった味わいのラーメンスープがありそうというイメージです。
若干味は濃いめですが、スープですのでしっかりと飲むことができます。

ラウォンの中身

ラウォンの中身ですが様々な材料や香辛料が複雑に絡み合い、うまさを引き立て合っています。

・牛肉
・にんにく
・エシャロット
・ショウガ
・ターメリック
・赤唐辛子
・ククイ
・レモングラス
・月桂樹の葉
などなど

これだけでも多数の材料と香辛料が使われていることが分かりますよね。

その中でも、この黒い色のスープが一体何なのかが分からないのです。
最初は牛肉をとにかく煮込んだことによってこの色になったのかとおもったのですが、そうではないのです。
この黒い色はケルアック(パンギノキ)という木の実なのです。
これをいれることによって、あの特徴的な黒いスープの色が生まれるのです。

ラウォンはどこで食べられる?

ラウォンですが、東ジャワの名物であるため、ここ以外の地域で食べられるかどうかはわかりません。
東ジャワに訪れたときは間違いなく食べられると思います。

そして、日本に帰ってもこのスープが作れないか?
日本にある材料で何とか再現できないか?
とも考えたのですが、もっともこの料理のハードルの高い点がケルアックの入手だと思います。
これが手に入らなければ、結局のところラウォンを作ることはできません。

なんとか、日本でもできないか・・・

ありました!

インスタント!!
東ジャワ地域ではおそらくどこのスーパーでも手に入れることができると思います。
ラウォンの素。
その中でも特に美味だと思ったのは、味の素が出しているラウォンのもとSajikuです。
やはり味の素だからなのか、他のどのメーカーのラウォンと比べても、一番旨味を感じた味だったように思います。

日本円だと、数十円位のこのラウォンの素。
日本へのお土産にもピッタリだと思いますよ。

いかがだったでしょうか。
世界にはまだまだいろいろな食があります。
日本人の口に合うものが多くはないかもしれませんが、今回のラウォンのように、ピッタリというものもまだまだあったりするのです。
食を巡る旅もまだまだ続きそうです。