448【スリランカ紀行】仏陀の右鎖骨が祀られているアヌラーダプラの数あるダーガバの中でも最古のもの『トゥーパーラーマ・ダーガバ』

世界の世界遺産(World Heritage)
この記事は約4分で読めます。

アヌラーダプラは紀元前5世紀頃からスリランカの中心の都市として発展を続けていた街です。
その王朝は非常に高度な文明を持っていたとされ、約1400年間もの間栄えていた都市でした。
そのため、世界文化遺産にも登録されています。
そして、紀元前3世紀頃には、インドから仏教から伝わり、仏教にまつわる建造物が数多く造られていくこととなります。
そのような中で、最も古い建造物ともいわれているのが、今回紹介しているトゥーパーラーマ・ダーガバなのです。
スリランカに仏教が伝わって
間もない時期に造られた建造物であるため、この地で仏教文化がどのように花開いていったのかを今もなお伝え続ける貴重な遺跡なのです。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • アヌラーダブラでも最古といわれるトゥーパーラーマ・ダーガバを見に行ってみよう。

スリランカのアヌラーダプラに関する記事です。

438【スリランカ紀行】2000年以上もの歴史があるとされる、世界の三大煉瓦建築のひとつ『ルワンウェリ・サーヤ大塔』
アヌラーダプラのダーガバ(仏塔)は、その表面を白い漆喰で塗り固めた仕上げが一般的だったようです。そしてできあがったダーガバは、純白の外観が美しい壮大な建造物だったのです。そして、その時代の姿を今でも私たちにみせつづけてくれているのが、アヌラーダプラのシンボルでもあるルワンウェリ・サーヤ大塔なのです。
435【スリランカ紀行】道なき道を踏み込んでみると、あるわあるわガイドブックにない遺跡の数々『ラトゥナ・プラサーダはじめ、アヌラーダプラ北部遺跡群』
アヌラーダブラの紹介も数多くやってきましたが、まだまだあるんですよね。今回は、ラトゥナ・プラサーダという遺跡地区の北西端にあるガードストーンの美しさで有名な宮殿跡の遺跡です。また、その周辺にもあった多くの遺跡の様子も紹介しておきたいと思います。
422【スリランカ紀行】紀元前288年に植樹されとされる、インドの菩提樹から植樹された、人類最古の植樹された樹木『スリー・マハー菩提樹』
今回紹介しているアヌラーダプラにあるスリー・マハー菩提樹もそのような仏教の聖地となっている場所の一つです。菩提樹といえば、仏教の開祖である仏陀がその根元に座り悟りを得た樹木です。そして、実際にそこから分け木がスリランカのアヌラーダプラにまで運ばれ、この地に根付いているのです。
395【スリランカ紀行】悟りを開いた仏陀の穏やかな表情が特徴的な『サマーディ仏像』
スリランカのアヌラーダプラにあるサマーディ仏像は、木々に囲まれた中に、ぽつんと風化を防ぐ屋根とともに祀られています。今でこそ屋根とともにあるサマーディ仏像ですが、もともとは仏陀が悟りの境地を開いた場面を表していたとされ、その後長い間発見されずにいた仏像なのです。
380【スリランカ紀行】アヌラーダプラエリアだけではなく、世界一の高さを誇る仏塔『ジェータワナ・ラーマヤ』
2500年以上もの歴史があるスリランカ最古の都があったアヌラーダプラ。非常に高度な文明を持っていた王朝が栄えたこの地には、高度な建築技術がありました。そんなアヌラーダプラには巨大な世界的にみても大きな仏塔が多く残されています。
353【スリランカ紀行】アヌラーダプラに柱とムーンストーンとが残る王妃建物群跡『クイーンズ・パビリオン』
アヌラーダプラのクイーンズ・パビリオンは、王妃の建物があった跡であるのですが、別名ムーンストーン・サイトとも呼ばれています。ここには、今もなお素晴らしい姿を残す、名前の由来となったムーンストーンが残っているのです。
328【スリランカ紀行】アヌラーダプラにある岩肌に沿って造られた元僧院である寺院『イスルムニヤ精舎』
アヌラーダプラでまずはおさえておきたい場所が、今回紹介しているイスルムニヤ精舎なのです。このイスルムニヤ精舎をまず真っ先に挙げる理由としては、アヌラーダプラにありながら、その中でも異彩を放っている、天然の岩肌を利用した寺院だということです。
303【スリランカ紀行】アヌラーダプラ最大の仏塔。しかし過去はもっと高かったらしい『アバヤギリ大塔』
スリランカ中部にある文化三角地帯の一角であるアヌラーダブラ。その中でもアバヤギリ大塔は、紀元前1世紀に建てられたとされている元々は大乗仏教の総本山だったのですが、現在のスリランカの主流派である上座部仏教との争いに敗れ、現在に至っています。
294【スリランカ紀行】かつてのシンハラ人の王都。巨大な半球状のストゥーパが珍しい世界遺産『アヌラーダプラ』
スリランカ中部にある文化三角地帯の一角であるアヌラーダプラ、世界文化遺産にも登録されるほどの多くの仏教遺跡がのこる町です。それもそのはず、紀元前から1400年以上もスリランカの王都が置かれていた場所なのです。

トゥーパーラーマ・ダーガバ

アヌラーダプラ中心部にあるルワンウェリ・サーヤ大塔から500mほど北のところに、緑生い茂る中にひっそりと小さなダーガバ(仏塔)が建っています。
こちらがトゥーパーラーマ・ダーガバであり、その中には仏陀の右鎖骨が祀られていると伝えられています。
幾多の石柱に囲まれたこのダーガバは、高さ19mの釣り鐘型の仏塔であり。真っ白く塗られた外観をしています。
その築造は紀元前3世紀ごろデーワーナンピヤ・ティッサ王の時代に建てられたものでした。
当時、インドのアショーカ王の息子であったマヒンダ王子によって仏教がこの地に伝えられました。
その時に、インドのブッダガヤから菩提樹の分け枝が運ばれ、今回紹介しているトゥーパーラーマ・ダーガバやイスルムニヤ精舎が建設されました。
そのためこのトゥーパーラーマ・ダーガバはアヌラーダブラでも最古のもので、スリー・マハー菩提樹に並ぶ聖地として地元の人々からあがめられています。

元々の創建当時は、乾草の山型であったものの、1840年に再建された際に現在の形になったのだそうです。
そして、そのダーガバは屋根があったらしく、それを支えるための石柱が現在も残っています。

アクセス

アヌラーダブラ中心部にあるルワンウェリ・サーヤ大塔から500mほど北のところにあります。

トゥーパーラーマ・ダーガバへ行ってみた

それではトゥーパーラーマ・ダーガバへ行ってみましょう。

門があったであろう場所を超えると、トゥーパーラーマ・ダーガバの敷地内に入ります。

こちらがトゥーパーラーマ・ダーガバです。
仏塔だけではなく、その周囲を白壁で囲われており、非常に美しい外観となっています。

近づいてよく見てみると、いくつかの石柱がダーガバを囲って立てられています。
当時はこれらの石柱が屋根を支えていたのだそうですが、現在は劣化も激しく、いくらかの石柱は倒れかけています。

こちらがトゥーパーラーマ・ダーガバ東側にある入り口です。
アヌラーダブラでも最古のけんぞうぶつであるこちらは、他の場所よりも参拝者は多い様子でした。

ダーガバ前には小さな仏像のある拝所が設けられていました。

こちらがダーガバです。

ダーガバの周囲には、このような小さな仏像が9か所設けられていました。

石柱もなかなかの高さがあります。
一緒に写っている人と比べるとその高さが分かりますね。

このように石柱に囲まれているダーガバです。
ダーガバ自体は19世紀に新たに再建されたものなので、石柱より高くなっていますが、建造当時には屋根があったことを考えると、どのような高さだったのでしょうか。

トゥーパーラーマ・ダーガバの周囲には小さなダーガバ跡も残されています。
こちらは、トゥーパーラーマ・ダーガバの北東位置にあるPadalanchana Chethiyaです。

敷地内南東位置には建造物跡が残されています。
ガードストーンやムーンストーンなど、スリランカでよく見られるものです。

奥には仏像が見えますね。



トゥーパーラーマ・ダーガバの西側に回ってみます。

こちらにも建造物跡が残っていました。

いかがだったでしょうか。
トゥーパーラーマ・ダーガバだけではなく、その周囲にはいくつかの建造物跡が残るなかなかに大きな敷地内にある遺跡でした。
非常に見どころも多いところですのでアヌラーダブラ観光の際にはぜひ訪れてみてください。