460【インドネシア紀行】比較的祝日の多いインドネシア。それはなぜかというと、宗教に寛容だからなのでした

インドネシア(Indonesia)
この記事は約4分で読めます。

日本人はなかなか休まない(休めない?)国民だといわれますよね。
有給もなかなか消化しきれないというのが現実ではないでしょうか。
ところが、日本の年間の祝祭日で考えると年間15日間あり、世界の中では多いほうだったりするのです。
アジア圏では祝祭日が15日以上である国もありますが、ヨーロッパに目を向けると年間10日以下の国もちらほら。
まあその分有給をがっつりとって、バカンスを楽しんでいるイメージですけどね。

では、インドネシアはどうなのでしょうか。
実はインドネシア、けっこう多いんです。
2021年ではなんと22日もあったりします。
では、なぜこんなにインドネシアはお休みの日が多いのでしょうか?

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • 安い賃金だなあ・・・と思うことなかれ。インドネシアのここ20年の成長率は日本をはるかに量が敷いているのです。

インドネシア生活についての記事です。

493【インドネシア紀行】熱帯にあるインドネシア。確かに年がら年中暑いんだけど、いざ暮らしてみると・・・!?
年がら年中暑い熱帯。そうなってくるとそこの暑さはいかほどのものか。"熱"というくらいなので、日本にいると想像もできないような世界なのでしょう・・・か? 今回は、熱帯の国のインドネシアの実際について書いていきたいと思います。
443【インドネシア紀行】発展途上だから・・・ではなく、驚くほどの経済格差のあるインドネシア。しかしそれも次第に・・・
インドネシアに行ってみると、まず驚くのはやはりそこで働く人たちの賃金の低さではないでしょうか。日本人の賃金に比べると安すぎるなあ・・・これで生活できるのか?と思うかもしれませんが、実際インドネシアに暮らす人々にとってはこの金額で生活できてしまうのです。
398【インドネシア紀行】インドネシアに来ても安心。ここでも手に入る安心の製品をピックアップしてみました。
海外に出ていくと、やはりあたり前ではない景色が広がります。日本とは異なる風景、町並み、人々。そんな中で今回は、海外で見かけるいろいろな製品にフォーカスして書いてみました。その中でも、インドネシアで安心して手に入る安心の製品の数々を今回はピックアップしています。
392【インドネシア紀行】もはや世界はAmazonだけではない。ここまで進んでいるインドネシアでのオンラインショッピング事情。
コロナ禍による自粛生活が長引くことで、一気に通信販売が一般化したかのように思います。それは日本だけに限った話ではなく、インドネシアでも同様の傾向が顕著になってきているのです。そんなに早く届くの?とも思いますが、私たちの想像を超えたほど発展を見せてきているのです。

インドネシアの休日

インドネシアは、多民族国家です。
国全体の90%以上がイスラム教なのですが、残りの人々も何かしらの宗教を信仰しています。
(逆にインドネシアでは無宗教は禁止されているらしいのです。無宗教だと、共産主義と思われ、逮捕されてしまうこともあるからなのだそうです。)

イスラム教以外には、仏教ヒンドゥー教も、そしてキリスト教を信仰している人もいます。
そして、それぞれの宗教には、その宗教にちなんだお休みがあります。
そこでインドネシアでは多民族国家らしく、そういったそれぞれの宗教のお休みを全部祝日にしよう、ということをやっています。
そのために、お休みの数が多かったりするのです。

ただし、この異なった宗教ごとのお休みを採用することには課題があります。
それは、それぞれの宗教ごとに暦が違ったりするのです。
そのためインドネシアのお休みは毎年日付が変わるものがほとんどです。

1月1日 元旦
5月1日 メーデー:労働者の日。または夏の訪れを祝う五月祭。
6月1日 パンチャシラの日:国家5原則パンチャシラを記念する日。2016年から開始。
8月17日 インドネシア独立記念日

この4つは毎年固定の祝日です。

では、それ以外にはどんな祝日があるのでしょうか。

イスラム教の祝日(※毎年2週間ほど早くなる)

・ムハマッド昇天祭:預言者ムハンマドがエルサレムから天国に昇り、神に出会ったことを祝う祭日。
・イドゥル・フィトリ:1か月間の断食明けを祝う大祭(2日間)
・イドゥル・アドハ(犠牲祭)

255【インドネシア紀行】アッラーに家畜を捧げ、共に生きていることを再確認できるイスラム教の祭礼『犠牲祭(イード・アル=アドハー)』
国や宗教が変われば、自分たちが知らないような習慣や風習、行事などがありますよね。日本に住んでいると、なかなかそういった場面に遭遇することはありませんが、今回紹介しているイスラム教の行事『犠牲祭(イード・アル=アドハー)』もそのような中の一つです。

・イスラム暦新年:アブラハムが息子をアッラーへ捧げようとした事を記念する日。
・ムハマッド降誕祭:ムハンマドの誕生日を祝う日。 

中国の祝日

・イムレック:中国暦正月・春節

キリスト教の祝日

・キリスト受難日:聖金曜日。キリストの受難と死を記念する日。
・キリスト昇天祭:復活したイエス・キリストが天にあげられたことを記念する日。
・クリスマス:イエス・キリストの誕生日とされている日。

仏教の祝日

・ワイサック:仏教大祭・仏陀生誕の日。

ヒンドゥー教(バリ・ヒンドゥー)の祝日

・ニュピ:バリ・ヒンドゥーの元日。3月。

政令指定休日

上記の祝日以外にもインドネシアには”政令指定休日(有給奨励日)”というものがあります。
例えば、断食明け大祭などに政令指定休日がセットになり、連休にしたりするなど、年間数日ほど、政令指定休日が設定されます。
ただし、政令指定休日はかなり変動があったりします。
直前になってなくなったり、日時が移動したり、なくなったりなど。
特にコロナ禍の2020年2021年は、かなり変更が多い休日です。

いかがだったでしょうか。
どの宗教も優遇しない。
しかしどの宗教も同じように祝う。
多民族国家インドネシアの建国の精神が、このインドネシアの休日にも表れているのではないでしょうか。