484【インドネシア紀行】入口の彫像がゾウに似ているとされた「象の洞窟」と呼ばれるバリの石窟寺院『ゴア・ガジャ』

インドネシア(Indonesia)
この記事は約4分で読めます。

インドネシアの大観光地バリ島
ほとんどの人は、バリ島のビーチリゾートやショッピングなどを楽しみにやってくることとは思いますが、古くから残る寺院巡りもバリ島では外せない観光の目玉の一つではないでしょうか。

そんなバリ島巡りのガイドブックなどを見ていると、異色な寺院の写真を見かけることが多いと思います。
恐ろしい顔のレリーフが彫られた石窟寺院の写真を見つけることができるのですが、そこはゴア・ガジャという古いヒンドゥー教の寺院なのです。
寺院巡りツアーでは必ずといっていいほどその行程に組み込まれている寺院ですが、それもそのはず、バリ島の他の寺院とも比べても非常に特徴のある寺院だったのです。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • 20世紀になり発掘された寺院ゴア・ガジャ。石窟寺院だけではなく、沐浴場も発掘されてきれいにせいびされている寺院を見に行ってみよう。

インドネシアのバリ島に関する記事です。

496【インドネシア紀行】バリ島にあるお猿たちの楽園。でも実は元々ここは・・・『モンキーフォレスト』
今回紹介する施設とはモンキーフォレストと言います。その名の通り、大量のお猿を見てふれあう(?)ことができる場所なのです。もともと大量の野生猿が住み着いていたこの地区にお猿を見ることができる施設としてモンキーフォレストは造られたのでした。
465【インドネシア紀行】バリ島の有名な世界遺産。宙へ飛び出すブランコでも有名な『ライステラス』
今回紹介しているライステラスは、この世界遺産にもジャティルウィの棚田が登録されているように、バリ島のスバックの伝統を表現したものなのです。バリ島に訪れたときにはこの見渡す限りのライステラスが織りなす緑の世界は、外せないスポットの一つとなっているのです。
442【インドネシア紀行】インドネシアでトップクラスに観光客の多い魅惑の島『バリ島』
インドネシア最大の観光地といえば、どこだと思いますか?世界一島の数が多いインドネシアの中にあって、最大の観光地・・・となるとあそこしかありませんよね。そう、バリ島です。もはや、インドネシアに行く!ではなくバリに行く!ということのほうが多いのではないでしょうか。
296【インドネシア紀行】50000ルピア札にも描かれている、バリ島の世界遺産『タマン・アユン寺院』
タマン・アユン寺院は、数あるバリ島のバリ・ヒンドゥー寺院の中でも1・2を争うほど有名な寺院であり、インドネシアの紙幣にも使われているほどです。400年ほどの歴史がある寺院ですが、今もなお人々の祈りの場として多くの人々に愛されている場所なのでした。
077【インドネシア紀行】バリ島ウブドの24時間絶え間なく水の溢れる『ティルタウンプル寺院』
バリ島、ウブドから北に10km行ったところにある、歴史あるティルタウンプル寺院。こちら世界遺産の構成要素ではありませんが、地元の方から観光客までこぞって訪れる有名な寺院です。その理由は、境内に湧き出る聖なる水にあったのです。

ゴア・ガジャ

ゴア・ガジャはウブドの中心部から東に4キロ行ったところにある寺院の遺跡です。
バリ島の中でもかなり古い遺跡で、11世紀頃に栄えたクディリ朝の時代に造られたと考えられているます。
僧たちが瞑想に使ったとされる石窟寺院が特徴的なヒンドゥー教寺院の遺跡です。

14世紀にこのゴア・ガジャがオランダ東インド会社の職員のオランダ人によって発見されたとき、半壊していた入り口に彫られたレリーフがゾウのように見えたため、この洞窟は『ゾウの洞窟』と呼ばれています。
(※石窟内部あるガネーシャ像からゾウの洞窟と呼ばれるようになったという説もあります。)
バリの寺院ではよくあるのですが、短パンの人は入ることができないので、入り口でサロンを借りることができますので、これを身に付けて寺院へ入ります。

敷地内には入り口にヒンドゥー教のボーマ像(ラクササ)か、バリに伝わる魔女ランダともいわれている顔が彫られた石窟があり、その内部にはかつて僧たちが瞑想していたと考えられている横穴が残されており、入って右側の奥にはヒンドゥー教の3大神であるシヴァ、ヴィシュヌ、ブラフマ神を表しているいますリンガが置かれています。
また、左側奥にはゾウの頭を持つヒンドゥー教の神、ガネーシャの像が祀られています。

熱帯の密林に覆われていたゴア・ガジャが本格的に再発見されたのは1923年であり、オランダの考古学者によって発掘が行われました。
また、石窟の前にある、僧たちが使っていたと考えられる6体の女神像が彫られた沐浴場跡も、そのほとんどが埋もれてしまっていましたが、1954年になって発見され1979年にかけて発掘が行われました。
もともとは7体の女神像が彫られていたそうなのですが、1体は崩壊して現存していません。
現在は沐浴はできないようになっています。

アクセス

ウブドの中心部から東に4kmほどのところにあります。

ゴア・ガジャへ行ってみた

それでは、ゴア・ガジャへ行ってみましょう。
バリ島内の寺院ツアーでは、必ずといっていいほどルートに入っている有名な寺院です。

ゴア・ガジャ寺院前には、にぎやかなお土産店が建ち並んでいます。
そこをしばらく歩くとゴア・ガジャ寺院の入口であり、坂を下っていきます。

入り口から石窟寺院までは軽く山道を下っていきます。

発掘時に見つかった遺構が残されています。
元の状態が分かり次第復元されていくことでしょう。

こちらが沐浴場です。
壁面には6体の女神像が彫られています。

もともとは7体目の女神像があったそうなのですが、上の写真の一番左側にあったのではないでしょうか。

こちらが石窟寺院です。
この顔のレリーフはヒンドゥー教のボマ像(ラクササ)か、バリに伝わる魔女ランダともいわれています。

入って右側には、3大神であるシヴァ、ヴィシュヌ、ブラフマ神を表しているいますリンガが置かれています。

また、左側奥にはゾウの頭を持つヒンドゥー教の神、ガネーシャの像が祀られています。

僧の姪相場だったこともあり、内部はひんやりと静かな場でした。

こちらは僧院でしょうか。

僧たちが生活をする場だったのでしょう。

僧たちが食事を用意するであろう台所です。
かまどが設けられていました。

さらに敷地内を下っていくと、その奥にはこちらにも小さな池がありました。
こちらも沐浴場でしょうか。

修行の場の雰囲気を非常に感じます。

小さな滝もありました。

いかがだったでしょうか。
20世紀に発掘されてから非常に脚光を浴びたこちらの遺跡。
バリ島で代々信仰の場として使い続けられてきた寺院とは違って、長い間人目につかず埋もれてしまっていた寺院ということでは、島内では珍しい場所ではないでしょうか。
バリ島の紹介写真などにもよく使われているゴア・ガジャの石窟寺院。
ビーチだけではないバリ島の魅力の一つですね。