501【北海道紀行】北海道の古くからの生活様式を体験できるアイヌの集落を残した『阿寒湖アイヌコタン』

北海道(Hokkaido)
この記事は約5分で読めます。

北海道の南東にある町、釧路
道東では最大の都市である釧路は港町であることから魚介を楽しむのにはうってつけの町です。
また、釧路湿原や湖が点在するなど、自然に親しむことができる町です。

そんな釧路の町の木谷は、阿寒湖という湖があります。
ここは火山活動の結果できたカルデラ湖であり、その湖からは、湖の雄大な風景と、阿寒岳の景色も堪能できます。
また、特別天然記念物のマリモも見どころの一つですね。

そんな阿寒湖の近くにはとある集落があるのです。
ここは阿寒湖アイヌコタンといい、北海道でも最大のアイヌ集落であり、アイヌ民族が暮らし、その文化を守り伝えている場所なのです。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • 北海道に古くから住むアイヌ民族の集落を体験できる阿寒湖アイヌコタンを見に行ってみよう。

北海道絡みの記事です。食に関するものが多いですね。

972【北海道紀行】神宮と名乗ることを許された北海道有数のパワースポット『北海道神宮』
北海道は札幌の西部。円山公園のすぐそばに大きな神社が一つあります。ここは北海道神宮と呼ばれる場所であり、北海道の中でも有名なパワースポットの一つなのです。今では神宮と呼ばれている北海道神宮ですが、かつては札幌神社と呼ばれていた神社でした。今では神宮と呼ばれるようになり、その名からもわかるように特別な神社の一つとして、北海道の多くの人々によって親しまれ続けています。
960【北海道紀行】広大な北海道の大地を切り拓いた先人たちを偲んだ神社『開拓神社』
北海道神宮の敷地内には、ある人々を祀っている末社があります。今回紹介しているのは、『開拓神社』といいます。"開拓"という言葉からもわかるように、この神社には、北海道を開拓した多くの功労者を祀ったものなのです。
949【北海道紀行】小樽の街に立ち並ぶおいしそうな店々。その中で地味ではあるものの、確かな味の『万次郎』
小樽ではなかなかそういった普段使いできそうな食事処となると見つけるのが難しいかもしれませんが、そんな華やかな通りの中で地味ではあるものの、確かな味とお手ごろな値段のお店を見つけました。そのお店とは万次郎といいます。お店を一見すると非常に地味な趣ではありますが、中に入ってその食事に手を付けてみると。。。!!?
934【北海道紀行】小樽運河と共に、港町小樽の受け継がれてきた雰囲気を残す町並み『小樽歴史景観区域』
小樽運河を含めた小樽歴史景観区域について紹介していきたいと思います。小樽には運河意外にも歴史的な建物が数多く残されています。こういった歴史的な景観を保護・保全するために指定されたのが小樽歴史景観区域です。これに指定されている区域では、新たに建物などが造られる際には、大きさや色、素材など様々な厳しい基準が設けられています。
922【北海道紀行】観光の目玉として残された、小樽を代表する名所『小樽運河』
札幌から1時間ほどで訪れることができる港町の小樽ですね。美味しい海産物でも有名なこの小樽。この街の名前を聞いてまず思い浮かぶことは何でしょうか。それは美しい運河の風景ではないでしょうか。小樽運河と、近隣にある昔ながらの建物を利用した店が立ち並ぶ小樽堺町通りとを合わせて、連日多くの人々が集まる観光名所となっています。
913【北海道紀行】こだわりスープカレーのちょっとおしゃれな店『MATALE』
スープカレーは現在では、北海道を代表するグルメへと成長しました。特に札幌で探してみるとスープカレーを取り扱っている店がたくさん。そして、店ごとに様々な特徴をもっているスープカレーが続々と登場してきました。今回紹介しているのは、円山公園近くにあるスープカレーの専門店MATALEです。このスープカレー専門店のスープカレーには、どのような特徴があるのでしょうか。
666【北海道紀行】これぞ北海道を感じられる、北海道屈指の一大スキーリゾート『キロロリゾート』
そんな北海道のスキーリゾートといえば何を思いつきますか?ニセコ トマム ルスツ、といったところが出てくるのではないでしょうか。そしてこれらのスキーリゾートに並ぶ有名なスキーリゾートがキロロです。キロロはキロロスキーリゾートとして、この地域、赤井川村が縮小していく村の産業と人口流出に対する起死回生策として打ち出し、奇跡的な発展遂げたリゾートなのです。
577【北海道紀行】初代駅は、かつては炭鉱住宅のための駅。現在は、信号場となって残っている『楓駅』
今回紹介している楓駅は、かつて北海道の夕張市にあった国鉄(現JR)夕張線登川支線の駅でした。現在の場所は三代目の楓駅跡になります。ところが、駅として開業された三代目楓駅ですが、利用者がほぼゼロという状態になってしまったため、2004年からは信号場に格下げされてしまい、今も残っています。
547【北海道紀行】日本三大がっかり名所の一つ。サ〇エさんのオープニングで知り、どれほどのものか行ってみたけど…!!?『札幌市時計台』
そう、札幌といえばといってもいいほど、この街を代表する名所が札幌市時計台です。明治期であろうその外観は、他にもいろいろと名所が流れていたた中で最も記憶に残った場所でした。いつかこの場所に行ってみたい!幼いながらに思い続けたその気持ちは、とうとう実現されることとなります。
543【北海道紀行】日本の北にもあった。日本を代表する100万ドルの夜景『函館山からの夜景』
日本の北の端にも日本を代表する夜景を見ることができるスポットが存在するのです。それが、北海道は函館にある函館山からの夜景です。この函館山は陸繋島にあり、独特のくびれをもつ砂州の両側に海が広がり、街の灯りとその海とのコントラストが美しい、知る人ぞ知る夜景スポットなのです。
540【北海道紀行】道東を代表する湖。マリモが生息することでも有名な『阿寒湖』
阿寒湖は周囲を山々に囲まれ、かつては噴火によって生じたカルデア湖である淡水湖であり、年間を通して非常に気温の低い場所にある湖です。そういった気候や地域にある湖であるため、湖面の様子は他の湖などと比べる、柔らかな印象を受けたことを覚えています。
187【北海道紀行】戊辰戦争最後の戦いの地、特徴的な五芒星形城郭の『五稜郭』
今回紹介する五稜郭は、近代戦の考え方が反映された、特徴的な縄張りをしています。五芒星型かつ、シンメトリーなその形は非常に美しい様相でありますが、それ以上に戦の戦略的に非常に考えられた造りなのです。戊辰戦争最後の戦いの場を見に行ってみましょう。
172【北海道紀行】酪農といえば北海道。そして北海道といえばチーズ。『富良野チーズ工房』
酪農の本場である北海道では、もちろんながら様々な種類のチーズも作られているわけです。今回は、そんな多数あるチーズを作っている工房の中から、富良野にある『富良野チーズ工房』を紹介したいと思います。
175【北海道紀行】あの北海道銘菓工場がテーマパークに!?『白い恋人パーク』
北海道に遊びに行くとお土産に買ってしまいますよね『白い恋人』。近年はとにかくお土産の種類がバラエティ豊かなので、色々と目移りしてしまいますが、迷った挙句最終的に一箱は買ってしまうんですよね。そんな白い恋人の石屋製菓が運営する『白い恋人パーク』なるものがあるのです。
018 【北海道紀行】シャクシャインの戦い。そして、なぜか目にしたことがある像
北の大地北海道。そこには過去、民族のために戦った英傑をまつる場所がある。しかし、誰もがどこかで見覚えがあるのでは・・・!?

阿寒湖アイヌコタン

北海道の道東、釧路市の北端にある阿寒湖
湖のすぐ南の阿寒湖温泉のすぐそばには阿寒湖アイヌコタンという場所があります。
ここは、現在もまだ36戸120名にのアイヌ民族が暮らし、アイヌに伝わる文化を伝え続けている集落なのです。

北海道の先住民族アイヌの人々の話は聞いたことがあるでしょうか。
永く北海道の大自然の中で暮らしていたアイヌ民族の人々は、森や川で野生の生き物を狩り、土地から得られる豊かな自然を採集しながらこの地で生きてきたのです。
明治政府によってアイヌ民族はと日本人と強制的に同化させられる同化政策がとられたため、伝統的な生活や習慣や文化は段々と薄れていってしまいました。
しかし、アイヌの文化や伝統を今もなお受け継いでいこうとする人々がまだまだ多くいるのです。

コタン“という言葉が、アイヌ語で生活のための宅地を表しています。
コタンはだいたい数軒の家庭によって構成されており、場所によっては、十数軒、数十軒もの家が集まった大きな集落になることもあったのだそうです。

阿寒湖アイヌコタンは、現在ではアイヌ民族の伝統文化を見ることができる場所となっているのですが、もともとはここには大きなコタンがあったのではないそうです。
阿寒湖周辺に点在していたコタンが、一か所に集められたのだそうです。
その際に、阿寒湖一帯の自然保護活動に従事してきた財団によって現在の場所が無料提供され、阿寒湖周辺に暮らしていたアイヌ民族が続々と移住し、現在の阿寒湖アイヌコタンが形成されました。

この阿寒湖アイヌコタンでは、アイヌ民族の伝統を紹介するために、アイヌ民族に関わる様々なお店があります。
北海道ならではの自然の恵みを味わうことができるアイヌ料理の店や、伝統工芸であるヒグマなどの木彫り製品のお店、アイヌ民族の伝統舞踊を鑑賞できるシアターなど、充実した施設が立ち並んでいるのです。

アクセス

JR釧路駅から、車で北に80kmほどのところにあります。

阿寒湖アイヌコタンに行ってみた

それでは、阿寒湖アイヌコタンへ行ってみましょう。

こちらが阿寒湖アイヌコタンです。
坂の両サイドに20戸以上のお店が立ち並んでいます。
また、阿寒湖温泉のついでに訪れることができるため、夜になっても多くの観光客でにぎわっています。

早速ですがアイヌ料理を楽しみに民芸喫茶ポロンノに入りました。

こちらがメニューです。
アイヌ料理らしく、料理名だけではどんな料理か全くわかりません。
説明必須ですね。

こちらにもアイヌ料理の説明が書かれていました。

頼んだのはユックオハウのセットで、シカ肉のスープです。
また、鮭の塩辛めふんもついており、ならではのメニューですね。

これも頼んだのですが、何だったかは忘れてしまいました・・・。

店内は民芸品も所狭しと置かれています。

そして、名物の木彫りの民芸品ですね。

顔を模った木彫りが多くありました。

ふくろうの陶器の置物もよく見かけます。

それ以外にも二十数店の民芸品店があります。
同じ木彫りの作品だったとしても、店ごとにそれぞれ個性があります。
民芸品には、アイヌ文様の刺繍作品、ウッドクラフトやアクセサリー、アイヌ民族に伝わる竹製の楽器であるムックリなど、様々な民芸品がたくさんあります。

ムックリの実演もしてもらえました。

坂の上にはアイヌ生活記念館ポンチセがあります。
ここは、アイヌ民族の生活用具や衣服など、その暮らしぶりがわかる展示が行われています。

今回は紹介していませんが、アイヌ生活記念館ポンチセのすぐ北側には、阿寒湖アイヌシアター イコロがあります。
イコロの舞台上には水路があり、アイヌ民族独特の丸木舟が浮かぶ独特な形の舞台になっています。阿寒ここでは、「ロストカムイ」「アイヌ古式舞踊」「火のカムイの詩」といった舞台が演じられており、阿寒湖アイヌコタンの見どころの一つとなっています。

いかがだったでしょうか。
温泉としても有名な阿寒湖畔。
そして、温泉後にゆったりと散策できるこの阿寒湖アイヌコタンは、楽しみながらアイヌ民族の文化を学ぶことができるおすすめの場所でした。