508【カンボジア紀行】ジャヤヴァルマン5世により建設されたが、王が死去したこっとで未完成で放置されたヒンドゥー教寺院『タ・ケウ』

カンボジア(Cambodia)
この記事は約5分で読めます。

カンボジアはシェムリアップ。
アンコールエリアにはまだまだ遺跡が残されています。
今回紹介するタ・ケウは、アンコール・トムのすぐ東にあるヒンドゥー教寺院です。
ピラミッド式の寺院であり、高く積み重ねられた寺院であることが分かるのですが、アンコールのほかの遺跡とは大きく雰囲気が異なるところがあります。

それは、他の寺院などではよくみられる壁面の彫刻がほとんど見られないのです。
そのため、どちらかというと物悲しい雰囲気も感じたりするのですが、なぜ壁面の彫刻がないのかというと、この遺跡が未完成であるということが挙げられます。

なぜタ・ケウは未完成なのか?
それにはいくつかの説があるようなのです。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • 未完成のまま放置された寺院。だからこそ、アンコールの寺院の造営の方法がわかる貴重な寺院跡を見に行ってみよう。

カンボジアの世界遺産に関する記事です。

525【カンボジア紀行】巨大な人工池の中心に浮かぶ人工島。そこに浮かぶ寺院『ニャック・ポアン』
アンコール・トムの北には、東西バライに比べるとその大きさはかなわないものの、大きな人工貯水池(バライ)プリヤ・カーン・バライが残されています。そしてその貯水池の陸続きになった先に寺院が残されています。この寺院をニャック・ポアンといい、寺院内にも水がたたえられている構造となっています。
520【カンボジア紀行】広大なアンコール・トムの入り口。観音菩薩の四面塔が印象的な『アンコール・トムの南大門』
アンコール地区の観光では、まずは誰しもがアンコール・ワットにまずは向かうことになると思います。そして、そこから北にあるアンコール・トムに向かうと、バイヨンで見られるような四面塔をもつ巨大な南大門が私たちを迎えてくれます。今回はそんな南大門について紹介していきたいと思います。
449【カンボジア紀行】かつて存在した貯水池東バライの中央にあった、かつては人工の島だった『東メボン』
アンコールの東側にも、巨大な貯水池 東バライがかつては存在していたのです。現在は枯れてしまっていますが、アンコール最盛期には東西のバライによって、農業生産が盛んにおこなわれていただろうことが想像できます。そして、人工の島 西メボン同様に、この東バライにも人工の島 東メボンがあったのです。
440【カンボジア紀行】夕日鑑賞のベストスポット。アンコール遺跡群の中でも唯一の丘の上に建つ遺跡『プノン・バケン』
アンコール遺跡の中でも珍しく、丘陵の上に建てられた寺院を紹介したいと思います。今回紹介しているプノン・バケン寺院ですが、アンコール・トムのすぐ南にある小高い丘陵の上に設けられた寺院です。
430【カンボジア紀行】アンコールで唯一のギリシャ風2階建て建造物をもつ『 プリア・カン』
アンコール遺跡の中でももっとも大きな場所を占めるアンコール・トム。さらにその北には、規模はアンコール・ワットより少し小さくはなるのですが、アンコール遺跡群の中でも有名な遺跡の一つプリア・カンがあります。このプリア・カンですが、アンコールにある寺院の造りである、中央の祠堂を回廊で囲んだ形になっています。
420【カンボジア紀行】王の沐浴場スラ・スランと対になった寺院跡『 バンテアイ・クデイ』
元々は東バライの代替え施設として建造された貯水池スラ・スラン。そして、その対面には僧院があったのだそうです。しかし、その後その僧院はバンテアイ・クデイに。そしてスラ・スランは王のための沐浴場として整備されたのでした。今回はこのバンテアイ・クデイにフォーカスして紹介をしたいと思います。
368【カンボジア紀行】川に沿って作られたクメール遺跡。川底に遺跡が眠る異色の場所『クバール・スピアン』
今回紹介しているクバール・スピアンはそんな遺跡の一つであり、なんとこの遺跡、実は『川底にある』のです。数多くの遺跡を抱えるカンボジアですが、このように川底や川岸に沿って遺跡が連なる場所は、おそらくここだけではないでしょうか。
321【カンボジア紀行】塔四面に彫られた四面像が有名な『アンコール・トムのバイヨン』
アンコール・トムとは、アンコール・ワットの北に造られた、寺院と王宮を中心とした王都跡の遺跡です。その広大な遺跡の中心にあるのがバイヨンであり、この王都を造った王が考える宗教観と、治政観を体現している遺跡なのです。
282【カンボジア紀行】どんどん観光客に優しい観光地に。10年の変化を見る『アンコール・ワット今昔物語』
世界遺産の中でもトップクラスに有名なアンコール・ワット。ここを10年を隔てて見比べると、この遺跡がどんどんフレンドリーな遺跡になり、観光のしやすいスポットになってきていることが分かったのでした。
194【カンボジア紀行】タイとカンボジアの断崖絶壁の国境にある天空の世界遺産『プレアヴィヒア寺院』
カンボジアの世界遺産といえばアンコールワットですよね。2007年にシェムリアップとプノンペンの中間地点ぐらいにあるサンボー・プレイ・クック遺跡群が登録され、現在カンボジアには3つの世界遺産が登録されています。その残りの一つが、2008年に世界遺産登録されたプレアヴィヒア寺院です。
037 【カンボジア紀行】世界遺産タ・プローム 今昔物語
カンボジアのシェムリアップ。素晴らしい遺跡群があるこの地を、今と昔を見比べながら、その変遷をたどっていきたいと思います。

タ・ケウ

カンボジアはシェムリアップ、アンコール・トムのすぐ東側、アンコール・ワットからは北東に位置する場所に、ヒンドゥー教寺院であるタ・ケウ(プラサット・ケウ)はあります。
10世紀末から11世紀初頭に、当時の王であったジャヤバルマン五世によって建造されたピラミッド型の寺院です。
高さは約50mもあり、なかなかの威圧感があります。

タ・ケウという名前は、”タ”=おじいさん、という意味があるため、『ケウおじいさん』という名前を持っています。
同様に、タ・プロームやタ・ソムといった他の寺院も同じ意味を持っています。
また、『クリスタルの古老』という意味も持っています。

ジャヤヴァルマン五世が建造を始めたこの寺院ですが、実は未完成のまま現代まで放置されています。
その原因は、ジャヤヴァルマン五世が寺院の建造途中に突然亡くなってしまったためと考えられています。
また、王の死後に国で内乱があったため建造を続けることができなくなった、中央祠堂への落雷を神の怒りだと信じてしまったため、といった建造中止の理由も言われていますが、本当のところはまだわからないようです。

寺院の構造は、二重の回廊がある内側にピラミッド型の寺院がそびえています。
かつては回廊の外には水の張った環濠もあったのではないかと考えれれています。
そのピラミッド部分には、シヴァ神が祀られる中央の祠堂と、その四方に副祠堂が配置された寺院となっています。
ピラミッド型に石材が積み上げられた状態で未完成のまま放置されていることが見てみるとわかります。
特に、タ・ケウがほかの遺跡などと雰囲気が大きく異なる点は、壁面の彫刻がほとんど見られないことです。
これも未完成のまま放置されたためなのですが、このことからも当時の寺院建造が、石材を積み上げてから壁面彫刻が施されていたことなどから、当時の建築工程がわかる遺跡として、貴重な遺跡とされています。

現在は崩落したところを修復する作業などもしっかり行われているため、今後もきちんと管理され、構成に受け継がれていくことができるでしょう。

アクセス

アンコールワットから北東に向かって6~7kmほどいったところにあります。

タ・ケウへ行ってみた

それでは、タ・ケウへ行ってみましょう。

こちらは南側の入り口になります。
タ・ケウの正門は東側になるそうなのですが、東側入り口が森に囲まれたところになるため、通り沿いにある南側から案内されることがほとんどだそうです。

回廊の壁ですね。
窓のように見えますが、全て偽窓です。

こちらがタ・ケウの東側入り口になります。
東側はここから参道が伸びていて、500kmほど先にかつてあった人工池東バライにまで続いていました。

年代を経て崩壊してきているだけではなく、もともと建造途中で中止されてしまったため、石材を積まれたままの荒々しい感じが残っていますね。

50mほどの高さを登っていき、中央祠堂へやってきました。

中にはシヴァ神が祀られています。
きちんと手入れがなされており、お祈りもできるようになっています。

中央祠ら堂から見下ろしたところです。
高さがあるのが分かるでそうか。
そして、おそらく寺院建造に使われる予定だったであろう石材が散乱していました。

いかがだったでしょうか。
アンコール地域には本当に様々な形状の寺院が残っているため、様々な発見がありますよね。
当時の人たちの感性によって、ばっちり仕上がった建造物もよいのですが、タ・ケウのように未完成であるからこそ、後世の人々に伝えられることもたくさんあるのです。
そんな遺跡を見て回ることで、当時の人々が寺院建造にかけた思いを感じ取ってみてもいいかもしれませんね。