543【北海道紀行】日本の北にもあった。日本を代表する100万ドルの夜景『函館山からの夜景』

北海道(Hokkaido)
この記事は約4分で読めます。

山から見える日本の絶景夜景スポットといえばどこを思い浮かべますか?
日本三大夜景にも数えられているほどの長崎県の稲佐山から見える夜景は忘れられない思い出になるそうです。
また、兵庫県の神戸の街を見下ろす麻耶山からの夜景も、遠く海をバックにした夜景が何とも言えないですね。
そして、日本の北の端にも日本を代表する夜景を見ることができるスポットが存在するのです。
それが、北海道は函館にある函館山からの夜景です。
この函館山は陸繋島にあり、独特のくびれをもつ砂州の両側に海が広がり、その先にある半島の街の灯りと海とのコントラストが美しい、知る人ぞ知る夜景スポットなのです。

この函館山ですが、今でこそ夜景スポットとして人々から親しまれている場所なのですが、今から150年ほど前の戊辰戦争末期には、大きな戦いの舞台にもなった場所であり、その遺構が今もまだ残されているのです。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • 旧幕府軍と新政府軍の最後の戦いの街、函館。しかし、今は人々を和ませる雄大な夜景を堪能できるスポットなのです。

北海道絡みの記事です。

547【北海道紀行】日本三大がっかり名所の一つ。サ〇エさんのオープニングで知り、どれほどのものか行ってみたけど…!!?『札幌市時計台』
そう、札幌といえばといってもいいほど、この街を代表する名所が札幌市時計台です。明治期であろうその外観は、他にもいろいろと名所が流れていたた中で最も記憶に残った場所でした。いつかこの場所に行ってみたい!幼いながらに思い続けたその気持ちは、とうとう実現されることとなります。
540【北海道紀行】道東を代表する湖。マリモが生息することでも有名な『阿寒湖』
阿寒湖は周囲を山々に囲まれ、かつては噴火によって生じたカルデア湖である淡水湖であり、年間を通して非常に気温の低い場所にある湖です。そういった気候や地域にある湖であるため、湖面の様子は他の湖などと比べる、柔らかな印象を受けたことを覚えています。
501【北海道紀行】北海道の古くからの生活様式を体験できるアイヌの集落を残した『阿寒湖アイヌコタン』
北海道の道東最大の町釧路。そして、同市の北にある阿寒湖の近くにはとある集落があるのです。ここは阿寒湖アイヌコタンといい、北海道でも最大のアイヌ集落であり、アイヌ民族が暮らし、その文化を守り伝えている場所なのです。
187【北海道紀行】戊辰戦争最後の戦いの地、特徴的な五芒星形城郭の『五稜郭』
今回紹介する五稜郭は、近代戦の考え方が反映された、特徴的な縄張りをしています。五芒星型かつ、シンメトリーなその形は非常に美しい様相でありますが、それ以上に戦の戦略的に非常に考えられた造りなのです。戊辰戦争最後の戦いの場を見に行ってみましょう。
172【北海道紀行】酪農といえば北海道。そして北海道といえばチーズ。『富良野チーズ工房』
酪農の本場である北海道では、もちろんながら様々な種類のチーズも作られているわけです。今回は、そんな多数あるチーズを作っている工房の中から、富良野にある『富良野チーズ工房』を紹介したいと思います。
175【北海道紀行】あの北海道銘菓工場がテーマパークに!?『白い恋人パーク』
北海道に遊びに行くとお土産に買ってしまいますよね『白い恋人』。近年はとにかくお土産の種類がバラエティ豊かなので、色々と目移りしてしまいますが、迷った挙句最終的に一箱は買ってしまうんですよね。そんな白い恋人の石屋製菓が運営する『白い恋人パーク』なるものがあるのです。
018 【北海道紀行】シャクシャインの戦い。そして、なぜか目にしたことがある像
北の大地北海道。そこには過去、民族のために戦った英傑をまつる場所がある。しかし、誰もがどこかで見覚えがあるのでは・・・!?

函館山

函館山は、北海道の南、函館市にある山です。
陸から突き出た陸繋ぎ島にあります。
約100万年前に海底火山の噴火による影響で島として誕生しました。
その後は長い年月をかけて土砂の堆積が起こり、砂州となって渡島半島と陸続きの陸繋島となりました。

この海に面した函館山は、周囲を見渡すには非常に良いポイントでもあります。
そのため、幕末・明治時代に勃発した戊辰戦争の最後の戦い、箱館戦争の戦いの場となったのでした。
旧幕府軍である蝦夷共和国の面々は、周囲を広く見渡し、攻撃の要となるこの函館山をいかにおさえるかは、戦況にも大きな影響を与えるものでした。
新政府軍による奇襲作戦によって函館山は占領されることになります。
新政府軍がこの函館山を抑えた後は、戦況は新政府軍が完全に有利に進めるようになり、最終的に旧幕府軍は敗戦を受け入れ、母子真相は終結することとなります。

そうして戦いの舞台となった函館山ではありましたが、明治後期に入ると、函館山への要塞建設が行われるようになり、20世紀初頭には、砲台や発電所、各方面の観測施設を備えた軍事要塞となってしまい、函館山の存在そのものが軍事機密となってしまいます。
ここから約半世紀の間は、一般の人々が足を踏み入れることができなくなってしまったのです、

そんな函館山が一般に開放されたのが第二次世界大戦後です。
函館山の要塞設備はアメリカ軍によって解体され、その後一般市民が足を踏み入れることができるようになります。
現在もまだ要塞跡、砲台跡などが残されて一部の施設は見学することもできるのだそうです。

現在の函館山には、山頂に向かう函館山ロープウェイと自動車用道路が敷設され、山頂には展望台も設置されました。
山頂から函館市が一方面を眺める夜景は絶景であり、函館山と半島を結ぶ砂州の上に広がるきらびやかな町並み。
その両側に広がる海とのコントラストは、函館山からの夜景ならではの眺めとして、全国的にも有名になっています。

アクセス

JR函館駅からは車で7分、その他市電(十字街駅)やシャトルバスなどのアクセス方法もあります。

函館山に行ってみた

それでは、函館山へ行ってみましょう。

函館山へは、市電の十字街駅から函館山ロープウェイの山麓駅へ向かいます。

ロープウェイに乗り、山頂駅を目ざします。

段々と、遠くに函館の市街地が見えてきます。

実はこのロープウェイの下にも、函館山にあった要塞関連の遺構が残されているそうです。

なお、山麓駅から山頂駅までは約3分で到着します。

函館山と、渡島半島とをつなぐ砂州がはっきりと見えてきました。
この眺めが函館の特徴ですね。

それでは法にある函館山山頂展望台にて、日の入りを待ちます。
この施設には、展望台だけではなく、レストランや土産物施設もあるのでゆっくり楽しめますが、場所取りもお忘れなく。

それでは、徐々に函館山からの夜景が変化していく様子をご覧ください。

いかがだったでしょうか。
日本に数ある夜景の中でも、なかなか特徴的な美しい夜景ではないでしょうか。
そして、町の中にはノスタルジックな建物もたくさん残る函館の街。
少し札幌を中心とすると移動が難しいエリアではありますが、北海道の中でもかなりおすすめの街ですよ。
首都圏からは、新たに開通した北海道新幹線で訪れるのもよいでしょうね。 
そんなタイムスリップしたような街並みを眺めながら、最後のこの函館山での夜景を見ると、その日一日の函館での思い出がたくさんよみがえってきそうですね。