545【旅ノウハウ】その国、その街のことを知りたければ、現地の人に紛れ込んで、現地のローカルレストランに入ってみよう

旅のノウハウ(Travel)
この記事は約4分で読めます。

名古屋の食べ物といえば?みそかつ?きしめん?てんむす?
観光で名古屋を訪れると、こういった名物を求めて有名店を訪れますよね。

大阪の食べ物といえば?たこ焼き?お好み焼き?
観光で大阪を訪れると、こういった名物を求めて有名店を訪れますよね。

タイの食べ物問えば?グリーンカレー?トムヤムクン?
観光でタイを訪れると、こういった名物を求めて有名店を訪れますよね。

しかし、ちょっと待ってください。
そこに住む人たちは、そればっかり食べているのでしょうか?
毎日みそかつ?
毎日たこ焼き?
毎日グリーンカレー?

なわけないですよね。
時折こういった献立はあったとしても、毎日こればっかりではありません。
しかし、そんな目立たない毎日の献立の中に、旅先の人々の生活を垣間見える食があるのです。
旅に出て、とある町に立ち寄って、一日二日生活しただけではこれらは知りえませんよね。
だからこそ、旅に出て余裕があれば町のローカルレストランにふらっと立ち寄ってほしいのです。
そこにはガイドブックにはない真のその町の姿、真のその町の生活があるのです。
もちろん旅人にこびた内容ではありません。
そのため、ダイレクトに好き嫌いが湧かれてしまうことは容易に想像できます。
でも、その体験から得られる情報は、ガイドブックでは語りつくせないほどの新しい体験を用意してくれるのです。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • ローカルレストランに一歩踏み出してみよう。そこから新しい世界が広がってくるから!

ローカルレストランに入るということ

旅先に行ったら、どうやってその日の食事をする場所を選びますか?
ほとんどの場合ガイドブックや、スマホのアプリでおすすめ度の高い店を探すのではないでしょうか。
もしくは、ホテルなどの人におすすめの場所を聞いたりとかでしょう。
しかし、せっかく旅先に行ったのだから、レストランまで旅行者がたくさんのお店に入るというのはどうでしょうか。
もっと面白い体験をしたくないですか?

だったら、ガイドブックはひとまず置いておきましょう。
スマホもそっとポケットにしまいましょう。

さあ!街ブラをして、目についたローカルレストランに入ってみましょう。
え?言葉が何かいてるかわからない?
え?値札がないからわからない?
え?注文の仕方が分からない?
え?明らかに衛生面が・・・?

えーい!!
とにかく内にも考えず、目に留まった店に入ってみましょう。
その先には新しい世界が広がっているのですよ!

現地の人々の生活が分かる

ローカルレストランでまず感じることは、現地の人々の食生活が分かることです。
ガイドブックに載っているのは、その国やその街の名物ばかり。
これでは人々の日常の食生活はわかりませんよね。

そこでローカルレストランに入ってみると・・・
とりあえずメニューに載っているものが何かわからないでしょうw
まあまあ落ち着いて。
メニューをじっくり見てみましょう。
写真はついていませんか?
近くに聞ける店員はいませんか?

周りを見てみましょう。
隣でだれか食べていませんか?
それはおいしそうではありませんか?

だったら突撃してみましょう。それに。
考えるより感じろ!です。

その国その場所の真の味が分かる

やはりせっかく旅に来てもらったのだから、その国その地域のいいところを見てもらいたいですよね。
「いやいや・・こんなのわたしらが毎日食べているお惣菜ですから・・・」
それがほしいんです!!
それがガイドブックに載っているレストランでは食べられないんですよ。

サラリーマンがおふくろの味を求めるように、旅人は滞在が長くなればなるほどローカルな味を求めるんですよ。

しかし、それが必ずしも旅人の味覚に合っているとは限りません。
驚くほど大好きな味に出会えるかもしれませんし、考えられないほど恐ろしい味に出会うかもしれません。
でもそんな体験もガイドブック片手には得られない経験です。
習うより慣れる!
そして、体験をもとに語れる人になりましょうよ。

現地の人々と交流できる

ローカルレストランに入ると、まあ間違いなく困ります。
どこで注文すんの?
どうやって注文すんの?
これ、値段は?
微妙な注文もしたいんだけど?
お支払いはどうすんの?
でもご心配なく。
大体助けてもらえます。
どこの国に行っても親切にすることは美徳。
困っていれば助けてくれる人は必ずいます。
そしてコミュニケーションしましょうよ。
新たな情報や新たな体験や新たな交流へと広がっていくかもしれませんよ。

安い!(多分)

全ての国とはいいませんが、ローカルレストランは安い、はずです。
だって毎日食べないといけないんですから。
この値段で、こんだけ食べれるの?
びっくりするぐらい豪遊できますよ。

長く滞在するなら、この値段の安さというのはジワジワ効いてくるのでさう。
安い、旨い、速い?という自分だけのお気に入り店が見つかると行きつけになってしまいますよ。

というわけでいかがだったでしょうか。
中にはローカルレストランはちょっと・・・という人も多いでしょうが、ローカルレストランにはローカルレストランを使うメリットもたくさんあるのです。
万人におすすめではありませんが、一度は試してから好き嫌いを判断してもよいのではないでしょうか。