549【ペルー紀行】世界遺産人気ナンバーワンの南米の聖地マチュピチュの山麓に広がる村。早朝から訪問したい人はここへ泊まろう『マチュピチュ村』

世界の世界遺産(World Heritage)
この記事は約4分で読めます。

前回はマチュピチュの山麓に広がるマチュピチュ駅までの行程について紹介してきました。
今回は、マチュピチュ観光の拠点になる山麓の町、マチュピチュ村について紹介していきたいと思います。
大半の人は、マチュピチュ村に到着後、食事などをしてからそのまま山頂のマチュピチュまで行ってしまうことでしょう。
そのため村そのものに注目する人はそこまでいないのではないでしょうか。
しかし、この山麓の村を活用することで、マチュピチュのさらに別の表情を見ることができてしまうのです。
また、この村そのものにもいろいろな見どころがあったりもするのです。
では、山奥にあるこの小さな村、どのような場所なのでしょうか。
マチュピチュの紹介直前である今回は、この村に注目してみましょう。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • 膨大な観光客を魅了するマチュピチュを支える小さな村、マチュピチュ村。この村にはどのようなポテンシャルがあるのでしょうか。

ペルーに関する記事です。

532【ペルー紀行】日本でもCMで一躍有名になったこともあるアルパカ。ペルーではそこらじゅうで見かけます
南米に行くと、日本では見慣れない動物がたくさんいます。今回は南米の国ペルーで家畜として長い間飼われ続けている動物アルパカについてです。日本でも一時期CMなどにでたことがあったため、知っている方も多いかとは思うのですが、あまり詳しくはその生態について知っている人も少ないことでしょう。
523【ペルー紀行】世界遺産人気でも第一位のマチュピチュ。そこまで行くためには鉄道での長ーい旅が必要なわけで
いよいよ世界遺産で最も大人気なペルーにあるマチュピチュを紹介する記事を書いていこうと思うのですが、なかなか、一回だけでは書ききれません。今回は、クスコからマチュピチュへ向かった鉄道について書いていきたいと思います。
364【ペルー紀行】これぞインカ帝国の技術力。その技術によって造られた建造物は今もなお健在『12角の石(Twelve Angled Stone)』
ペルーのクスコの町には、インカ帝国の技術力の高さをまざまざと見せつけてくる、12角の石(Twelve Angled Stone)があります。インカ帝国時代の石積みの基台の中にあるこの石は、角の数を数えると12角あり、そのすべての角と辺が隙間なく周辺の石と組み合わされているのです。
325【ペルー紀行】インカ時代の沐浴場。「聖なる泉」として知られる遺跡『タンボマチャイ』
今回はそんなインカ帝国の建造物の中で、皇帝の沐浴場であったタンボマチャイを紹介していきます。この遺跡の素晴らしいところは、インカ帝国の技術力で作られた建造物だけではなく、今もなお絶えることなく水を流し続けていることからもうかがえます。
318【ペルー紀行】インカの建造物の強固さを際立たせる『アルマス広場とカテドラル』
インカ帝国の建物は非常に堅牢であり、何度も大きな地震に見舞われても、建物や基礎は大きな被害を被ることなく今日まで残り続けてきたのだそうです。そんなインカ帝国の名残があるアルマス広場、そしてスペインによって建造されたカテドラル(インカ大聖堂)を今回は見に行ってみたいと思います。
279【ペルー紀行】インカ文明の巨石建築の最高傑作ともいわれる『サクサイワマン遺跡』
インカ時代の建造物は、その堅牢さが際立っており、スペイン人の侵攻によって破壊されたもの以外では、自然災害などではびくともしないような堅牢さを誇ります。そんなクスコの北西にあるサクサイワマン遺跡は、現在もなおその素晴らしい姿を残し続けている遺跡なのです。

マチュピチュ

誰もが知っているほど超有名な世界遺産マチュピチュ
山頂の天空に造られたこの古代遺跡は、世界中の人々を魅了し続けています。
ところがこのマチュピチュ、たどり着くまでが非常にハードルが高いです。
日本から地球の裏側ほどのところにあるペルーまで訪れ、そこから高山都市であるクスコまで移動。
さらには、ゆったりとした電車に揺られながら4時間。
ようやく到着かと思いきや、まだまだマチュピチュのある山頂まで登らなければいけないという長い長い道のりです。

そのような長い道のりなので、マチュピチュまでの最後の一息、山麓にあるマチュピチュ村でゆっくりしましょう。
このマチュピチュ村ですが、マチュピチュに訪れた人が必ず通過する人口3000人ほどの小さな村です。
ここから遺跡に向かって入山するとあって、訪れる人々をもてなすためのレストランや土産物店、宿泊施設などがあります。
ペルーの伝統的な民芸品や、アルパカの毛を使った製品などもたくさんあります。
そして、温泉地でもあるため体を癒すこともできるのです。
ただし日本とは違って水着着用が必須です。
そんなマチュピチュ村ですが、地図ではもともとの名前であるアグアスカリエンテスという名前で表示されることもあります。
この名前そのものが温泉地を表しており、メキシコにも同じ名前の町があります。(圧倒的にメキシコの方が有名です。)

実はこのマチュピチュ村ですが、日本ともつながりがあるのです。
19世紀末から20世紀初頭にかけて、日本からペルーへの移民が多数いました。
そんな中にいた一人である野内与吉氏は、マチュピチュまで敷かれた鉄道建設を行ったことを機にしてマチュピチュ地域に移住し、マチュピチュが村になったときに初代尊重となりました。
自身が興したホテルを中心に村づくりを行っていったため、マチュピチュ村にはどこか日本と同じような雰囲気を感じます。

早朝観光にはマチュピチュ村

そして、マチュピチュの早朝観光をしたい人は、このマチュピチュ村で宿泊するのが必須です。
5:30からシャトルバスは出ているので、それに乗り早朝のマチュピチュに入ります。
また、マチュピチュには、さらにその先にあるワイナピチュという山があります。
ここに登ると、マチュピチュを上から眺め下すことができるというとんでもない体験ができます。
ただし、このワイナピチュには一日400人の入山制限があり、そのチケットを入手することはかなり難易度が高くなっています。

マチュピチュ村からマチュピチュまではシャトルバスで登ることになります。
ジグザグとなった道を約30分かけて登っていきます。

次回はいよいよマチュピチュ遺跡に入っていきたいと思います。

アクセス

マチュピチュ村は、クスコから鉄道で約4時間で到着します。

マチュピチュへ行ってみた

それでは、マチュピチュ村へ行ってみましょう。

こちらがマチュピチュ村です。
どこか日本の温泉街の雰囲気を感じませんか??

しかし、見上げてみると周囲は山々がそびえたっています。
マチュピチュ村自体も2000mほどの高さにある村ですが、そこからさらに上があるのです。

世界的な観光地なので、小さな村ではありながら必要なものはほぼそろっています。
買い物にもぴったりな村です。

村の広場にあるクスコ王国の9代皇帝パチャクテクの像です。

レストランも多数あります。

ペルー料理が食べられます。
村の中にはアルパカ肉を提供しているレストランもあるそうです。

それではシャトルバスに乗ってマチュピチュに向かいます。

どんどん標高が高くなりますね。

とうとうマチュピチュの入り口ゲートに到着です。
次回はいよいよマチュピチュ遺跡に入っていきます。

いかがだったでしょうか。
自分が訪れたときは、マチュピチュ村に宿泊ではなかったのですが、次に行く機会があれば、この村で宿泊して、早朝のマチュピチュ、早朝のワイナピチュに挑戦してみたいなと思います。