550 第11回『わきみち ぶるじゃらん』アクセス数調査(476~525)

ランキング/ピックアップ(Ranking/Pickup)
この記事は約5分で読めます。

Blog更新550回達成しました。
今後ともよろしくお願いいたします。

今回は50回ごとに行っているアクセス数調査です。
No476~No.525の50記事のアクセス数で調べました。

最近は日本の名所に関して書いた記事へのアクセスが良く見られます。
この頃は日本の記事の量も増えてきていますので、これからもお気軽に見ていただければと思います。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • 日本を北から南へ。ところ変われば文化も変わる。今回も5つピックアップしました。

お伊勢参りの時にはかかせない『おかげ横丁』

最初の記事はおかげ横丁についての記事です。

三重県伊勢市にあるおかげ横丁は、伊勢神宮内宮から続く800mもの長さがある門前町であるおはらい町の中ほどにある、赤福本店に正面にある 江戸時代から明治初期ごろの街並みが再現され た49店舗のお店が軒を連ねる横丁です。
そのため、お伊勢参りが終わった後には、おはらい町とおかげ横丁でほっと一息、というのが大人気の観光スポットとなっています。

そんなおかげ横丁は、それほど古いものではなく当時は下火になっていたお伊勢参りを再び活性化させるべく、平成5年(1993)に伊勢名物の株式会社赤福の子会社である伊勢福によって運営が開始されました。

513【三重紀行】伊勢神宮のお参りのあとは、懐かしい雰囲気を醸し出す横丁で楽しもう『おかげ横丁』
今も伊勢神宮(内宮)の前には、活気あふれる門前町が広がっているのです。伊勢神宮(内宮)に直結しているのが両側にたくさんの店が連なる『おはらい町』。そのおはらい町を歩いていくとちょうど中ほどに現れるのが『おかげ横丁』なのです。

アイヌの暮らしがわかる『阿寒湖アイヌコタン』

次は、阿寒湖アイヌコタンの記事です。

北海道は釧路市の阿寒湖南に、阿寒湖アイヌコタンという集落があります。
ここは、アイヌに伝わる文化を今もなお伝え続けている集落であり、現在もまだ36戸120名にのアイヌ民族が暮らしています。

北海道の大自然の中で暮らしていたアイヌ民族の人々は、森や川で野生の生き物を狩り、土地から得られる豊かな自然を採集しながらこの地で生きてきました。
しかし、明治政府によってアイヌ民族はと日本人と強制的に同化させられる同化政策がとられたため、伝統的な生活や習慣や文化は段々と薄れていってしまいました。
ところが、そんな薄れかけていっていたアイヌの文化や伝統を今もなお受け継いでいこうとする人々がまだまだ多くいるのです。

阿寒湖アイヌコタンは、もともとはここには大きなコタン(集落)があったのではなく、阿寒湖周辺に点在していた中小コタンをこの場所にあつめて阿寒湖アイヌコタンとして形成されました。

501【北海道紀行】北海道の古くからの生活様式を体験できるアイヌの集落を残した『阿寒湖アイヌコタン』
北海道の道東最大の町釧路。そして、同市の北にある阿寒湖の近くにはとある集落があるのです。ここは阿寒湖アイヌコタンといい、北海道でも最大のアイヌ集落であり、アイヌ民族が暮らし、その文化を守り伝えている場所なのです。

日本を代表する城郭であったものの儚い夢と消えた『大阪城』

次は、大阪城です。

大阪城は現在の大阪市にある城です。
その昔、織田信長の時代には、石山本願寺という寺がこの場所にはありました。
織田信長との長い対立ののち明け渡されたこの地には、豊臣秀吉によって大坂城が建てられました。
初代天守は現在の物とは外観は全く異なり、一回り小さく黒漆が塗られていた黒い外観でした。
大阪は太閤秀吉によって造られた町だ、というイメージがあるのですが、この秀吉時代の城郭や町並みは大坂冬の陣、大坂夏の陣によって消失してしまいました。
わずか31年間だけ存在して秀吉の大阪なのですが、いまだに大阪の人々の中には大阪は太閤さんの街という意識が強いのです。

その後、江戸幕府2代将軍である徳川秀忠によって豊臣秀吉時代の石垣や郭などは埋められ、その上に新たな二代目大坂城天守が建造されました。
その際に、大坂の陣によって荒廃してた城下町も再建されていきます。
そんな二代目天守も築城から40年後に落雷によって焼失。

現在の天守は三代目天守であり、1931年の昭和時代に二代目徳川時代の大坂城が建っていた天守台の上に建てられた鉄筋コンクリート製のものです。

近年は、豊臣秀吉時代の石垣が発掘され一般の人々が見ることができるような施設などを設けることが計画されています。

478【大阪紀行】太閤豊臣秀吉が造った城と城下町…って、そうじゃないの??実は地元の大阪人も意外と知らない『大阪城(大坂城)』
太閤豊臣秀吉が整備し、氏が拠点とした大阪城。大阪は太閤さんがつくった街や!!と、大阪の人は言うのですが、現在建っている大阪城は、豊臣秀吉の時代とは縄張りも大きく変わっていますし、天守も違うものですし、天守の位置も実は違うのです。実は大阪在住の人でも知らない人が多かったりします。

人々の生活を支えるタイの伝統『水上マーケット』

次は、タイの水上マーケットについての記事です。

タイでは、古くから庶民の生活の場として水運が整備され、様々な物流が行われてきました。
そういった地域ではその水運を生かした水上マーケットが形成され、現在では観光客向けに営業が行われています。
陸運でやり取りを行うよりも、川の支流などを生かした運河網を利用することで、農産物や水産物などを効率よく水運によってやり取りすることができたため、独特な水場市場文化が発達しました。

その中でもタイの水上マーケットですが、代表的な3つの水上マーケットが現在もなお賑わいを見せており、その中からバンコクから南西に向けて約80kmにところにダムヌーン・サドゥアク水上マーケットについて取り上げてみました。

490【タイ紀行】タイに言ったらここは欠かせない。タイの昔ながらの市場の様子『タイの水上マーケット』
運河に広がる水上マーケットは、タイを代表する原風景です。タイのバンコク近郊には、代表的な3つの水上マーケットが広がっているのですが、今回はその中でもタイから敢行されているツアーでもよく取り扱われている、ダムヌーン・サドゥアクの水上マーケットを紹介してみたいと思います。

『新江ノ島水族館』

最後は、最近多い水族館シリーズ、新江ノ島水族館です。

新江ノ島水族館は、神奈川県にある水族館です。

戦後からこのエリアには江ノ島水族館が営業されていたのですが、その後継施設として2004年にオープンした新江ノ島水族館は、屋内型の水族館であるため、天候に左右されず一日楽しむことができる水族館です。

館内にある相模湾の環境を再現している巨大な相模湾大水槽です。
バンドウイルカの繁殖。
充実したクラゲの展示。
ウミガメやカピバラ、数多くの種類の充実した魚たちなどが特色の水族館です。

また、海をバックにしたイルカショーや、年間を通したイベント企画も大好評です。
水族館の周辺も有名な観光地で見どころがたくさんあるため、水族館を含めてこの一帯だけで丸々一日、休日を楽しむことができますよね。

526【神奈川紀行】サザンが頭から離れないか。江ノ島にはこんなお楽しみスポットも『新江ノ島水族館』
そんななかでも今回紹介するのは神奈川県の南、湘南海岸公園沿いにある新江ノ島水族館です。その名前の通り、江ノ島のすぐ近くに位置するこの水族館。もともとは戦後に設置された江ノ島水族館でしたが、2004年には新江ノ島水族館として現在地にオープンしており、多くの来場者が訪れています。

最近は城関係の記事が減ってきているのでアクセスランキングでも減ってきましたね。
城そのものよりも、城ノウハウに関する記事が最近は多いので、そういった方向でも今後は充実させていきたいと思います。
今後も継続して更新を続けていきますので、よろしくお願いいたします。