613【ウズベキスタン紀行】ソ連時代の雰囲気満載の何とも言えない雰囲気を持ち続ける『ツム百貨店』

ウズベキスタン(Uzbekistan)
この記事は約4分で読めます。

今回は久しぶりのウズベキスタンの首都タシケントの記事です。
ウズベキスタンの数ある見どころを見に来た観光客たちのほとんどがスルーするタシケント。
実際、ほかに素晴らしい都市が数々あるため、タシケントに着いたとしてもすぐに地方都市に移動してしまうことがほとんどではないでしょうか。

そしてウズベキスタンといえば旧ソ連国。
旧ソ連国の雰囲気が最もプンプンする都市はこのタシケントでもあるのです。
街中を歩いていると、他の都市では感じられないような雰囲気が盛りだくさんであるため、その雰囲気を楽しめない人は少し物足りないかもしれせん。
首都に訪れるといつも真っ先に行うことは、お土産散策です。
タシケントではお土産散策にぴったりなのがチョルスーバザールです。
ここでは、ウズベキスタンならではの食べ物や民芸品など、いろいろなものが安く手に入ります。

そして、他にもいろいろまわってみたくなりますよね。
そこで今回紹介するのはツム百貨店(タシケント ウニヴェルマーグ)です。
この百貨店なのですが、旧ソ連時代からある国営百貨店なのですが、なんといってもその雰囲気が独特なのです。
今回はこのツム百貨店を紹介したいと思います。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • ウズベキスタンのたくさんの観光地を巡った後でタシケントにやってくると、その独特な雰囲気がより一層際立ちます。

ウズベキスタンのタシケントに関する記事です。

786【ウズベキスタン紀行】タシケントのバザールで買い物をしたいならまずはここ『アライ・バザール』
今回紹介しているのは中央アジアの国ウズベキスタン。その首都であるタシケントにある市場です。ウズベキスタンの市場はバザールと呼ばれ、大きなバザールがタシケントにはいくつか存在します。以前紹介したツム百貨店のように閑散とした場所ではなく、タシケントではこのバザールで買い物の方が多くの人が集まって活況となっています。
753【ウズベキスタン紀行】タシケントにある70年以上の歴史がある劇場。日本兵とも関わりのある『ナヴォイ・オペラ・バレエ劇場』
今回紹介するのは、20世紀中ごろに造られた建物なのですが、実は日本人もかかわっているとされているとある建物についてなのです。その建物とは、ナヴォイ・オペラ・バレエ劇場といいます。築70年以上経っているとは思えないほど美しく整ったその佇まいは、ウズベキスタンがこれまでたどってきた激動の時代を見続けてきた建物でもあるのです。
487【ウズベキスタン紀行】ウズベキスタンの伝説的英雄ティムール。タシケント・サマルカンド・そして生まれ故郷キシュ(現シャフリサブス)に建つ『ティムール像』
ウズベキスタンには、首都やティムールと縁のある町にティムール像が設けられています。タシケントにある、ソ連時代にはマルクス像が立てられていた場所に設けたられたティムール像とティムール広場。ティムールが再建した町であるサマルカンド。そして、ティムールの生まれ故郷であるシャフリサブスです。
227【ウズベキスタン紀行】首都なんてこんなもんか!?旅人がスルーする?独特の雰囲気『タシケント』
ウズベキスタンの首都タシケント。ここは、古くはシルクロード、砂漠地帯のオアシスにある中継都市として、東西から多くのものが集まる物流の中心地として発展していました。現在でも、ウズベキスタン国内最大の商都なのですが、いざこのタシケントに踏み込んでみると・・・!?

ツム百貨店(タシケント ウニヴェルマーグ)

ウズベキスタンの首都タシケントには、旧ソ連時代からある国営百貨店があります。
ナヴォイオペラバレエ劇場のすぐそばにあるこの百貨店はツム百貨店といい、現在はタシケント ウニヴェルマーグという名前なのですが、今もなおツム百貨店といっても通用するようです。
ここには観光客向けのお土産物というよりかは、タシケントの現地の人に向けた衣料品や生活用品、家電や雑貨、ウズベキスタンならではの民芸品など、様々な品物がいろいろと並べられており、見て回るだけでも面白かもしれません。
イスラム圏では御法度な酒類があるのは??ですがw
日本よりかは安く品物が手に入りますが、バザールなどで売っているものと同じものであれば、バザールの方が安く手に入ることでしょう。

ツム百貨店は三階建てのガラス張りで、シンプルな外観でそこまでの古臭さは感じません。
しかし一歩中に入ってみると、その雰囲気にびっくりすることでしょう。

薄暗い照明。
陰気な雰囲気。
乗るのが不安になるエスカレーター。
売る気があるのか?というような売り子。
お客さんが全くいないんですけど・・・。

独特な雰囲気にびっくりすることでしょう。

旧ソ連時代のあらゆるものが国営だった時には、こういった雰囲気が普通だったのでしょうか?
そんな雰囲気が今もなお見ることができるとあって、一見の価値はある場所だと思います。
しかし現在は改装されて、内部も多少こぎれいになったという情報があったのですが、真偽は確かではありません。

ここまで紹介した来たことからもわかるように、ここは人々の活気を求める場所ではありません。

アクセス

ナヴォイオペラバレエ劇場の南西100mほどの場所にあります。

ツム百貨店(タシケント ウニヴェルマーグ)に行ってみた

それでは、ツム百貨店(タシケント ウニヴェルマーグ)の町に行ってみましょう。

かつて日本人もその建造に携わったとされるナヴォイオペラバレエ劇場
タシケント襲った大地震にも全くビクともしなかった建物です。

ここからツム百貨店は100mほどのため、徒歩で移動します。

写真を見てもわかると思うのですが、
タシケントの街・・・

人を見かけません・・・。
平日昼だったということもあるのですが、首都とは思えない静けさがあります。

そんなこんなでツム百貨店に到着。
外観はシンプルでスタイリッシュに見えなくもないですが、結構古いです。

百貨店に近づいてくると、なんとなく陰気ーな雰囲気が漂ってきます。」
びっくりするほど周囲にも、この後はいる中にもお客さんがいない・・・。
これでやっていけるのでしょうか。

この後中に入ることになるのですが、薄暗ーい雰囲気で自分ぐらいしか客がいなく、とても写真を撮れる雰囲気ではなかったので、この先の雰囲気を味わいたい方は自分の目で確かめてみてください。

いかがだったでしょうか。
百貨店内部の写真が残っていなかったので今回紹介できずに残念なのですが、一度見ておいても面白い百貨店でした。
タシケントでは、ツム百貨店もそうですが、地下鉄の構内や、古いホテルなどで旧ソ連時代の雰囲気を味わえる場所が結構残っています。
なかなかウズベキスタン紀行では立ち寄らない街かもしれませんが、余裕があれば行程の中にタシケント、そしてこのツム百貨店を入れてみてはいかがでしょうか。