627【奈良紀行】誰がこんな山の上まで??だけどいつも予約でいっぱいの山の上のピザレストラン『山岡ピザ』

食巡り(Food/Makanan)
この記事は約4分で読めます。

今回紹介するのはとある一軒のピザレストランです。
なぜただのピザレストランを?と思うかもしれませんが、このピザレストラン、非常に人気があるため予約するのも困難な店としてとても有名な店なのです。
「あー、そういう店もあるよね。」
と思うかもしれませんが、このピザレストランに関しては安易にその言葉を発することができません。
それはなぜかというと、このピザレストランの立地にあるのです。

ではこのピザレストラン。どこにあるのかというと・・・
狭く急こう配な坂道を上ったとある山の山頂にあるのです。
実際に行ってみると、行くまでの道のりがすさまじく大変です。
軽自動車で一度行ってみたのですが、坂道の途中でいったん止まると、再度走り始めことができない・・・。
そんな場所にあるピザレストランなのです。

奈良県は生駒山山頂にある山岡ピザは、その味はもちろんのことながら、その立地でもある意味で有名なピザレストランなのです。
今回は、この山岡ピザについて書いていきたいと思います。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • とんでもない山の上にあるたどり着くまでの過酷さが尋常ではないピザレストラン。しかし、そうまでしていく価値がここにはあるのです。

奈良県に関する記事です。

826【奈良紀行】こだわりたまごで、濃厚な卵かけご飯はいかが?『リーフマウンテンエッグ』
玉子ぉ・・・??ありふれた食べ物であり、数百円出せば簡単に手に入る玉子。その味に感動したことがありますか??うーん、まあこんなもんでしょ。というのがほとんどの方の感想ではないかと思います。しかし、そんないつも食べている玉子だからからこそ、違いが一目瞭然でわかるのではないかと思います。
817【奈良紀行】近畿の大人気の巨大な道の駅。地域振興に留まらないテーマパーク的な『道の駅 針テラス』
道の駅は数あれど、これほど巨大な道の駅は他にはないでしょう。それもそのはず、西日本で最大級の道の駅であり、旅の経由地としてではなく、むしろここを目的地として多くの人々が訪れるほどの道の駅なのです。その道の駅の名を『道の駅針T・R・S(はりテラス)』と言います。
811【奈良紀行】奈良産のとれたて市はいかが!?生駒山のふもとの小さな道の駅『道の駅 大和路へぐり』
今回は道の駅について紹介していきたいと思います。今回の道の駅は、奈良県にある道の駅であり、生駒山のすぐ東の麓にある『道の駅大和路へぐり くまがしステーション』です。道の駅といえば、その地域の地域振興として、地元の名産品などがたくさん販売されているなどして、いつも地元の人々や旅で訪れた人々によってにぎわっています。
633【奈良紀行】なぜ柿の葉に??もちろんそれには大きな意味があるのです『柿の葉寿司』
日本には他にもいろいろなタイプの寿司があります。今回はそんな様々な寿司の中から、近畿地方を中心に有名である柿の葉寿司というものを紹介したいと思います。なんですそれは?となってしまうかもしれませんが、この寿司はその名の通り、柿の葉で包んだ寿司なのです。
609【奈良紀行】関西圏の人々は何度も何度もCMで見たことがある温泉施設『天然大和温泉 奈良健康ランド』
関西在住であれば一度は見たことがあるのではないかというCM。『奈良 健康 ラ~ンド♪』結構昔からやっているなあというこの場所。気にはなっているけれど、行ったことがあるという人は奈良在住以外であればほとんどがそうなのではないでしょうか。
262【奈良紀行】大和の地にあり、大阪や京都へも近く、軍事や政治の要衝だった『郡山城』
奈良県は、長く歴史の中心にあって、当時の有力な武将たちによって様々な歴史を動かすようなできごとが繰り広げられてきた地であります。そして、この奈良には、豊臣秀吉の治政の時代、その弟豊臣秀長が城主として大和・紀伊・和泉100万石の中心であった郡山城があります。
148【奈良紀行】日本の山中にまさかのアンコールのような古代遺跡!!?『高取城』
今回は奈良県にある高取城を取り上げます。奈良県の城といえば郡山城の名前が良く上がるのですが、実は奈良県には百名城にも登録されている、日本でも最大規模の面積を誇った山城があったのです。しかも山林に囲まれた城の様子はまるで・・・!?
079【奈良紀行】南北朝時代築城の宇陀松山城と親子丼?の旅
奈良県宇陀市にある宇陀松山城跡。現在は、遺構が残されていますが、現在はハイキングコースの雰囲気です。城巡りついでに、宇陀の町散策はどうでしょうか。地元の美味い食材がたくさんありましたよ。城巡りと合わせて楽しめる町並みがそこにはありました。

山岡ピザ

奈良県は生駒山、狭く険しい道を上っていき、山の山頂近くに一軒の古民家を改装した小さなレストランが現れます。
ここはピザを提供するピザレストラン、山岡ピザなのです。
しかし、こんなとてつもない立地のところに客が来るのか・・・??
と思うことなかれ。
知る人ぞ知るこのピザレストランは、連日超人気のお店であり、予約しなければまず食べることができないほどのレストランなのです。
そしてその予約自体もなかなかとることが難しい・・・。それほどのお店なのです。

ほとんどの人は車で訪れるこの山岡ピザに行くためには、生駒山のとんでもない山道を登っていかなければいけません。
車のエンジンがウンウン唸るほどの急こう配をとにかく登っていきます。
途中で止まってしまうと、軽自動車であれば再び登り始めることは不可能でしょう。
勢いをつけて、一気に登り切ってしまわなければなりません。
一部の場所では、車一台分の幅しかないところもあり、前から車が来たらおしまい・・・とも思えるような場所もあったりします。
おそらく冬はこの道を登れるかといわれると、自信はありません。

そんな急こう配を上っていくと、山頂近くにぽつりと一軒の山小屋風古民家があります。
こここそが大人気ピザレストランである山岡ピザなのです。
そしてレストランに到着すると、山頂からの素晴らしい奈良の街を見下ろした光景が広がります。
特に夜になると、百万ドルの夜景と言ってしまっていいほどの夜景が広がります。

それほど大変な思いをしてやってきた山岡ピザ。
そのお味は期待を裏切りません
薪窯じっくりと焼き上げるピザ、地元のとれたての食材をふんだんに生かし、厳選したオーガニックな素材、選び抜いたワインなどとにかくウリのたくさんあるピザレストランです。

アクセス

恐ろしい急こう配で有名な暗がりなら街道から少し北に行ったところにあります。
大阪側からやってくる場合、暗峠がとにかく難所になるかと思います。
勾配だけで考えると、奈良側から登坂するほうがアクセスはしやすいでしょう。

徒歩でも近鉄南生駒駅から1時間以内で到着することはできるようです。

山岡ピザへ行ってみた

それでは山岡ピザへ行ってみましょう。

レストラン内は全席がこのように窓際の席になります。
視界の前面に奈良の夜景が広がります。

メニューはピザとパスタを中心に、一品料理も充実。
味付けも絶品なオーガニックメニューです。

いろいろ頼んだのですが、写真に残っていたのがこれだけ・・・。

山岡ピザの特徴はトッピングもそうですが、薪窯でしっかりと焼き上げられた生地にもあります。
写真はマルゲリータなのですが、口に入れるとふんわりとしているものの、もっちりとした生地です。
そこにしっかりとしたお味のトマトソースが塗られ、オーガニックなトマトやバジルなどがトッピングされ、あっさりとしているもののミルク感の残るモッツァレラチーズがトッピングされ、あっという間に食べきってしまうほどの美味です。
ピザレストランに行った時には、まずこのマルゲリータを食べることで、そのお店の真価がわかるのではないでしょうか。
これに加えて、ソーセージやトッピングのはちみつ、デザート類も充実しており、かなり満足度の高いレストランでした。

いかがだったでしょうか。
辺境にあるからこそ、何とか攻略してやろうじゃないかという挑戦者心に火が付くわけでもあります。
いくつものハードルを乗り越えて到達できるだけの価値ある山岡ピザ。
まずはしっかりと予約を確保してから、この山頂のレストランを目指してみてください。