630【京都紀行】かつての梅小路蒸気機関車館。しかも戦時中は、とんでもない標的にされかけたことも…『京都鉄道博物館』

近畿地方(Kinki)
この記事は約6分で読めます。

子どもたちが大人になったらなりたい仕事は?
昨今であれば”公務員“でしょうか・・・夢がないなあ。。

他には、スポーツ選手?
宇宙飛行士?
総理大臣??(今はいないか)

これらと並ぶほど子どもたちにとって人気の職業というと、電車の運転手ではないでしょうか。
自分ひとりの力であれほど大きな鉄道を動かす。ロマンがありますよね。

そんな人気の職業でもある電車の運転手ですが、なにせ気軽に体験することはできません。
しかし、そんなときに強い味方になってくれるのが鉄道博物館です。
鉄道大国の日本には、鉄道ファンの心をくすぐる鉄道博物館が数多くあるのです。

今回紹介している鉄道博物館は、そんな中でも比較的新しい施設である京都鉄道博物館について紹介していきたいと思います。
比較的新しいということなのですが、2015年の開館なのです。
ただし現在の京都鉄道博物館は、もともとここにあった蒸気機関車の博物館を拡張する形で開設されたものなのでした。

今回は、そんな京都鉄道博物館のこれまでの歴史と、どのような展示がなされているのかについて紹介していきたいと思います。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • 夢と希望にあふれた少年少女から、夢と希望にあふれた中年層年まで、鉄道ファンを魅了する大人気博物館に行ってみよう。

京都に関する記事です。

895【京都紀行】ここが京都を代表するお茶の産地だ『道の駅 お茶の京都みなみやましろ村』
京都といえば、お茶というイメージがありますよね。しかし、京都でお茶を作っているお頃ってどこなの?となりますが、京都の南にある京都の中でも唯一の村がその場所なのです。そこを南山城村といいます。そんな京都唯一の村にあるのが道の駅 お茶の京都みなみやましろ村なのです。
889【京都紀行】淀川につながる名張川・木津川の境にあるアーチ型ダム『高山ダム』
今回は京都の南にあるとあるダムについてです。京都でも広大なお茶の産地の京都府南山城村。素朴なお茶畑と、シイタケで有名なこの村には、1968年に巨大なダムが建設されました。そのダムは高山ダムといいます。
684【京都紀行】白い砂浜の広がる美しい砂州。股のぞきから見える天に架かる橋のような光景が有名な『天橋立』
京都府北部、日本海岸まで行ってみると、京都のもう一つの魅力を語ってくれる見どころがあります。そこは、天橋立という場所です。ここは砂州と呼ばれる地形の場所なのですが、その素晴らしい景観から、日本三景の一つとしても有名なところなのです。
297【京都紀行】明智光秀によって統治され、今も数々の言い伝えの残る『福知山城』
このドラマの影響で、明智光秀にまつわる城がにわかに注目を集めてきましたね。ドラマの中でも登場した坂本城をはじめ、明智光秀に関係する城はいくつもあります。その中でも、明智光秀が武功をあげた丹波攻め、その平定後に築城された城として、福知山城があります。
237【京都紀行】京都といえば京都駅を起点にしてが一般的ですが、こちらを起点にしても抜群なのです『宇治』
宇治といえば絶対に外せないのが、十円玉にも表されている平等院鳳凰堂ですよね。それ以外にも、博物館や寺社仏閣、さらには宇治ならではの食など、京都駅近辺以上に見どころの多いところなのです。今回は、宇治の中でも平等院鳳凰堂と寺社、博物館を中心に紹介していきたいと思います。
198【京都紀行】歴史の中心にある町で、幕末の大事件の舞台『二条城』
京都御苑の南西に位置するのが、江戸幕府徳川家康の命によって建てられた二条城(元離宮二条城)です。場所的に、朝廷を睨む位置であったかのような二条城ですが、なんとこちらは、幕末のあの歴史的な出来事の行われた場所なのでした。
179【京都紀行】"いただきます"は何のため?命を知る体験『京都市中央食肉市場』
今皆さんが食べている焼肉、ハンバーガー、ソーセージなどなど。みなさんが食べているお肉は、元は何だったのでしょうか?そのお肉が元々は命あるものだったで、どこまで理解できますか?今回紹介する『京都市中央食肉市場』は、食べ物を通して"命"を学ぶことができる施設なのです。

京都鉄道博物館

京都鉄道博物館は、京都市下京区にある鉄道関連に関する博物館です。
2016年の8月に開館し、週末を中心に連日人だかりが絶えない大人気の博物館なのです。
まだ開館から間もない博物館ではあるのですが、この場所にはもともとは鉄道がらみの別の博物館があったのです。

梅小路蒸気機関車館と交通科学博物館

そのもともとあった博物館は、梅小路蒸気機関車館といいます。
梅小路蒸気機関車館は2015年まで営業していた蒸気機関車の博物館でした。
その開館は1972年であり、日本の鉄道輸送の中心であり続けた蒸気機関車を、保存・公開するための施設として設けられたものでした。
この場所に夢工事蒸気機関車館が設けられたのは、さらにさかのぼるとこの場所が梅小路機関区の扇形庫として実際に運用されていた場所であったためでした。
後継施設である京都交通博物館には、梅小路蒸気機関車館の収蔵物の展示が行われており、扇形庫も保存され、引き続き一般の人々に展示され続けています。

そんな梅小路蒸気機関車館の光景施設としての京都鉄道博物館ですが、実はもう一つ歴史ある博物館を受け継いでいます。
それは、大阪の弁天町にあった交通科学博物館です。
実質的には、京都鉄道博物館はここの後継施設にあたるのだそうです。
かつて大阪にあった交通科学博物館は、1962年に開館し2014年まで営業されていました。

京都鉄道博物館へ

そんな2つの施設の後継施設として、京都の梅小路蒸気機関車館を拡張リニューアルして開館したのが京都鉄道博物館なのです。
その規模は2021年現在では日本第二位の面積規模を誇ります。

施設内には多くの鉄道車両が収蔵されています。
大阪の交通科学館にて展示されていた車両もここに移設され、トータルで50車両以上の展示があり、日本最大の規模を誇っています。
19世紀末から20世紀初頭の明治から昭和初期を支えた蒸気機関車から始まり、昭和を支えた鉄道車両。
貨物車両やディーゼル機関車、愛車両などなど様々な鉄道車両が保管展示されています。

鉄道車両の展示以外にも、運転シミュレーターの体験や、精巧なジオラマコーナーなどもあり、とにかく鉄道好きにはたまらないものです。

扇形車庫

そして、何よりもここの目玉といっていいものが、梅小路蒸気機関車館時代から公開されていた扇形車庫ではないでしょうか。
大正3年(1914)に建設された、国の重要文化財にも指定されている鉄筋コンクリート造の車庫があります。

ここでは大迫力で展示されている蒸気機関車車両があることももちろんなのです、現代ではなかなか見られないような車両整備施設がそのまま残されているのです。
しかし、ここは戦時中にとあることで有名になってしまいます。
扇形車庫の中央に位置する、シンボル的なターンテーブルが、実はアメリカ軍の京都への原爆投下目標地点として定められていたのです。
実際に京都に原爆が投下されることはありませんでしたが、もしそのような悲劇が現実のものとなっていたら・・・。
いま私たちはこうして、素晴らしい歴史の遺産を目の当たりにすることはなかったのでしょう。

アクセス

JR梅小路西京都駅から南に徒歩1分で到着します。

京都鉄道博物館へ行ってみた

それでは京都鉄道博物館へ行ってみましょう。

館内は、屋外展示であるプロムナード
屋内展示の本館
同じく屋外での寝台車展示スペースであるトライライトプラザ
そして、扇形車庫の蒸気機関車群の展示があります。

こちらは本館展示の蒸気機関車、1903年製、230形蒸気機関車233号機です。
日本国内で初めて量産化された蒸気機関車車両なのだそうです。

昔の駅が再現されています。

鉄道の運転席に入れるのが、鉄道博物館の醍醐味ですよね。

ここでは模型車両につけられた車載カメラの映像が映し出されるモニター付きの運転台があり、運転体験もすることができるのだそうです。
また、子どもは線路の下をくぐって内側から見学することもできます。

こちらは、1074年生のEF81形電気機関車103号機であり、2015年までトワイライトエクスプレスとして運行されていたものです。

梅小路蒸気機関車庫(扇形車庫)

さらに敷地内には、梅小路蒸気機関車館時代からここで一般公開されている扇形車庫があります。
中央には蒸気機関車の向きを変えるターンテーブルが見えます。

その周囲には車庫に入った20台にも及ぶ蒸気機関車が!!
本館もよかったですが、ここの雰囲気は最高でした。

いかだがったでしょうか。
写真だけでもワクワクしてきませんか?
実際、近畿圏の子供たちには大人気の施設であり、連日大入りの博物館なのだそうです。
新しい近代的な館内から、大正時代製造の施設までが一つの場所に同居する博物館というと、ここぐらいのものなのではないでしょうか。
京都駅からも一駅と、さほど遠くない場所ですので、一度訪ねてみてはいかがでしょうか。