643【インドネシア紀行】インドネシアでapple製品。apple storeが進出できないインドネシアではどのように手に入れればいいのか!!?

インドネシア(Indonesia)
この記事は約5分で読めます。

日本では大人気のApple製品
特に異常なほどにシェアの高いiPhoneですが、世界ではどうなのでしょうか?
実は、日本ほどにiPhoneのシェアは高くはないのです。
それはなぜか??値段です。
高いからです。
日本だとまだまあ気軽に持てるiPhoneですが、世界だと持っているだけで”お金持ち“というイメージになったりもします。

今回はインドネシアでのApple製品、iPhone事情についてなのですが、インドネシアにいるとApple製品にお目にかかることはほとんどありません。
それもそのはず、インドネシアにはApple Storeがないんです。
一軒も。
ジャカルタであっても。

そもそも3億人近いパイを持つインドネシア市場をAppleがみすみす見逃すというのもよくわからないのですが。
しかし、Apple製品が買えないわけでもないし、修理ができないわけでもないのです。
さてさてそれはどういうことなのでしょうか。

今回は、このようなインドネシアにおけるApple製品事情について書いていきたいと思います。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • え!?インドネシアってApple製品買えないの!?いやいや買えるには買えますよ。では、どこでどうやって買えばいいのでしょうか。

インドネシア生活についての記事です。

772【インドネシア紀行】そういえば、ジャワティーってあったよね。あれってインドネシア、だったはずだけど、お土産としてのインドネシア産紅茶ってどうなのだろうか
スーパーやコンビニに行くと、ジャワティーストレートなる商品があることでしょう。ジャワティーのジャワとは言わずと知れたインドネシアのジャワ島のこと。じゃあ、インドネシアは紅茶の一大産地なのだろうな!と、想像できてしまいますよね。
703【インドネシア紀行】海外では難しいバラマキ土産探し。インドネシアではこんなものがあったりします
インドネシアに行ったときにどのようなバラマキ土産を見つけることができるか、というところのフォーカスして書いていきたいと思います。おそらく、普通にショッピングしていては、なかなか目的にあったお土産を見つけることは難しいかもしれません。では、インドネシアで買えるバラマキ土産にはどのようなものがあり、どこでて手に入れることができるのでしょうか?
455【インドネシア紀行】次々と参入してくる新たな電子マネー市場。そして、スマホと結びつくことでかなりの活況を見せています。
インドネシアでは近年かなり電子マネーが活況を見せるようになっています。スマホの普及と相まって、日常生活の中で電子マネー決済を使う人がかなりの数になっています。 また、実店舗での利用だけではなく、GrabやGo-jekといったデリバリーサービスでも広く活用されているのです。
469【インドネシア紀行】東南アジアでは国境を越えて大きなシェアを獲得しているGrab。そしてインドネシアでももちろん人々のライフラインになっているのです
ジャケットに書かれている『Grab』。これはいったいなんぞや?と思われるかもしれませんが、これこそがまだ設立から10年であるにもかかわらず、東南アジア8カ国を席巻した配車サービス企業のGrabなのです。
443【インドネシア紀行】発展途上だから・・・ではなく、驚くほどの経済格差のあるインドネシア。しかしそれも次第に・・・
インドネシアに行ってみると、まず驚くのはやはりそこで働く人たちの賃金の低さではないでしょうか。日本人の賃金に比べると安すぎるなあ・・・これで生活できるのか?と思うかもしれませんが、実際インドネシアに暮らす人々にとってはこの金額で生活できてしまうのです。
414【インドネシア紀行】日本とは異なる携帯事情。しかしびっくりするほど携帯・スマホ普及が高いように見える理由はここにあった
若者から、そこらじゅうにいるドライバーたち。市場で見かける一般の主婦たちと、とにかくほとんどの人がスマホを所持していると言っても過言ではありません。これは何かあるのではないでしょうか?予想通り、インドネシアでこれだけスマホが普及しているのにはそれなりの訳があったのでした。
398【インドネシア紀行】インドネシアに来ても安心。ここでも手に入る安心の製品をピックアップしてみました。
海外に出ていくと、やはりあたり前ではない景色が広がります。日本とは異なる風景、町並み、人々。そんな中で今回は、海外で見かけるいろいろな製品にフォーカスして書いてみました。その中でも、インドネシアで安心して手に入る安心の製品の数々を今回はピックアップしています。
392【インドネシア紀行】もはや世界はAmazonだけではない。ここまで進んでいるインドネシアでのオンラインショッピング事情。
コロナ禍による自粛生活が長引くことで、一気に通信販売が一般化したかのように思います。それは日本だけに限った話ではなく、インドネシアでも同様の傾向が顕著になってきているのです。そんなに早く届くの?とも思いますが、私たちの想像を超えたほど発展を見せてきているのです。

インドネシアのApple製品事情

3億人にも近い超巨大なインドネシア市場
これだけ巨大な市場があるのであれば、インドネシア国内の内需だけでも十分に経済を回していくことができるだけの潜在能力があるわけですよね。

年々経済発展を遂げ、その購買力も非常に上昇していっているわけです。
そして、この国のスマホ普及率は約60%ほど。
まだまだシェアを拡大する余力はあるわけで、各社この市場を取ろうと総力戦が展開されることも想像に難くないですね。

ところが、日本市場では大人気のApple製品
その中でもiPhoneですね。
iPhoneはインドネシアではどの程度シェアを取っているのでしょうか?
実は、10%もシェアがないのが現状なのだそうです。
その理由の一つは単純明快、『高い』からです。

インドネシアの平均的な人々がもっているスマホの価格帯は1~2万円台くらいが多いように思います。
となると、皆さん何を使っているのか?
多い順(2021年)に言うと、
Samsung→OPPO→Xiaomi→VIVO
この4社でほとんどのシェアは牛耳っています。
Android天国ですね。
しかし、世界で見るとiPhoneのシェアはこちらの方が近いかもしれません。

単純に『高い』というのは、インドネシアの方々の所得から見て高いということもあります。
実際平均月収よりも高いiPhoneは高根の花なのはわかります。
もっているだけで”富裕層”に見られるのです。

インドネシアのApple製品はなぜ高い!?

ではインドネシアではApple製品はなぜ高いのか?
もともと高いのはあるのですが、インドネシアのApple製品はそれ以上に高いのです。
おそらく、1割~2割くらい価格が高いのではないかと思います
それには理由があります。

まず一つは、公式にはAppleがインドネシアに進出できていないからです。
インドネシアの方針として、インドネシア国内で販売する製品に使われる部品の中で、インドネシア国内から調達できるものがない場合、インドネシア市場への進出が難しいということがあるのだそうです。
そのため、インドネシア国内にはApple Storeは一軒もないのです。

主に中華圏で製作され、日本や韓国などの部品を使って作られているAplle製品。
この基準が難しかったのではないかと思います。

じゃあ、インドネシアではApple製品は買えないの??
となると、矛盾が生まれます。
本日の記事の中で”インドネシアのiPhoneシェアは10%いかないほどなのです”、と書きました。
0じゃないんです。
じゃあ、どこでみんなApple製品を買っているのか?
それは、Apple認定ストアで購入することができるのです。

インドネシア国内のApple認定ストア

インドネシア国内には大きく2つのApple認定ストアがあります。
その2つとは、『Digimap』と『iBox』です。
大都市であればほとんどの場所で見かけるこの2つのApple認定ストアにてApple製品は購入することができるのです。(それ以外にも小規模な量販店でも取り扱っているところはあります。)

ところが前述したように、この2つのストアのApple製品価格・・・非常に高いです。
しかし、高くても買う人はいるんです。
海外から駐在している人だけではなく、インドネシア人や華僑の富裕層には大人気のApple製品。
お店に行くと、人気商品はいつも品切れ、ということもよくあるのです。
おそるべしApple製品、です。

digimap
digimap - enhancing life
iBox: Apple authorized reseller original & gratis ongkir
Beli produk Apple garansi resmi & original di iBox. Belanja iPhone iPad Apple Watch Mac dan aksesoris bisa ambil di toko atau dikirim, gratis ongkir!

もちろん修理受付もやっていますし、各種アクセサリー類も充実しています。
店舗の作りもApple Storeを意識しているのは丸わかりで、Apple Storeはない国だけど、Apple製品に困ることはありません。
まあ、お金はかかりますが、お金がすべてを解決してくれるわけです。

いかがだったでしょうか。
Appleユーザの方でインドネシアに長期間行く、ということになると、やはりその国にApple Storeがあるかどうかというのは懸念点だと思います。
今回の記事を読んでいただくと、まあ一安心はしていただくことができるかなと思います。
ただし、気を付けていただきたいことがあります。
インドネシアでApple製品を購入した場合、日本での修理受付は期待できないかもしれません。
また、携帯用の電波を発する機器の場合は日本の技適を通っているかをよく確認した方がよいでしょう。
iPhoneSEは技適を通っていたことは確認したのですが、iPhone12シリーズ、13シリーズは日本の技適は通っていませんでした。
その点はよく確認してから購入することが大切ですよ。