661【ウズベキスタン紀行】ヒヴァのイチャン・カラ内でも独特の構造と雰囲気をもつ『ジュマモスク』

世界の世界遺産(World Heritage)
この記事は約4分で読めます。

ウズベキスタンのヒヴァにあるイチャン・カラは城壁に囲まれた中世の都市です。
この地域は年間を通して太陽が厳しく照り付ける過酷な大地であり、人々の生命線であったアムダリヤ川の流れに左右されるような生活が続いていた場所でした。
そのためアムダリヤ川が流れを変えると、それに伴って人々はカラという都城をその都度作り替えていました。
イチャン・カラもそのような経緯で作られたカラではありますが、17世紀にホレズム帝国の中心地となったことで、数多あるからの中で最もにぎわいを見せるカラとなります。

世界遺産にも登録されているイチャン・カラ内には、かつての宮殿やハーレム、霊廟をはじめ、神学校であるメドレセ、モスクなどが建てられており、それに加えて人々が今もなお生活を続けている、世界遺産と人々の生活が同居する不思議な空間です。
そんなイチャン・カラ内には、20のモスクが存在します。
その中でも、中央アジアを代表するモスクであるジュマモスクについて今回は紹介していきたいと思います。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • イチャン・カラ内も他の建造物の造りとは大きく異なるジュマモスク。その独特な内部を見に行ってみよう。

ウズベキスタンのヒヴァに関する記事です。

779【ウズベキスタン紀行】未完成で終わったミナレット。これが完成していれば、とてつもない大きさだった『カルタ・ミナル』
城壁に囲まれた世界遺産であるイチャン・カラ。町全体が世界遺産になっているヒヴァの町は、砂の色の建物の中に、青のタイルが映える、歴史を感じさせる町なのですが、この町を西門であるオタ・ダルヴァザから入場すると、すぐに目に入ってくるのが、青のタイルで彩られた台形かつ円柱の形をした建物であるカルタ・ミナルです。
511【ウズベキスタン紀行】西洋の帝政ロシアの文化と、イスラムの様式が折衷されたヒヴァの宮殿『ヌルッラバイ宮殿』
イチャン・カラから北に600mほど進んだところには、小さいながらも上品な雰囲気が漂う建物があります。それもそのはず、ここはヌルッラバイという宮殿なのです。じっくり見てみると、ウズベキスタンのイスラム様式があるのはもちろん、西洋洋式も垣間見ることができる建物なのです。
622【ウズベキスタン紀行】職人達が美しいスザニや絨毯を織っていまいる所も見学でき、職人の技を実際に見ることができる『スザニセンター』
ウズベキスタンの嫁入り道具として代々受け継がれてきたものがスザニと呼ばれる刺繍製品です。実際のスザニを製作している現場。気になりませんか?そんな要望を満たしてくれる場所があるのです。そこはスザニセンターといい、ウズベキスタン西部にあるトルクメニスタンとの国境近くにある町 ヒヴァの世界遺産イ・カラ城壁内にあります。
467【ウズベキスタン紀行】ヒヴァで最も高く、一般の観光者も登ることができるミナレット『イスラーム・ホジャ・ミナレット』
今回紹介しているイスラーム・ホジャ・ミナレットは、ヒヴァの中でシンボル的な建物の一つであり、高くそびえるその姿遠くからも見えることでしょう。どこからもその姿を見ることができるとなると、このミナレットから生活のある世界遺産ヒヴァの全貌を上空から眺めることができてしまうスポットなのです。
316【ウズベキスタン紀行】砂漠の中にあるヒヴァ・ハン国の首都『ヒヴァのイチャン・カラ』
巨大な砂漠に囲まれたヒヴァは、元はヒヴァ・ハン国の中心だった都市です。都市全体が博物館都市として世界遺産に登録されているヒヴァですが、今もその都市の中心であるイチャン・カラには、歴史的な建造物が立ち並ぶとともに、人々の生活も見ることができる街なのです。

ジュマモスク

ウズベキスタンのヒヴァにある世界遺産イチャン・カラ
その中には20のモスクが存在します。
その中でも中央アジアでも最も有名なモスクの一つであるともいわれているジュマモスクとミナレットがあります。
ジュマモスクのジュマとは金曜日を指しており、イスラム教の休日である金曜日には多くの人々が礼拝のためにこのモスクに訪れるのです。
また、祈りの場だけではなく、集会や教育の場としても利用できるように広く多くの人々に開放されていた施設でした。

10世紀に建てられたとされているジュマモスクですが、何度も修復工事を重ねて、現在残っているのは18世紀末頃に修復がなされたものです。
このジュマモスクが特徴的なのは、石やレンガ造りの建物が立ち並ぶイチャン・カラ内にあって、たくさんの木の柱によって支えられた造りのモスクになっているのが特徴なのです。
ここの様式は、ウズベキスタンの他の都市にあるモスクでも見られない独特な様式になっています。

実際中に入ってみると、50m四方ほどの部屋の中には、無数の木の柱が立ち並んでいる光景が広がります。
約3m間隔で並べられた5mほどの長さがある木の柱は、全部で213本も立ち並び同じく木造の天井を支えています。
柱の長さは多少の違いがあるのですが、天井の高さを均一にするためために、石の台座を使って調整が施されています。
一部は状態の悪い柱もあるのだそうですが、ウズベキスタンが旧ソ連だったころに内部に鉄の棒が埋め込まれたり、鉄の輪で補強されたりしてなんとか修繕を積み重ねてきたのだそうです。

木の柱それぞれには彫刻が施されており、すべて違った彫刻が施されているのだそうです。
薄暗い中に天窓から差し込む光によって彫刻の様子がわかるようになっています。
柱もそれぞれ年代があり、ホレズムの首都であったカトから持ち込まれたものである柱が最も古いものであるといわれています。
それ以外にも、10~12世紀の物であると考えられているものからはじまり17世紀までとされるものまでだけでも30本ほどあります。

アクセス

イチャン・カラの中央部あたりにあります。

ジュマモスクへ行ってみた

それでは、ジュマモスクへ行ってみましょう。
外観は撮影し忘れてしまったので、中に入ったところからです。

こちらがジュマモスク内部です。
ウズベキスタン感がないのがわかりますよね。
このモスクだけがこのように木の柱が立ち並んだ造りになっており、独特の雰囲気を出しています。

柱だけではなく、支えている天井も木で作られていますね。
実のところ旧ソ連時代にかなり修繕がなされたようであり、柱の中には鉄の棒が入れられて補強されているものも多いのだそうです。

天窓から入る太陽の光によって内部が照らされ、それぞれの木に施された彫刻が浮かび上がってきています。
中央に白い大理石で作られている小さなモスクのようなものがありますが、これは賽銭箱なのだそうです。

この時は誰もいない状態でしたが、ジュマモスクの名前の通り、金曜日の礼拝時には多くの人々が集まるモスクなのだそうです。

いかがだったでしょうか。
城壁に囲まられた世界遺産イチャン・カラの中には、あまりにも見どころが多すぎて、どこから訪れたらいいかわからなくなってしまうかもしれません。
そんな中でも異彩を放つモスクであるジュマモスク。
長く人々の生活に根付いてきた伝統あるモスクを、ぜひその目で見てみてください。