663【大阪紀行】古代からこの地を守り続けてきた大阪を代表する神社『住吉大社』

近畿地方(Kinki)
この記事は約4分で読めます。

色々な見どころがある大阪
ユニバーサルスタジオジャパンやあべのハルカス
梅田や難波といったキタミナミなど、みどころがたくさんでどこからまわろうか悩むことではないでしょうか。

にぎやかなイメージの強い大阪ですが、たまにはしっとりと歴史を感じる名所を巡るのはいかがでしょう。
今回紹介している住吉大社は、大阪市の南を代表するだけでなく、日本全国をも代表するほどの歴史を持つ神社です。
その歴史は1800年ともいわれており、古墳時代のころから大阪に訪れる船の航海祈願として有名な神社でした。

今もなお、大阪三大夏祭りの一つにも数えられている住吉祭が行われるなど、地元の人々に親しまれ受け継がれ続けているのです。
今回は、そんな歴史ある大阪の神社、住吉大社について紹介していきます。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • お笑いも、テーマパークも、食い倒れもいいけれど、たまにはしっとりとして大阪歴史巡りはいかがでしょうか。

大阪の城に関する記事です。

697【大阪紀行】自然と動物たちとの心のふれあいがテーマの観光牧場『ワールド牧場』
動物園のように動物たちを展示してみてもらうというコンセプトではなく、あくまで牧場であって、そこに一般のお客さんを呼んでみたり触れ合ったり、いろいろな体験をしてもらうという場所が観光牧場です。今回紹介している南大阪にあるワールド牧場も、そんな自然と動物たちとのふれあいをテーマにした観光牧場の一つです。
687【大阪紀行】大阪の戦禍を今に伝える博物館。そこから学ぶことはとても多い『ピースおおさか~大阪国際平和センター~』
今回紹介しているのは大阪にあるピースおおさかという施設です、正式名称が大阪国際平和センターといい、先の大戦時に大阪だどのような状況になったのかということを今にしっかりと伝えてくれている施設なのです。
639【大阪紀行】都会のど真ん中に動物園!?実は日本国内でも三番目に古い大正生まれの『天王寺動物園』
天王寺動物園は、日本で3番目に古い歴史を持つ、大正4年に開園した歴史ある動物園なのです。そんな天王寺動物園ですが、現在の大阪の市政からは冷遇されているように思います。今回はそんな天王寺動物園について、紹介していきたいと思います。
478【大阪紀行】太閤豊臣秀吉が造った城と城下町…って、そうじゃないの??実は地元の大阪人も意外と知らない『大阪城(大坂城)』
太閤豊臣秀吉が整備し、氏が拠点とした大阪城。大阪は太閤さんがつくった街や!!と、大阪の人は言うのですが、現在建っている大阪城は、豊臣秀吉の時代とは縄張りも大きく変わっていますし、天守も違うものですし、天守の位置も実は違うのです。実は大阪在住の人でも知らない人が多かったりします。
314【大阪紀行】羽柴秀吉の紀州征伐の拠点。近隣には謎の古城も『岸和田城』
今回紹介している岸和田城も大阪を代表する名城であり、日本百名城の選考過程でも終盤まで残っていた城なのだそうですが、日本百名城には大阪からは『大阪城』と『千早城』が選ばれたため、惜しくも落選してしまいます。
304【大阪紀行】その高低差はくじけそうになるほど…。南北朝時代の城『千早城』
大阪の南、千早赤阪村に残る千早城です。鎌倉末期から南北朝時代にまでの時代に活躍した楠木正成によって築城された山城で、四方を天然の要害に囲まれた地形を生かした戦法や、藁人形を使って軍勢をカモフラージュするような奇策など、様々な戦法を駆使して大軍を追い返すことに成功した城なのです。
216【大阪紀行】天然の要害である三好山から見下ろす戦国時代の山城『芥川山城』
今回紹介するのはそんな大阪の地にあった芥川山上という城です。以前紹介した飯盛城が、実は三好長慶による三好政権の中心地であったように、芥川山上もその三好長慶が飯盛城に移る前に居城としていた、大坂の地にあった城の中でも最も大規模だったといわれている城なのです。
176【大阪紀行】最後は、畿内の有力大名だった三好家の居城『飯盛城』
かの有名な戦国の三英傑である織田信長、豊臣秀吉、徳川家康が、天下を統一していったことは有名ですが、実は信長よりも前に転嫁を取った天下人がいたのです。その人物は、三好長慶であり、その三好長慶が拠点とした城が今回紹介する飯盛城なのです。

住吉大社

住吉大社は大阪府大阪市住吉区にある神社です。
全国に2300社ある住吉神社の総本社であり1800年の歴史がある神社なのです。
今は西の大阪湾から数km離れたところにありますが、かつて古代にはすぐそばまで海が広がっていたと考えられています。

その創建は西暦210年前後に、神功皇后が住吉大神の加護を得て新羅遠征を成功し、無事帰還することになります。
この際に、住吉大神が住吉の地に鎮座されたと考えられています。
住吉大社の主祭神は、底筒男命・中筒男命・表筒男命の住吉三神、そして神功皇后となっています。
史料として文献上に確認されているのは7世紀末となっています。
住吉大社は海上交通祈願の信仰がよく知られています。
特に古代では、遣唐使船とのかかわりが深かったため、遣唐使船が無事に公開を行うことができるように守り神として考えられていました。
また、和歌や文学の神としても崇められています。

時代は武士の時代になりますが、住吉大社は崇敬され続けていきます。
鎌倉時代、室町時代と時の有力者たちから崇敬されていきますが、戦国時代には火災でたびたび焼失することになってしまい、それまで計画的に行われていた式年遷宮も滞った唯一の時代になります。
戦後になってからは1946年に社号を住吉大社に改称し、現在に至っています。

住吉大社では20年ごとに社殿を作り替えて、住吉大神をお遷しする式年遷宮が行われています。
8世紀の段階ではすでに数回の式年遷宮が行われていたのではない後考えられています。
その後、代々式年遷宮が行われることによって、その技術や伝統は継承され続けてきました。
一時期、戦国時代には半世紀以上中断したこともあるそうなのですが、再び行われるようになり、今もなお20年ごとに行われ続けてきているのです。
直近では平成23年に行われました。

この住吉大社の境内の中では本殿4棟は国宝になっています。
その他重要文化財に指定されているものも多数ある中で、住吉大社といえばというほど有名なのが、反橋(そりはし)ではないでしょうか。
太鼓橋とも呼ばれるこの橋は一目見ると忘れられない形をしています。
高さが4.4mもあり、大きなアーチを描いて池の上にかかっています。
非常に急な勾配をしたアーチ橋なので、端から端まで渡りきるのに一苦労。。。
一説によると、この反橋のあたりまで海が来ていたのではないかともいわれています。
この反橋を渡るとお払いになるとされている端なのです。

7月31日を中心に行われている住吉祭は、大阪三大夏祭りの一つとしても有名であり盛大に行われ続けています。
地元大阪の人々からは、”すみよっさん“の愛称で親しまれ続ける神社なのです。

アクセス

南海住吉大社駅から150mほど東にあります。

住吉大社へ行ってみた

それでは住吉大社に行ってみましょう。
残念ながらあまり写真はありませんでした。

駅から参道を通って住吉大社に近づいていくと、池にかかる反橋が見えてきます。
非常に傾斜のきつい端なので、上り下りは非常に大変・・・!?
しかし、ご利益があるのであれば頑張るのみです。

住吉神社角鳥居です。
その名の通り、柱が四角柱という珍しい鳥居であり、別名、住吉鳥居とも呼ばれています。
そしてその奥にあるのが幸壽門(こうじゅもん)です。
この奥に第三本宮、第四本宮があり、その奥に第二本宮、さらに奥に第一本宮という並びになっています。

いかがだったでしょうか。
大阪に数ある神社なの中でもその歴史の古さはぴか一ですね。
遣唐使の時代、等といわれると、以下に古くからこの大阪の地に文化が発達していたのかがわかりますね。
大阪の歴史をめぐる旅では欠かせない場所の一つかもしれませんね。