674【城ノウハウ】北海道 沖縄 本州 それぞれの城の特徴を見ていってみよう

世界のわきみち(World)
この記事は約4分で読めます。

これまでも数多くの百名上についての紹介をしてきましたが、様々な城がありました。
その中で、大きく形の違う城がある地域があったことにはお気づきでしょうか。
本州・四国・九州にある城は、その建築様式やスタイルなどは、年代によって異なる部分はあるものの、大体は似たようなものだと思います。
ところが、沖縄の城はどうだったでしょうか?
石垣の造りから縄張りや建造物の造りなど、本州をはじめとしたそれとは大きく異なるスタイルをしていましたね。
そして、北海道の城もまた本州などとは異なる造りをしているのです。
それもそのはず、北と南のこれらの地域は、もとはといえば異なる国。
そのため、城の造りが異なることも当たり前なのですね。

では今回は、本州と比べて、北海道や沖縄の城にはどのような特徴があるのか、紹介していきたいと思います。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • 地域が変われば、国が変われば、城も大きく変わる。日本の中だけであってもこれだけの違いを見ることができるのです。

沖縄の城郭

沖縄は1429年から1879年まで琉球王国という日本とは異なる国でした。
そのため城郭建築にも本州などとは異なる特徴がありました。

沖縄では城のことをグスクといいます。
現存しているものは多くはありませんが、かつてはグスクが沖縄全域に約300か所もあったとされています。
グスクの多くはまだ沖縄が分裂していた三山時代から琉球王国成立期にかけて造営されたものが多くなっています。

グスクの特徴は石塁によって築かれていることです。
石垣で城郭建築が行われているという点では、14世紀ごろから行われていたということであり、本州などよりも古くから石垣を用いられていたことになります。
また、石垣がゆるやかなカーブを描いている曲線城壁になっていることが特徴です。
また、その城壁の上が通路となっていたりする子tも特徴なのです。
またこの曲線系を用いたのは石垣だけではなく、石垣の一部を開口させて造られた門の上部がアーチ状になっていて強度を高めているのが特徴となっています。

このような立派な建築様式になっているグスクですが、必ずしも戦いや防御といったことを考えて造られた建築物であったとは限りません。

もちろん戦いのためのものもありましたが、地域の王などの居城になっていた館があった場所であったり、拝所として使われていたりと、沖縄での土着の信仰とも結びついた使い方もされていたようです。
また、城壁に囲われた中に集落をつくって、その地域の長と住民、そして信仰の場が一緒になった場所であったとも考えられています。

沖縄の次の5か所のグスクは、『琉球王国のグスク及び関連遺産群』を構成するグスクとして世界文化遺産に登録されるとともに、日本百名城及び続日本百名城にも登録されています。

中城城

466【沖縄紀行】沖縄のグスクを心ゆくまで堪能できる沖縄の城の美。そして、まさかのあのドラマの撮影場所だったとは…『中城城』
今回紹介している中城城は、世界文化遺産にも登録されている琉球王国時代から残るグスクの跡です。沖縄でよくみられる曲線型をした石垣やアーチ門など、独特の特徴を存分に堪能できる城です。また、東西に巨大な城郭であり、とても丁寧に再建されたり保存されたりしているため、とても見どころの多い城です。

今帰仁城

101【沖縄紀行】沖縄中部 美ら海水族館から今帰仁城まで楽しめる『ゲストハウス 琉遊』
沖縄中部、本部町。こちらには美ら海水族館や、日本百名城かつ世界遺産である今帰仁城跡があります。那覇市などに比べると、都会のエリアではないので日帰りも多いかもしれませんが、見どころの多い中部エリア。ぜひ一泊して、堪能してみませんか。

勝連城

459【沖縄紀行】沖縄独特の曲線美が美しく、ふもとから頂上までそれを堪能できる『勝連城』
2000年にユネスコ世界文化遺産に登録された琉球王国のグスク及び関連遺産群には、勝連城跡、今帰仁城跡、座喜味城跡、中城城跡、首里城跡、の計5か所のグスクが登録されていますが、今回紹介している勝連城はその中でもその築城が最も古いグスクとされています。

座喜味城

322【沖縄紀行】沖縄のグスク特有の曲線の城壁やアーチ門が美しい『座喜味城』
沖縄の城(グスク)の特徴としては、本島にある城とは異なり、独特な様式をしています。その特徴が、曲線状に造られた城壁と、アーチ型になった門です。この沖縄の城の特徴を持ち、しかもそれが沖縄最古のものである場所が今回紹介している座喜味城といわれています。

首里城

051 【沖縄紀行】御内原から見る、火災前の在りし日の首里城
沖縄を代表する世界遺産、首里城跡。記憶に新しい2019年の火災により、正殿・北殿・南殿が消失してしまいましたが、確実にっ債権の歩みを進めています。今回は、在りし日の首里城正殿エリアを、御内原エリアから眺めてみました。

北海道の城郭

北海道といえば、明治期に開拓されるまではアイヌと呼ばれる民族が住む広大な土地でした。
そこでは、アイヌ民族の人々が城砦を築いていました。
城砦とはいいますが、自然の地形を利用した砦という方が適しているかもしれません。
こういったアイヌの砦のことをチャシといいました。
そのようなチャシという城砦が約500か所にわたって存在していたことがわかっています。
しかし、アイヌには古くからの文献等が残っていないため、その多くの遺構は見つかっていないと考えられています。
特に、道東地域に偏って分布しており、日本百名城の栄えある1番にあたるのが『根室半島チャシ跡群』であり、道東地域に存在しています。

そんなチャシが築かれたのは16~18世紀頃であることがわかっています。
本州などとの城郭とは違って、自然にある平坦な地に、空堀で周囲を囲い、簡易な施設などを設けたものであったと考えられています。
また、チャシはその築城した場所によって、4つに分類されます。
・山や尾根の頂を利用して造られる丘頂式
・平坦地やその名の通り湖の中の島などを利用した孤島式
・丘や岬などの突出した先端の場所を利用した丘先式
・崖の上に半円状の壕を築いて造る面崖式

このように自然の地形を用いてる蔵れていたため、アイヌの人々にとってはただの防御施設としてだけではなく、聖域としても見られており、そういった痕跡も残っているのだそうです。

根室半島チャシ跡群

397【妄想紀行】日本百名城の栄えあるNo.1の城跡。しかし、ここへ訪れるのは非常にハードルが高く…『根室半島チャシ跡群』
日本百名城ですが、その城ナンバーの01にある城をご存知でしょうか?北から順番に番号を振られているため、ナンバー01の城は北海道にあります。その名を、『根室半島チャシ跡群』と言います。

いかがだったでしょうか。
国が違えば生活様式も、言葉も、伝承されてきた建築様式も異なります。
そういったところに目を向けると、日本も様々な地域がそれぞれに歴史を紡いできているということがわかります。
沖縄のグスクも、北海道のチャシも今ではそのぞんざいがわからなくなってしまっている場所がほとんどになってしまっています。
しかし、百名城の事業などによって、城郭がその価値を認められて保存される時代になりました。
いま私たちの目の前にある城郭をしっかりと次の世代に受け継いでいかなければいけませんね。