678【北海道紀行】北海道といえばラーメン。そして、函館といえば塩ラーメン。ぶらり立ち寄った店の味が・・・!!?

北海道(Hokkaido)
この記事は約4分で読めます。

食の名物が多すぎて、旅に行くと確実に太ってしまう北海道
なにからなにまで名産ぞろいの北海道では、旅の限られた時間の間に何を優先して食べるかが悩みどころですよね。

そんな北海道の中で、さらに地域によって細分化されるほど名物があるのが北海道ラーメンです。

札幌の味噌ラーメン。
旭川のしょうゆラーメン。

これに函館の塩ラーメンを加えた3つが北海道三大ラーメンと呼ばれています。

そんなラーメン大国が北海道なのです。
近年ではこれに加えて、魚介系出汁の強い釧路のしょうゆラーメンだったり、北海道ならではの海産物を前面に押し出したラーメンが誕生してきており、ご当地グルメとしての北海道ラーメンは、まだまだ進化を続けてきているのです。

その中で今回紹介しているのは函館の塩ラーメンです。
塩ラーメンが名物?という地域はあまり見ないかなというほど、ラーメンの味としては地味な感じがしますよね。
ところが、函館のふと何も考えず立ち寄って食べた塩ラーメンが・・・!!?
今回はそんな函館塩ラーメンについて紹介していきます。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • 美食のあふれる大地 北海道。そこで味わうラーメンには、広い北海道のような懐の広さがあるのです。

北海道函館関係の記事です。

898【北海道紀行】北海道に行くと土産屋などで必ずといっていいほど見かける『熊カレー』
北海道に昔からある、とあるお土産があります。それは、熊のパッケージが印象的な『熊カレー』です。え・・・!?熊が入っているの??と思うかもしれません。確かに、北海道といえば良くも悪くも熊の棲息地。その熊によって家畜や農産物、あるいは人そのものも被害にあってしまうこともあるほど。北海道ではそういった危険があることから熊は害獣なのです。
648【北海道紀行】異国情緒が漂う、北にある歴史的な港町 函館。異国情緒たっぷりの元町を歩いてみよう
札幌のような大都市とは違う。富良野などのような大自然とも違う。北海道の歴史を感じることができる街だと思います。新幹線も開通し、以前よりも訪れやすくなった函館の街の中でも、最も異国情緒を感じる元町の街並みを紹介していきたいと思います。
624【北海道紀行】かつて1934年まで実際に使われ、函館の歴史とともにあった『函館市旧イギリス領事館』
函館市旧イギリス領事館は、函館の中でも3番目に古く設立された領事館なのです。実際に使われていた領事館なのですが、現在は開港記念館として使われているのです。今回はそんな歴史的な建物を使った記念館を見に行ってみたいと思います。
588【北海道紀行】北海道の港町、函館の古き良き雰囲気を醸し出している『金森赤レンガ倉庫』
今回紹介しているのは、日本の北にある函館の赤レンガ倉庫、金森赤レンガ倉庫を紹介したいと思います。明治期に建てられたこちらの倉庫ですが、もちろんその本来の倉庫としての役割は終えています。その代わりに多数の店が中に入り、ショッピングモールとして地元の人々や観光客に愛され続けているのです。
543【北海道紀行】日本の北にもあった。日本を代表する100万ドルの夜景『函館山からの夜景』
日本の北の端にも日本を代表する夜景を見ることができるスポットが存在するのです。それが、北海道は函館にある函館山からの夜景です。この函館山は陸繋島にあり、独特のくびれをもつ砂州の両側に海が広がり、街の灯りとその海とのコントラストが美しい、知る人ぞ知る夜景スポットなのです。
187【北海道紀行】戊辰戦争最後の戦いの地、特徴的な五芒星形城郭の『五稜郭』
今回紹介する五稜郭は、近代戦の考え方が反映された、特徴的な縄張りをしています。五芒星型かつ、シンメトリーなその形は非常に美しい様相でありますが、それ以上に戦の戦略的に非常に考えられた造りなのです。戊辰戦争最後の戦いの場を見に行ってみましょう。

函館塩ラーメン

札幌の味噌ラーメン。
旭川のしょうゆラーメン。
函館の塩ラーメン
北海道三大ラーメンを有するラーメン大国北海道。
これを目当てに北海道を目指す人もいますよね。

全国的にみても食べてみたいご当地ラーメンとして上位を占める北海道ラーメンですが、寒い地域のラーメンだからこその特徴があります。
そんな北海道ラーメンの中の函館塩ラーメンなのですが、実は日本のラーメン史の中でもかなり長い歴史を持っているらしく、中華料理店が一メニューとして塩ラーメンを提供しているところが多いのだそうです。

幕末、早い段階から世界に向けて開港されていた函館には、華僑多く入ってきていたようでした。
そういった華僑、特に広東系の人々によって最初に持ち込まれてきたのがラーメンではないかと考えられています。

函館塩ラーメンの特徴は、まずはスープにあります。
鶏ガラや豚骨を用いて作られたスープに、それぞれのお店で独自に配合された塩だれを入れた透明に近いスープを用います。
そこに北海道ラーメンでは珍しい中太のストレート麺が入れられ、チャーシューやメンマ、ネギといったオーソドックスな具材がトッピングされ完成です。

これだけ聞いても、非常にシンプルなラーメンであることがわかるでしょう。
しかし、シンプルであるからこそ、その良し悪しがモロに出てしまうわけなのです。
単純だからこそ、作り手の力量が試されるラーメンではないでしょうか。

今回は、何も考えずずらりと立ち寄った、函館元町近くにある函館ラーメンのお店『西園』の写真とともに、函館の塩ラーメンを紹介していきたいと思います。

アクセス

函館市電の電停末広町から徒歩1分で到着します。

函館塩ラーメンを食べに行ってみた

それでは、函館塩ラーメンを食べに行ってみましょう。
今回訪れたのは、末広町駅下車すぐにある西園というお店です。

ザ・中華料理屋、という店構えですね。

実はこの時は、函館の塩ラーメンを一度は食べておきたいなあという気持ちではいいたのですが、特に知ら調べも間にもせず、何も決めていない状態でした。
で、元町刊行にやってきた時間がちょうどお昼時だったので、その時目の前にあったこの西園に入ったわけです。
そのため、特に期待も何もせずお店に入り、塩ラーメンを注文しました。
中も外観通りのザ・中華料理屋でした。

そして出てきたのがこちらの塩ラーメン。
シンプルイズベストな見栄えですね。

まあそんなわけでおなかが満たせればいいかな・・・と思ったのですが・・・!!?

『う・・・ウマすぎる!!』

この見た目から脳がイメージしていた味と、実際に口の中に広がっている味が一致しないので、一瞬脳がマヒしていました。
それぐらいこのシンプルなラーメンがうまかったのです。
塩ラーメン、完全にナメていました。。。
シンプルに見えるスープですが、非常に奥深く、それが抜群の面と絡み合って極上の味になる。
このラーメンにいろいろとゴテゴテした具材は逆にラーメンの味を落としてしまいます。
それだけ、完成された一品なのでした。

いかがだったでしょうか。
北海道はうまいものであふれています。
海産物、農産物、畜産物。
シンプルなものから高級なものまで、様々あります。
しかし帰ってきて改めて振り返ってみると、どの食べ物が心に残ったかというと、シンプルな塩ラーメンであり、シンプルな塩おむすびでした。
シンプルなありふれた食べ物でこれだけの感動を与える地、それが北海道なのです。