697【大阪紀行】自然と動物たちとの心のふれあいがテーマの観光牧場『ワールド牧場』

近畿地方(Kinki)
この記事は約4分で読めます。

お休みには家族で出かけますよね。
せっかく家族で出かけるのであれば、普段ではできないような体験ができる場所に行くことがベストかなと思います。
例えば、農作業を体験して土と戯れたり、海で魚たちと戯れたり。
時には伝統工芸などにチャレンジしてみるのもいいかもしれませんし、当ブログでもかなり紹介してきたお城巡りで歴史に触れるのもいいかもしれませんね。
そんな家族のお出かけにぴったりの数々の場所なのですが、今回紹介しているのは動物たちとの触れ合いの場です。

“動物”と聞いたらまず思いつくのが動物園です。
動物園では見て楽しむのが基本的なことでしょう。
最近では一部ふれあいできるところもあったりしますが、ふれあいがメインの場所ではありません。
では、観光牧場というのはどうでしょうか。
動物たちを展示してみてもらうというコンセプトではなく、あくまで牧場であって、そこに一般のお客さんを呼んでみたり触れ合ったり、いろいろな体験をしてもらうという場所が観光牧場です。
今回紹介している南大阪にあるワールド牧場も、そんな自然と動物たちとのふれあいをテーマにした観光牧場の一つです。

今回はこのワールド牧場ではどのようなことが体験できるのか、休日の過ごし方の一つとして参考にできるように紹介していきたいと思います。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • 南大阪にある、動物たちと目一杯触れあえる観光牧場で、ふだんはなかなかできない体験をしてみよう。

大阪に関する記事です。

639【大阪紀行】都会のど真ん中に動物園!?実は日本国内でも三番目に古い大正生まれの『天王寺動物園』
天王寺動物園は、日本で3番目に古い歴史を持つ、大正4年に開園した歴史ある動物園なのです。そんな天王寺動物園ですが、現在の大阪の市政からは冷遇されているように思います。今回はそんな天王寺動物園について、紹介していきたいと思います。
663【大阪紀行】古代からこの地を守り続けてきた大阪を代表する神社『住吉大社』
にぎやかなイメージの強い大阪ですが、たまにはしっとりと歴史を感じる名所を巡るのはいかがでしょう。今回紹介している住吉大社は、大阪市の南を代表するだけでなく、日本全国をも代表するほどの歴史を持つ神社です。その歴史は1800年ともいわれており、古墳時代のころから大阪に訪れる船の航海祈願として有名な神社でした。
478【大阪紀行】太閤豊臣秀吉が造った城と城下町…って、そうじゃないの??実は地元の大阪人も意外と知らない『大阪城(大坂城)』
太閤豊臣秀吉が整備し、氏が拠点とした大阪城。大阪は太閤さんがつくった街や!!と、大阪の人は言うのですが、現在建っている大阪城は、豊臣秀吉の時代とは縄張りも大きく変わっていますし、天守も違うものですし、天守の位置も実は違うのです。実は大阪在住の人でも知らない人が多かったりします。
314【大阪紀行】羽柴秀吉の紀州征伐の拠点。近隣には謎の古城も『岸和田城』
今回紹介している岸和田城も大阪を代表する名城であり、日本百名城の選考過程でも終盤まで残っていた城なのだそうですが、日本百名城には大阪からは『大阪城』と『千早城』が選ばれたため、惜しくも落選してしまいます。
304【大阪紀行】その高低差はくじけそうになるほど…。南北朝時代の城『千早城』
大阪の南、千早赤阪村に残る千早城です。鎌倉末期から南北朝時代にまでの時代に活躍した楠木正成によって築城された山城で、四方を天然の要害に囲まれた地形を生かした戦法や、藁人形を使って軍勢をカモフラージュするような奇策など、様々な戦法を駆使して大軍を追い返すことに成功した城なのです。
216【大阪紀行】天然の要害である三好山から見下ろす戦国時代の山城『芥川山城』
今回紹介するのはそんな大阪の地にあった芥川山上という城です。以前紹介した飯盛城が、実は三好長慶による三好政権の中心地であったように、芥川山上もその三好長慶が飯盛城に移る前に居城としていた、大坂の地にあった城の中でも最も大規模だったといわれている城なのです。
176【大阪紀行】最後は、畿内の有力大名だった三好家の居城『飯盛城』
かの有名な戦国の三英傑である織田信長、豊臣秀吉、徳川家康が、天下を統一していったことは有名ですが、実は信長よりも前に転嫁を取った天下人がいたのです。その人物は、三好長慶であり、その三好長慶が拠点とした城が今回紹介する飯盛城なのです。

ワールド牧場

ワールド牧場は南大阪の河南町にある、観光牧場です。
ワールド牧場のテーマが人と自然と動物たちとの心のふれあいとあるように、様々な動物たちとのふれあいをテーマにした牧場であり、多種多様な動物たちが自由な形で飼育され、訪れた人々がさまざまな体験ができるテーマパークとなっています。

ワールド牧場が誕生したのは1989年であり約30年以上の歴史があります。
2016年には現在地に移動しています。
動物たちとふれあいができる体験型のテーマパークとして運営されており、多くの動物たちが放牧されたり、小動物がふれあえるような造りとなっています。
また、バーベキュー施設や、飲食施設などもあり、その他にもアクティビティがそろっており、家族で一日遊ぶことができる施設となっています。

ワールド牧場でできること

ヒツジやヤギ、ポニー、ミニブタ、アヒルなどとふれあえる、ふれあい放牧場
アニマルショー観覧
小動物・鳥などとのふれあい
猛禽類(フクロウなど)などとのふれあい
ウサギのお散歩
犬とのふれあい
猫とのふれあい
体験乗馬(曳き馬)
牛の乳しぼり
子牛のミルクやり体験
ヤギや羊の散歩
鯉の釣り堀
ドッグラン場
世界最大級の馬ペルシュロンの騎乗体験

フィールドアスレチック
キッズ広場
屋外バーベキューガーデン
軽食フードコート
まきばのテラス喫茶
レストラングルメの丘

宿泊もできるワールド牧場

また、ワールド牧場では宿泊施設ワールドヴィレッジが徒歩5分の所に併設されています。
宿泊者特典としてワールド牧場の入場料が無料になるサービスがついています。

宿泊棟もこだわりがあり、カナディアンログハウスからコテージ、ロッジといろいろなタイプの宿泊棟が用意されています。

浴場も天然温泉の一乃湯が用意されており、宿泊客は利用できます。
高台にあるため、温泉からは大阪平野を一望でき、絶好の夜景スポットになっています。
一乃湯は日帰りでも大人一名600円で利用することができます。

アクセス

近鉄長野線富田林駅からバスでさくら坂1丁目バス停下車、徒歩約20分で到着します。

ワールド牧場へ行ってみた

それではワールド牧場に行ってみましょう。
いろいろとアクティビティが体験できるワールド牧場ですが、今回はワールド牧場にいる動物たちの紹介を写真で行いたいと思います。

まずは牧場といえば牛たちですね。

牛といえば乳しぼり。
もちろん乳しぼり体験をすることができます。


馬、そしてポニーたちですね。

犬たちとの触れ合いもできます。

自由な感じですね。

こちらは鳥小屋ですね。

ミニブタたちもたくさん。
小さいうちは可愛いのですが、大きくなるととんでもない大きさになりますよね、豚は。

こちらは馬小屋です。

アルパカもいます。

ヤギや、

羊も自由に放牧されています。

いかがだったでしょうか。
今回はアクティビティに関する写真はなかったのですが、紹介したようにここだけでかなりの体験ができるテーマパークになっています。
家族連れであれば丸一日楽しむことができる場所なので、ここでしかできない貴重な体験を子どもたちと共に楽しんでみてください。