699【インドネシア紀行】東ジャワ最大のモスク。モスクの中にはミナレット(展望タワー)から学校まで。ムスリムの生活が詰まった『アル・アクバルモスク』

インドネシア(Indonesia)
この記事は約7分で読めます。

敬虔なイスラム教の国インドネシアには数多くのモスク(マスジッド)があります。
それぞれの村々には必ず一つ、大小さまざまなモスクが存在しており、常に人々の生活と共にモスクが存在していることがごくごく自然な状態なのがインドネシアの日常です。

そんな数々あるモスクの中でも、由緒あるその地域を代表するようなモスクもあります。
今回紹介しているアル・アクバルモスクもそんなインドネシアを代表するような巨大なモスクです。
ここでは、数多くの人々が一度にお祈りをすることができ、それ以外にも結婚式などの人生の節目となるようなイベントもいつも行われています。
また、イスラムの学校が併設されていたりと、いかにイスラム教がインドネシアの人々の生活の中の一部となっているかがよくわかるのではないでしょうか。

今回はそんなインドネシアを代表するモスクの一つ、アル・アクバルモスクを紹介していきたいと思います。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • 東ジャワを代表する、太陽に映えるブルーが美しい巨大なモスク、アル・アクバルモスクを見に行ってみよう。

スラバヤに関する記事です。

789【インドネシア紀行】実は恐ろしい!!?インドネシアの世界最大のトカゲ『コモドドラゴン』
今回紹介しているのは、そんな世界の珍しい生き物の中でもなかなかに珍しい部類に入る生き物であり、なんと世界最大のトカゲなのです。そのトカゲとは、コモドオオトカゲといい、通称コモドドラゴンともいいます。
783【インドネシア紀行】かつて死の動物園と呼ばれた場所。なぜそのような名前がつけられたのか!!?『スラバヤ動物園』
インドネシアのジャワ島、東アジアにあるスラバヤには、とあることで有名な動物園があります。東南アジアでも最大規模であるこの動物園は、その規模で有名なところもあるのですが、他にもとあることで有名な動物園なのです。
777【インドネシア紀行】平日が嘘のようなにぎわい。ローカル日曜市を楽しもう『アル・アクバル・モスクの日曜市』
インドネシアを代表する巨大なモスクであるアル・アクバルモスクがあります。このアル・アクバルモスクは、平日はその周囲は全く市が開かれれる面影もない場所なのですが、土曜ぐらいからちらほらと店が見られるようになり、日曜日になるとこのアル・アクバルモスクの周囲は全て屋台で溢れかえるようになるのです。
766【インドネシア紀行】これぞインドネシアの人々の暮らし。市場めぐりはその国を知ることにつながる『マランのパサール』
今回取り上げているのはインドネシアの市場についてです。インドネシアでは市場のことをパサールといいます。大都市であれば、観光客や富裕層に向けたような観光市場があったりもしますが、そういったところでは価格も観光客向けだったりするので、なかなか人々の生活を感じることはできません。しかし、ローカルの人々だけが使うようなパサールではどうでしょうか。
763【インドネシア紀行】東ジャワスラバヤ・マドゥラ・グレシックの名産品、天然塩を作る『塩田』
マドゥラ島では、米作りに適した土地が少なく、なかなか農産業が定着しなかった場所でした。その代わりにマドゥラ島で定着したのは、海に囲まれていて、年中暑い気候であることを生かした塩田による塩作りでした。マドゥラ島を上空写真などからよく見てみると、緑色などをした田畑に紛れて白色の田がたくさんみられます。これが塩田なのです。
751【インドネシア紀行】インドネシアで動物に触れあえるサファリパーク『タマンサファリ』
インドネシアの動物園の中でも、素晴らしい体験を提供してくれる動物園がインドネシアのジャワ島・バリ島にはあります。その動物園とは、動物園というよりかはサファリパークなのですが、タマンサファリといいます。タマンサファリは、自然と近い環境の中で自由に生活をする動物他体を間近に見ることができるサファリパークなのです。
747【インドネシア紀行】まだまだ現役。たまにはゆっくりと海峡横断もいかが?『マドゥラ連絡船』
スラマドゥ大橋がなかったころには、この2つの都市はどのようにして結ばれていたのでしょうか。もちろん行き来はありました。それは、海峡を結ぶマドゥラ連絡船によって結ばれていたのでした。車も詰めるカーフェリーで結ばれていたため、かなり多くの車や人の輸送量があるこの連絡船。なんと現在もまだ橋と併用して存在しているのです。
742【インドネシア紀行】東ジャワ第二の都市であり、歴史と観光で有名な街『マラン』
今回はインドネシアの東ジャワにあるある街について紹介していきたいと思います。その街とはマランの街であり、東ジャワ最大の都市であるスラバヤから南に80kmの場所にある街です。この街いったい何があるのかなのですが、まずはこのエリアはブロモ山に続く高原都市だということです。
737【インドネシア紀行】マランにある、自然の中の複合型テーマパーク。テーマは??なところもあるけれど、大人気な『BoonPring』
今回紹介しているのは、インドネシアの東ジャワにあるマランの街。そこにあるBoonPringという、エコビレッジです。ここは、無数に生い茂る竹林の中に、様々なアトラクションを有しており、休日にもなると地元の人々であふれかえるマランでも人気の観光スポットです。
729【インドネシア紀行】インドネシアでも最大の立派な橋。この橋によって、マドゥラとスラバヤが結ばれることに『スラマドゥ大橋』
インドネシアのスラバヤ。そこから北にはマドゥラ島という島があります。近くにあるものの長らく海峡に隔てられていたこの2拠点ですが、現在は立派な橋で陸続きになっています。その橋の名前を、スラバヤとマドゥラを結ぶ橋ということで、スラマドゥ大橋といいます。
721【インドネシア紀行】スラバヤからこれだけ近いのに、文化も人の気質もびっくりするほど違うらしい『マドゥラ島』
インドネシア第二の都市であるスラバヤのすぐ北に、東西に約150kmもの大きさのある巨大な島があります。かつては、スラバヤから船によってでしか往来することができなかったこの島ですが、2009年にインドネシアでも最大である橋、スラマドゥ大橋が開通したことによって、スラバヤのあるジャワ島とこの島とは陸続きとなりました。この島の名前をマドゥラ島といいます。
603【インドネシア紀行】なぜこんなところに潜水艦が!!?実際に用いられていた旧ソ連製潜水艦を用いた『潜水艦博物館』
スラバヤにある博物館の中でも最も異彩な雰囲気を放っているのが、今回紹介している潜水艦博物館です。何が異彩なのかというと、その外観からです。まさしく、潜水艦そのものがそのままの状態で博物館として置かれているのです。もちろん、この潜水艦の内部が博物館として使われているため、その内部が一般に公開されているのです。
582【インドネシア紀行】インドネシア独立戦争を取り上げた、インドネシア発の本格アニメ映画『Battle of Surabaya~スラバヤの戦い~』
今回紹介している『バトル・オブ・スラバヤ~スラバヤの戦い~』は、インドネシアによって製作された、インドネシアでは初の本格的長編アニメです。インドネシア独立戦争の始まりとなった1945年11月のスラバヤの戦いを描いたものなのですが、実際の戦争を取り扱った時代の中に、魅力的な登場人物が必死に生き抜こうとする戦争アニメです。
280【インドネシア紀行】インドネシアの第二都市なのに、この影の薄さ…『スラバヤ』
ジャワ島にあるスラバヤは、西ジャワの代表都市ジャカルタと対比するように、東ジャワの代表都市なのです。そんなスラバヤですが、日本人にはまだまだなじみの薄い街ですよね。だからこそ、そこには面白いものがまだまだ秘められているのです。

アル・アクバルモスク

アル・アクバルモスクはインドネシアのジャワ島、東ジャワ州スラバヤにあるモスクです。
非常に大きなモスクであり、約150m四方の大きさがある建物の中でも、中央のドームの高さは27mもある巨大なモスクです。
実際、インドネシア内でも、ジャカルタにあるイスティクラルモスクに続いて2番目に大きなモスクです。
モスクや周辺施設を含んだ敷地は22300㎡もの広さがあります。

モスクはブルーのタイルが美しい造りになっており、定期的に修繕なども行われているため、非常に状態よく保存され使われ続けています。
このモスクの特徴は、中央の青い大きなドームを囲むように4つの小さなドームが並ぶ造りになっています。
また、モスクの敷地内には、99mもの高さがあるミナレットと呼ばれるタワーがあります。
この99というのも意味があり、アラーがもつ99の名前を称えたものとなっています。
このミナレットは展望台になっており、内部のエレベーターで展望フロアに移動すると、スラバヤの街の四方を一望できる素晴らしい景色を見ることができます。

このアル・アクバルモスクが造られたのは、比較的最近であり、1995年にスラバヤ市長であったスナルト・スモプラウィロ氏が提案し建造に取り掛かりました。
しかし途中でアジア金融危機などがあったため中断されたりといったこともありましたが、最終的に2000年に完成しました。
建造にあたっては、マレーシアにあるモスクなどに使用されていた建材などが利用されました。
この広大なモスクは非常に広い内部構造となっており、礼拝者たちのために部屋は仕切りや柱で区切られておらず、広々とした空間を実現しています。
インドネシアでも最大のミフラーブというイスラム教徒がお祈りをするときに向くメッカのカーバ神殿の方向を指すキブラの壁があります。

地下にもフロアがあり、 お祈りの前に身を清める場のウドゥ(Wudu/Wudhu)や、ムスリムの小学校が設けられています。

2020年のコロナ禍によってアル・アクバルモスクは内部に入ることが閉鎖されてしまいました。
2022年現在でもまだ一般の人々は入ることができない様子であり、残念ながらミナレットも閉鎖されています。
しかし、毎週日曜日にはこのアル・アクバルモスクの周囲に数多くの屋台やお店が出現し、にぎやかな日曜市が開かれています。
インドネシアならではの食べ物や、衣料品、工芸品、おもちゃ関係等、インドネシアの庶民の暮らしを見ることができるイベントなので、スラバヤに滞在する場合は一度見てみることをお勧めします。
日曜市は道路を埋め尽くすほどの多くの人の入りがあるため、防犯対策には十分に気をつけるようにしましょう。

アクセス

インドネシア鉄道Kertomenanggal駅から西に2kmのところにありますが、高速道路沿いにあるため車で訪れる方が便利です。

アル・アクバルモスクに行ってみた

それではアル・アクバルモスクに行ってみましょう。

こちらがアル・アクバルモスクです。
中央の半卵型のドームがまぶしいほどの鮮やかなブルーの色をしています。

内部に入ってみましょう。
ここは、4つの小さなドームの1つの下になります。

内部はこのように非常に広い空間が広がっており、イスラム教徒の人々がお祈りをしたりおしゃべりをしたり、昼寝をしたりと、思い思いに過ごしています。
この写真の場所で小さなドームの一つの部分であるため、全体では、かなりの収容人数を誇るモスクです。

モスクの入り口はこのような大きく、鮮やかな扉があります。
この中は神聖な祈りの場であるため、イスラム教徒以外は入ることはできません。
扉の外から中の様子を見るだけです。

モスクの地下にはウドゥ(Wudu/Wudhu)というお祈りの前に身を清める場所があります。
アル・アクバルモスクのウドゥ(Wudu/Wudhu)の場は非常に広く造られており、入り口付近には足首から先を清める水が張られています。

この写真の場所では、手や足などを清めます。

トイレも併設されています。

手足や実を清めた後は再び屋外に出て、1階の祈りの場に向かいます。

さらに内部を見ていきましょう。

このあたりは誰でもはいれる中庭のようなところです。
アル・アクバルモスクはロの字型の造りになっており、1階と2階に回廊が設けられています。
2階に上がるためのエスカレーターも用意されていました。

間近から見た中央のドームです。
この後は、中央ドーム舌を見に行ってみます。

アル・アクバルモスク全景の模型が置いてありました。
右後ろにはミナレットもありますね。
実際はもっと高いように思うのですが。

ここが中央ドームの下にあるフロアです。
柱や仕切りがなくすっきりした空間ですね。
右にござが敷いてあるところはお祈りをする人たちの場のようです。
中央にあるミフラーブの前ではちょうど結婚式が行われていました。

イスラム式の結婚式の様子です。
インドネシアの人々は写真や動画撮影が大好きです。
映画のワンシーンかのように撮影が行われていました。

2階の回廊に上がってきました。

2階から見た中央のドーム下のフロアです。

下から見るとドームの造りは非常にこだわっていますね。
ドームには無数の小窓がありました。

先ほどの結婚式の続きの様子です。
親族も大集合しています。

お次はミナレットに行ってみましょう。
内部はエレベーターが付いているので展望フロアまでは楽々に登れます。
たしか一人につき5000ルピアが必要でした。

ミナレットの展望フロアからの光景です。
窓ガラスが薄い青色になっているので、このように青色の景色になります。
アル・アクバルモスクの中央ドームもこのように眼下にあります。

四方向全てが展望できるようになっているので、スラバヤの街並みをここから見てみてください。

いかがだったでしょうか。
実は見どころが少ないスラバヤなので、観光地となるとまずはここが必ずと言っていいほど選択肢に挙がるのではないでしょうか。
コロナ禍によって一般には解放されていない状態にはなっていますが、周囲から見たり、日曜市は楽しむことができるので、今ここを訪れる時は今できる楽しみ方をしてみてください。