714【インドネシア紀行】インドネシアにあることはあるんだけど・・・なんか違う?『Mcdonald’s』

食巡り(Food/Makanan)
この記事は約5分で読めます。

今や世界のどこにでもあるマクドナルド
主力のハンバーガーの味は全世界共通の味です。
どこで食べてもその味や品質が保証されているため、初めていった国でもマクドナルドを見かけるとホッとしますよね。
ハンバーガー、マックフライポテト、コカ・コーラ。
アメリカンスタイルとして定番のこのメニューは、どこに行っても確立しています。

ところが、このいくつかの定番のメニュー以外は、となると意外にそれぞれの国独自のスタイルがあるのです。
日本のマクドナルドであれば、毎月のように展開される期間限定メニューなどは、日本独自の物が多かったりします。

・てりやきマックバーガー
・えびフィレオ
・かるびマック
・月見バーガー
・チキンタツタ

などなど。
かなりの人気ラインナップですが、これらのメニューは日本以外では食べられません。
(てりやきマックバーガーは、タイではサムライバーガーとして食べることができますが。)

そして今回取り上げるのはインドネシアのマクドナルドです。
インドネシアといえば、世界最大のムスリム国。
となるとアレがだめなんです。豚肉が。
そのため、インドネシアのマクドナルドは豚肉を使わないメニューを考えなければいけないというハードルがあるのです。

ではインドネシアのマクドナルドとは、どのようなラインナップが展開されているのでしょうか。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • あれ??マクドナルド??まるでチキンで有名なK〇Cのような

インドネシアの食に関する記事です。

796【インドネシア紀行】そのサービスクオリティは日に日に向上している、2大コンビニの一角『Indomaret』
インドネシアのコンビニ事情なのですが、インドネシアでも非常にコンビニがたくさんあり、都心部はもちろん、地方に至るまでコンビニをたくさん見かけることができるのです。そんなインドネシアのコンビニなのですが、そのほとんどが2大コンビニに集約されます。そのうちの一つがIndomaretなのです。
792【インドネシア紀行】日本ではなかなか食べる機会がないアヒル。そんなアヒルを堪能できる『ベベックゴレン』
今回はインドネシア料理の一つなのですが、べベックゴレンといいます。インドネシア料理の名称ルールから考えると、このべベックというのが材料の名前になるのです。べベックとはアヒルのこと。つまり、フライドダックのことなのです。
756【インドネシア紀行】あれ??KFC・・・ではなく??さあ、このフライドチキンチェーンは一体!?『CFC』
もはや国民食といってもいいほどフライドチキンを愛する人々がほとんどのインドネシア。インドネシアでもフライドチキンチェーン店でダントツの数を誇るのはKFC。しかし、それ以外にもフライドチキンチェーンは山のようにあります。今回は、その中でも最も気になったこのCFCとは何ぞや?について紹介していきたいと思います。
735【インドネシア紀行】さあ、世界的なチェーン店。インドネシアではどんな様子なのでしょうか『KFC』
インドネシアでも数多くのファーストフード店は存在しています。日本でもおなじみのファーストフード店であれば、マクドナルドにバーガーキング、A&W、吉野家やペッパーランチなどなどが日本で食べるのと同じ味を提供してくれています。そして、今回紹介しているKFCも同じくそんなインドネシアで提供されているファーストフード店なのです。
510【インドネシア紀行】スマトラ産のカカオを用いて、インドネシア全土でお洒落なチョコレート製品を展開『Krakakoa』
インドネシア国内でも、国内産のカカオを用いて、それをウリにした企業がたくさんでてきているのです。今回紹介しているのは、そんなインドネシア産のカカオの中でもスマトラ産のカカオを主に使い、今ではインドネシア全土のカカオも取り扱っている『Krakakoa』です。
504【インドネシア紀行】日本の調味料は高い・・・、そんな中で家計にやさしい素晴らしいラインナップ『キッコーマンの調味料シリーズ』
値段をとるか、味をとるか・・・。といった選択肢しかなかったインドネシアのジャパニーズ調味料市場に光明が差し込んだのです。それは日本企業が現地に工場を作り、現地に卸すという方式をとった製品です。これであれば、現地生産なので配送コストもかからないから値段も安い。そんな製品がインドネシアでも登場したのです。
436【インドネシア紀行】インドネシア東ジャワ地方の名物スープ。黒い色とその味には秘密があった『ラウォン』
今回紹介しているのは、インドネシアの中でも東ジャワの大都市スラバヤが発祥といわれている黒いスープ"ラウォン(RAWON)"です。このスープ、黒いスープといいましたが、実際見てみるとびっくりするほど真っ黒。しかし、一口このスープを味わってみると・・・!!?
428【インドネシア紀行】インドネシア発のチョコレートブランド。まだまだ世界には様々なものが隠されていそうです『ダリK』
インドネシアにカカオのイメージがありませんよね。そこには理由があったのですが、その理由に目を付けたある日本の企業がインドネシア産のカカオに世界の目が向く動きを始めたのです。では、この日本の京都の企業『ダリK』は一体インドネシア産カカオのどこに注目したのでしょうか。
408【インドネシア紀行】インドネシアの汁物料理。優しい味が日本人好みな『ソト・アヤム』
インドネシアにももちろん国民食があります。日本でもおなじみのナシ・ゴレンやミー・ゴレンといったものは有名ですね。しかし、他に麺類や汁物が欲しくなってくると思います。そこで今回紹介しているのはソト・アヤムです。ソトはスープを、アヤムというのは鶏肉のことを言います。このソト・アヤムというのは、チキンスープなのです。
351【インドネシア紀行】インドネシア日清がけっこう残念な中で、善戦をする『激辛ラーメン』
カップヌードルのラインナップが縮小傾向にあるインドネシア日清食品に落胆してしまってはいけません。まだまだ同社には隠されたおすすめ商品があったりするのです。今回紹介している"激辛"シリーズは、そんなインドネシア日清食品を新しく代表する味なのではないかと思ったのです。
333【インドネシア紀行】実はコーヒー大国インドネシア。そんな同国のコーヒーチェーンといえば『EXCELSO』
インドネシアもコーヒー生産の条件を満たしている国なのです。オランダなどの統治下に始められたとされるコーヒー栽培ですが、現在ではその生産量は世界第四位と、世界的にも有名なコーヒーの一つとなるまでの産地となっているのです。
299【インドネシア紀行】超高級コーヒー。その作り方は…『コピ・ルアク』
今回紹介しているのは、インドネシア原産の『コピ・ルアク』です。このコピ・ルアクですが、世界に流通している量がとにかく少なく、日本では高級なホテルで一杯5000円ほどもする、超貴重なコーヒーなのです。
259【インドネシア紀行】インドネシアといえば焼き芋!?と侮ることなかれな蜜芋『UBI MADU(チレンブ)』
インドネシアの西ジャワ州バンドンの近くにあるチレンブ村には、ここの寒暖の差が激しい気候の中でしか栽培できないとされている『ウビ・チレンブ』という芋があるのです。この芋、一見すると白っぽい外観の少し日本の物とは異なる芋なのですが、これが今回紹介している蜜芋なのです。
215【インドネシア紀行】大豆が形を変える。もう一つの発酵食品のカタチ『テンペ』
インドネシアは日本と同じく大豆を積極的に摂取する国です。でまず有名な大豆加工食品はTahu(豆腐)があります。日本の豆腐とは異なり、酸味が強い味です。そして、もう一つ有名な大豆加工食品が、一時期日本でも健康食品として有名になったこともあるテンペなのです。
199【インドネシア紀行】味からは何か判別不能。どこでも買えるお手軽ジャムゥ『ラルタン・ペニュガル』
インドネシアのスーパーマーケットやコンビニでは、どこに行ってもドリンク売り場にサイの絵柄が描かれている謎のドリンクが売られています。この謎のドリンク、ラルタン・ペニュガルというものなのですが、いったいどんなものなのでしょうか。
177【インドネシア紀行】お手軽民間療法。とりあえず何かに効きそうな『トラック・アンギン』
インドネシアには、植物由来の根や葉などの天然の材料を調合したジャムウと呼ばれる民間調合薬があります。体調が悪いかな、といった時には、自分たちで調合して摂取してきた歴史があるそうです。そんなジャムウを一般商品化した『TOLAK ANGIN』なる製品がインドネシアには存在するのです。
059【インドネシア紀行】世界第3位の産地で味わう、生カカオの味
インドネシアでカカオが収穫されているって知ってましたか?なかなか日本では知られていないこのインドネシア産カカオ。近年、その製造方法なども洗練されてきており、年々高品質なカカオが世界に向けて流通され始めていっているそうですよ。

インドネシアのマクドナルド

東南アジアのインドネシア
外資系企業の参入が激しいこの国においても、マクドナルドはもちろんのことながら展開されています。

店舗の造りから営業の仕方、商品ラインナップと全世界共通の安心のクオリティがインドネシアでも提供されています。
無人型の注文パネルも設置されており、日本よりも進んでいるところもあります。

また、マックカフェも展開されており、世界共通のクオリティのカフェメニューも提供されています。
ハンバーガー
ビッグマック
フィレオフィッシュ
マックフライポテト
チキンマックナゲット
アップルパイ
マックフルーリー
ハッシュポテト
この辺りの定番メニューはインドネシアでも食べることができます。

そんなインドネシアのマクドナルドですが、この国で展開するにあたって最も課題になってくるのが豚肉が提供できないことです。
そのため、日本では当たり前のように提供されている、てりやきマックバーガーやマックポークといったメニューは提供ができません。
また、今は使われていないようですが、豚肉由来のラードやゼラチンなどの材料も用いることができません。
この辺りが若干味に影響を与えることは一般的にあるのですが、マクドナルドの場合そこまで味に何か影響があるような気はしませんでした。

インドネシアのマクドナルドの商品の特徴

では、そんなメニューに制約のあるインドネシアのマクドナルドの商品の特徴は何なのでしょうか。

まず一つ目が『アヤム』。つまり、フライドチキンです。
フライドチキン??KFCみたいな・・・。
しかもサイドメニューで展開されるようなフライドチキンではありません。
ハンバーガーなどと同様の主力メニューとして展開されているのです。
実際店内を見まわしてみると、フライドチキンを頼んでいる人が過半数いてそうなほどの人気商品なのです。
お味はKFCとはやはり違いがあり、厚めのザクザクした衣が特徴のチキンであり、ボリュームもかなりあります。
また、店内ではインドネシアの人々が大好きな激辛サンバルソースがかけ放題なので、たっぷりとソースをかけたフライドチキンをほおばっている人がたくさんいます。

また、もう一つの特徴は『ナシ』です。
ナシ、つまりご飯です。
インドネシアのマクドナルドでは、セットメニューを頼むと必ずおにぎり大のライスボールがついてきます。
インドネシアの人々にとっては、ライスこそが食事のメインであり、それがたとえチキンであってもハンバーガーであっても、ライスがなければ食事ではないのです。

この2点がインドネシアのマクドナルドの特徴です。
もちろんインドネシアでも期間限定メニューはあります。
日本ほど頻繁ではありませんが数が月に1回は期間限定メニューが提供されています。

いかがだったでしょうか。
てりやきマックバーガー好きな人にとっては、インドネシアのマクドナルドはかなり厳しいものがありますね。
他のバーガーチェーンでは、ビーフパティを使ったてりやきバーガーがデイ供されていたこともあるようなので、もしかしたらマクドナルドでもその手を使っててりやき味が展開される可能性もありますよね。