721【インドネシア紀行】スラバヤからこれだけ近いのに、文化も人の気質もびっくりするほど違うらしい『マドゥラ島』

インドネシア(Indonesia)
この記事は約7分で読めます。

インドネシアは東ジャワ地方。
インドネシア第二の都市であるスラバヤのすぐ北に、東西に約150kmもの大きさのある巨大な島があります。
かつては、スラバヤから船によってでしか往来することができなかったこの島ですが、2009年にインドネシアでも最大である橋、スラマドゥ大橋が開通したことによって、スラバヤのあるジャワ島とこの島とは陸続きとなりました。
この島の名前をマドゥラ島といいます。

スラバヤからは海を隔てて本当にすぐ近くにあるこの島なのですが、近いけれどジャワ島とは異なる文化、異なる人の気質を持つ島として知られているのです。

ではなぜこんなに近い所にあるのに独特の要素をもつ島となっていったのか。
今回はこのマドゥラ島がどのようなところなのか、紹介していきたいと思います。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • あまりにも近いのに、あまりにも遠い文化と気質。なぜマドゥラ島にはこのような独特の特徴があるのでしょうか。

東ジャワに関する記事です。

763【インドネシア紀行】東ジャワスラバヤ・マドゥラ・グレシックの名産品、天然塩を作る『塩田』
マドゥラ島では、米作りに適した土地が少なく、なかなか農産業が定着しなかった場所でした。その代わりにマドゥラ島で定着したのは、海に囲まれていて、年中暑い気候であることを生かした塩田による塩作りでした。マドゥラ島を上空写真などからよく見てみると、緑色などをした田畑に紛れて白色の田がたくさんみられます。これが塩田なのです。
747【インドネシア紀行】まだまだ現役。たまにはゆっくりと海峡横断もいかが?『マドゥラ連絡船』
スラマドゥ大橋がなかったころには、この2つの都市はどのようにして結ばれていたのでしょうか。もちろん行き来はありました。それは、海峡を結ぶマドゥラ連絡船によって結ばれていたのでした。車も詰めるカーフェリーで結ばれていたため、かなり多くの車や人の輸送量があるこの連絡船。なんと現在もまだ橋と併用して存在しているのです。
729【インドネシア紀行】インドネシアでも最大の立派な橋。この橋によって、マドゥラとスラバヤが結ばれることに『スラマドゥ大橋』
インドネシアのスラバヤ。そこから北にはマドゥラ島という島があります。近くにあるものの長らく海峡に隔てられていたこの2拠点ですが、現在は立派な橋で陸続きになっています。その橋の名前を、スラバヤとマドゥラを結ぶ橋ということで、スラマドゥ大橋といいます。
708【インドネシア紀行】いつになったら完成する!?マランのサグラダファミリア『マスジッド・チバン・トゥレン』
今回紹介しているイスラム教のモスクは、サグラダファミリアのように今もなお建築が進められているモスクなのです。インドネシアのマランにあるこの建物の名はマスジッド・チバン・トゥレンといいます。色鮮やかな外壁に囲まれて人々を迎え入れてくれるこのモスクなのですが、一歩足を踏み入れると・・・??ここはモスクなの?何を目指しているの?と思うところがてんこもり。
699【インドネシア紀行】東ジャワ最大のモスク。モスクの中にはミナレット(展望タワー)から学校まで。ムスリムの生活が詰まった『アル・アクバルモスク』
今回紹介しているアル・アクバルモスクはインドネシアを代表するような巨大なモスクです。ここでは、数多くの人々が一度にお祈りをすることができ、それ以外にも結婚式などの人生の節目となるようなイベントもいつも行われています。
603【インドネシア紀行】なぜこんなところに潜水艦が!!?実際に用いられていた旧ソ連製潜水艦を用いた『潜水艦博物館』
スラバヤにある博物館の中でも最も異彩な雰囲気を放っているのが、今回紹介している潜水艦博物館です。何が異彩なのかというと、その外観からです。まさしく、潜水艦そのものがそのままの状態で博物館として置かれているのです。もちろん、この潜水艦の内部が博物館として使われているため、その内部が一般に公開されているのです。
582【インドネシア紀行】インドネシア独立戦争を取り上げた、インドネシア発の本格アニメ映画『Battle of Surabaya~スラバヤの戦い~』
今回紹介している『バトル・オブ・スラバヤ~スラバヤの戦い~』は、インドネシアによって製作された、インドネシアでは初の本格的長編アニメです。インドネシア独立戦争の始まりとなった1945年11月のスラバヤの戦いを描いたものなのですが、実際の戦争を取り扱った時代の中に、魅力的な登場人物が必死に生き抜こうとする戦争アニメです。
280【インドネシア紀行】インドネシアの第二都市なのに、この影の薄さ…『スラバヤ』
ジャワ島にあるスラバヤは、西ジャワの代表都市ジャカルタと対比するように、東ジャワの代表都市なのです。そんなスラバヤですが、日本人にはまだまだなじみの薄い街ですよね。だからこそ、そこには面白いものがまだまだ秘められているのです。

マドゥラ島

マドゥラ島は、インドネシアを構成する島の一つであり、ジャワ島のちょうど北東、マドゥラ海峡を隔てたスラバヤの向かい側にある島です。
東西が約150km、南北が約45kmと横に長いこの島ですが、スラバヤとは2kmほどしか離れておらず、2009年にはインドネシアでも最大の橋であるスラマドゥ大橋が開通したため、陸続きでのアクセスが非常に便利になりました。
そのため、ジャワ島とさぞ近い文化圏なのだろうかと思うと思います。
ところが、これだけ近いにも関わらず、ジャワ島とマドゥラ島の間には大きな違いがあるのです
実際、ジャワ島スラバヤの人々にマドゥラのことを聞くと、
「危ないから気をつけなよ。」
とか
「マドゥラの人は気質が荒いからねえ・・・」

といった言葉を聞くことができます。
日本で言うと、京都の人が大阪の人を見るような感覚でしょうかw(個人的見解ですw)
では、このマドゥラ島とはいったいどのような場所なのでしょうか。

マドゥラ島の人々

マドゥラ島に住む人々はマドゥラ族と呼ばれている人々です。
マドゥラ族は、1500万人ほどが存在しており、その大半が東ジャワからこのマドゥラ島にかけて住んでいるとされる民族です。
そして、このマドゥラ島には大体400万人近くが住んでいるとされています。
マドゥラ族の人々は、民族内ではマドゥラ語を用いており、多民族間ともやり取りができるようにインドネシア語も用いています。

マドゥラ島の産業

マドゥラ島は非常に広大な土地があるのですが、その気候の特徴として乾燥しているところなどが多かったりすることから、古くから稲作には適していませんでした
そのため、マドゥラの人々はそれ以外の産業を考えていく必要がありました。
まわりを海に囲まれたマドゥラでは、それを生かした産業が人々にとって重要な働き口となりました。
その一つが塩田による塩作りです。
広い田んぼのような塩田が海沿いの地域に広がり、太陽の力によってミネラル分たっぷりの塩が大量に作られています。
今でもこの伝統的な塩田による塩作りは続けられており、主要な特産品となっています。
それ以外にもトウモロコシや、たばこといった農産物がマドゥラでは多く造られています。

また、島に囲まれているため漁業も盛んであり、牧畜や鍛冶業などもよく行われています。
ただし、それだけでは生きていくことが難しいため、対岸にあるスラバヤに出稼ぎに出たりという人も多かったりします。

さらには、マドゥラの人々はリサイクル業界の利権を一手に引き受けています。
そのため、スラバヤなどの大きな都市で、リサイクル資源を集めてリサイクルしていく業界に関しては、マドゥラの人々が牛耳っており、他の民族の人々が入り込めないところになっているのだそうです。

マドゥラ島の文化

マドゥラ島の有名な文化としては、毎年9月から10月頃に行われる、機種を惹いた牛が競い合う競牛、カラパンサピです。
マドゥラ島各地で行われるこの牛たちによるレースは、マドゥラ島を代表する祭として内外に非常に有名なものとなっています。

また、伝統工芸であるろうけつ染めのバティック産業も盛んであり、マドゥラで作られるバティックは高品質であり、日本人にも人気のある特産品となっています。

マドゥラ島の人々の気質

マドゥラ島の人々の気質なのですが、自分たちのアイデンティティを強く持っている人々が多く、ジャワ島と非常に隣接していることもあってか、ジャワ島に住む諸部族と対立心が非常に強くなっています。
なぜそのようなことになっているかというと、インドネシアとマドゥラ島とのかつての歴史にその原因があります。

マドゥラ人の人々は、インドネシアに住む多くの民族の中では、銭湯民族としての位置づけにあり、ジャワ島に数々の王国が存在した時代や、オランダによる植民地時代にはマドゥラ族を軍に徴用することが多くありました。

また、インドネシアがオランダからの完全なる独立をめぐって引き起こしたインドネシア独立戦争。
そのさなかの1948年に、オランダはインドネシアの独立勢力に対抗するために、マドゥラ島にオランダの傀儡国家であるマドゥラ国をつくりました。
オランダは、インドネシアの再植民地化を狙ってマドゥラ島を占領した後、マドゥラ民族のアイデンティティを刺激して、独立に関する住民投票を行い、一見すると民主的にマドゥラを独立国家に仕立て上げました。
しかし、マドゥラに住む約1割~2割ほどの人々の民意でしかなかったことと、公然と行われた買収などによって得られた結果であったため、国連でもこのマドウラ国の樹立については疑問が付きましたが、オランダはこれを押し通して、傀儡国家を樹立したのです。

ところが、オランダは後にインドネシアの再植民地化を断念し、撤退することになります。
そのときにマドゥラは放置されてしまい、オランダからの経済援助も途絶え孤立してしまうことになってしまいます。
独自に国家運営が成り立たなくなったマドウラ国は、インドネシアへの再度の編入を要求して、晴れて1950年委インドネシアに編入されることになりました。

マドゥラ島とジャワ島との人々の気質の違いと、それぞれになかなか受け入れられない状況というものは、やはりこの歴史的な無慈悲な国家の分断に起因するものも少なくはないのではないでしょうか。

アクセス

東ジャワのスラバヤからマドゥラ海峡を隔てて約2km北に行ったところにあります。

マドゥラ島に行ってみた

それではマドゥラ島に行ってみましょう。

スラバヤからは、スラマドゥ大橋がかかっているので、車でも陸路でマドゥラ島にわたることができます。
また、車ごと輸送できるフェリーもあるため(片道400円程度)、船でゆっくりと島へ、というスタイルも選ぶことができます。

開通してまだ十数年である立派な橋を車で駆け抜けます。

かなり立派な橋ですよね。

向こう側にマドゥラ島が見えてきました。

マドゥラ島は対岸のスラバヤと比べると、まだまだ自然のたくさん残る点が特徴です。

ポイントポイントで民家の多く集まる部分があり、道路はまあまあきれいに整備されています。

こじんまりとした家々が連なり、どこかのどかな雰囲気が漂います。

こちらは、マドゥラ島の西海岸近くにあるPESONA BATIK MADURAです。
プリントではなく、伝統的なろうけつ染めの手法で作られた高品質なバティックが、比較的お手ごろな価格で手に入るお店です。

民家が密集する中にあるので、地理に詳しい人でなければたどり着けないかもしれません。

売り場の奥にある展示室のようなスペース。
さらに増築しているようであり、とても儲かっているようでした。

こちらはマドゥラ島からスラバヤに向かうフェリー乗り場です。

車ごと乗り場までやってきます。
片道約400円ほどと、安いです。

こちらがフェリーです。

徒歩の人やバイクの人々にとっては今もなお現役で活躍し続けている渡島手段のようです。

いかがだったでしょうか。
大都会スラバヤから少し足を延ばすだけで、インドネシアの原風景の生活が広がるこのマドゥラ島。
ただし、全域で見るとまだまだ危ないことも多いといわれているこのマドゥラ島ですが、島の西のエリアに関しては自由に見て回っても比較的安全に行くことができるのではないかと思います。
せっかくインドネシアに来たのだから、様々な民族の生活に触れるということも、その国を知るために大切なことではないかと思います。