751【インドネシア紀行】インドネシアで動物に触れあえるサファリパーク『タマンサファリ』

インドネシア(Indonesia)
この記事は約6分で読めます。

週末の家族での楽しみ方には世界各国に多様なものがあったりします。
その一つには、どこの国にも一つはある動物園ではないでしょうか。
日常を離れて、普段は見ることができない動物たちと触れ合う。
それは家族みんなが楽しむことができる素晴らしい週末の過ごし方ではないでしょうか。
そして、インドネシアにもいろいろな動物園が存在するのです。

そんなインドネシアの動物園の中でも、ただ単に檻の中で飼われている動物たちを見るだけではなく、素晴らしい体験を提供してくれる動物園がインドネシアのジャワ島・バリ島にはあります。
その動物園とは、動物園というよりかはサファリパークなのですが、タマンサファリといいます。
タマンサファリは、自然と近い環境の中で自由に生活をする動物他体を間近に見ることができるサファリパークなのです。
ゾウやキリンなどおなじみの動物はもちろん、インドネシアならではの動物も見られるとあって、インドネシアの人々にも、旅行者にも大人気のサファリパークなのです。

今回はそんなサファリパークであるタマンサファリを紹介したいと思います

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • 週末は少し郊外まで足を延ばして。インドネシアのサファリパークで羽を伸ばそう。

東ジャワに関する記事です。

742【インドネシア紀行】東ジャワ第二の都市であり、歴史と観光で有名な街『マラン』
今回はインドネシアの東ジャワにあるある街について紹介していきたいと思います。その街とはマランの街であり、東ジャワ最大の都市であるスラバヤから南に80kmの場所にある街です。この街いったい何があるのかなのですが、まずはこのエリアはブロモ山に続く高原都市だということです。
737【インドネシア紀行】マランにある、自然の中の複合型テーマパーク。テーマは??なところもあるけれど、大人気な『BoonPring』
今回紹介しているのは、インドネシアの東ジャワにあるマランの街。そこにあるBoonPringという、エコビレッジです。ここは、無数に生い茂る竹林の中に、様々なアトラクションを有しており、休日にもなると地元の人々であふれかえるマランでも人気の観光スポットです。
708【インドネシア紀行】いつになったら完成する!?マランのサグラダファミリア『マスジッド・チバン・トゥレン』
今回紹介しているイスラム教のモスクは、サグラダファミリアのように今もなお建築が進められているモスクなのです。インドネシアのマランにあるこの建物の名はマスジッド・チバン・トゥレンといいます。色鮮やかな外壁に囲まれて人々を迎え入れてくれるこのモスクなのですが、一歩足を踏み入れると・・・??ここはモスクなの?何を目指しているの?と思うところがてんこもり。
699【インドネシア紀行】東ジャワ最大のモスク。モスクの中にはミナレット(展望タワー)から学校まで。ムスリムの生活が詰まった『アル・アクバルモスク』
今回紹介しているアル・アクバルモスクはインドネシアを代表するような巨大なモスクです。ここでは、数多くの人々が一度にお祈りをすることができ、それ以外にも結婚式などの人生の節目となるようなイベントもいつも行われています。
603【インドネシア紀行】なぜこんなところに潜水艦が!!?実際に用いられていた旧ソ連製潜水艦を用いた『潜水艦博物館』
スラバヤにある博物館の中でも最も異彩な雰囲気を放っているのが、今回紹介している潜水艦博物館です。何が異彩なのかというと、その外観からです。まさしく、潜水艦そのものがそのままの状態で博物館として置かれているのです。もちろん、この潜水艦の内部が博物館として使われているため、その内部が一般に公開されているのです。
582【インドネシア紀行】インドネシア独立戦争を取り上げた、インドネシア発の本格アニメ映画『Battle of Surabaya~スラバヤの戦い~』
今回紹介している『バトル・オブ・スラバヤ~スラバヤの戦い~』は、インドネシアによって製作された、インドネシアでは初の本格的長編アニメです。インドネシア独立戦争の始まりとなった1945年11月のスラバヤの戦いを描いたものなのですが、実際の戦争を取り扱った時代の中に、魅力的な登場人物が必死に生き抜こうとする戦争アニメです。
280【インドネシア紀行】インドネシアの第二都市なのに、この影の薄さ…『スラバヤ』
ジャワ島にあるスラバヤは、西ジャワの代表都市ジャカルタと対比するように、東ジャワの代表都市なのです。そんなスラバヤですが、日本人にはまだまだなじみの薄い街ですよね。だからこそ、そこには面白いものがまだまだ秘められているのです。

タマンサファリ

タマンサファリはインドネシアにある体験型サファリパークです。
2022年現在では、インドネシアのジャワ島に2か所、バリ島に1か所の計3か所にあります。
タマンサファリは、数多くの動物たちを独特且つ工夫を凝らした展示を行うだけでなく、自然保護、調査研究に対して積極的に取り組んでいることで知られている、インドネシアだけではなくアジアの中でも最大規模のサファリパークなのです。

数多くの動物たちが自然環境の中で暮らしているかのような環境が園内に設けられ、放し飼いになった動物たちが自由にそこで生活をしています。
ゾウやキリン、シマウマなどはもちろんのこと、インドネシアでおなじみのオランウータンやコモドオオトカゲ、マレーグマなど、アフリカからやってきた動物たちやインドネシアをはじめとした東南アジアの動物たちも数多くここでは見ることができます。
訪れた観光客は、自家用車か園内のバスに乗ってそのサファリパークを移動していきます。
動物たちは、目の前まで迫ってくるので、大迫力で動物たちを見ることができます。
肉食動物へはできませんが、それ以外の動物たちには餌やりの体験もできてしまいます。

タマンサファリでは、そういったサファリパークだけではなく、エレファントショーをはじめとしたさまざまな動物ショーや、ミニ動物園、水族館、クロコダイルパーク、遊園地施設、プールなども同じ敷地内に有しているため、家族みんなが丸々一日楽しんでしまうことができるのです。
最近ではオーストラリア館が造られ、オーストラリア地域の動物たちを飼育しているエリアも誕生しています。
コロナ禍でいくつかのサービスは縮小されてしまったのだそうですが、夜の動物たちの生態を見ることができるナイトサファリなども提供されています。

では、インドネシア国内にある3つのタマンサファリとは、どこにあるのでしょうか。

タマンサファリ1

最初に誕生したのはタマンサファリ1です。
1990年に誕生したタマンサファリ1は、ジャカルタと南にあるバンドンとの間にあるボゴールのチサルアというところにあります。
元々はプランテーションだった土地に造られたタマンサファリ1は、170ヘクタールの面積の中には、3000匹以上の動物が飼育されており、展示するだけではなく保全プロジェクトにも関与しています。
立地的にも現在の首都であるジャカルタから約80kmほどの位置であるため、3つのタマンサファリの中でも最も人気があります。

タマンサファリ2

次に誕生したのが1997年に誕生したタマンサファリ2です。
タマンサファリ2は、スラバヤの南、パスルアンのプリゲンというところにあります。
このタマンサファリ2はアルジュノ山の斜面に作られた高原にあり、面積は350ヘクタールとタマンサファリ1の倍以上もあり、アジアで最大のサファリパークの一つとなっています。

タマンサファリ3

この2つに続いて2007年に誕生したのがタマンサファリ3(バリサファリアンドマリンパーク)です。40ヘクタールと前の2つと比べると小さめですが、バリ島のギャニャールにあるタマンサファリ3はこれまでの2つとはコンセプトが異なり、バリの文化と野生動物との出会いがテーマになったサファリパークなのです。
ここではインドネシア固有の100種1000頭以上の動物が飼育されています。

アクセス

タマンサファリ1は、ジャカルタから南に80kmほどのところにあります。
タマンサファリ2は、スラバヤから南に50kmほどのところにあります。
タマンサファリ3は、バリ島のデンパサールから東に30kmほどのところにあります。

タマンサファリに行ってみた

それではタマンサファリへ行ってみましょう。
今回訪れたタマンサファリは、東ジャワにあり、アジアでも最大級のサファリパークであるタマンサファリ2に行きました。

園内に入ると早速自家用車で回ることになります。
牛が多いのですが、早速車を見かけると近寄ってきたりと、出迎えてくれます。

ほとんどはこのように遠くでのんびりと暮らしていますが、

このように近づいてくる動物たちもいます。
餌をもらいに来ていますね。
ちなみにサファリパークツアーが終わった後は、車の窓は動物たちの唾液でベッタベタになります。
帰ったら洗車しましょうw。

それではサファリパーク内の様子を見てください。

サファリツアーが終了すると、園内にはミニ動物園が併設されています。
ここは、徒歩でまわることができるようになっており、通常の動物園のように檻の中で動物たちが飼育されています。

さすがにワニは放し飼いはできませんよね。
もちろん檻の中で飼われています。

こちらはオーストラリア館ですね。

オーストラリアの固有種であるワラビーなどもこのように間近で見ることができます。

さらには大きくはありませんが遊園地的な乗り物もいくつか用意されています。
子どもたちにとってはたまらないですね。

いかがだったでしょうか。
インドネシアの人々はテーマパーク的な施設が大好き。
タマンサファリも平日はもちろん、週末には多くの人でにぎわいます。
アジアにいながら世界中のいろいろな動物たちを間近に見られるこのサファリパークは、インドネシア観光で訪れてみてもいいかもとおすすめできるほどのサファリパークなのです。